ブログ

月別アーカイブ: 2009年4月

  • 鳥飼先生の自己実現
    2009.04.30
    鳥飼重和先生の「『稼げる』弁護士になる方法」を拝読させていただく。 by Seesaa「稼げる」弁護士になる方法¥ 鳥飼先生のブログ「鳥飼日記」も毎回拝見しており、その中で、『稼げる』というタイトルは出版社の希望であり、必ずしも鳥飼先生の趣旨ではない記事があったと思い起こす。 お金よりも信用を大事してきた先生からすれば、弁護士の自己実現の方法ぐらいのネーミングが良かったのではないかと勝手に想像している。 『稼げる』としたほうが、書籍が売れると出版社が判断したのだろう。 さて、本著は鳥飼先生の生き方が満載だ。 168頁の「チャンスはチャンスの顔をしていない」が、グッときた箇所であった。 最初は「…
  • 魚すべて完食の健康法
    2009.04.29
    加賀観光ホテルから移動し、TKC北陸研修所が主催する「平成21年度改正税法」を受講する。 税理士小池敏範先生から3月決算法人の実務対応をご教授いただく。 STLOWSセミナー、会社の実務研究会、MMPG「医療法人の税務」資格認定テキストに反映させようと考える。 その後、金沢エクセルホテル東急にて、中央大学学員会石川支部の役員会に参加する。 法人、個人のお客様数名とご挨拶させて頂き、中央大学の裾野の大きさを実感する。 役員会後、さらにY支部長、O幹事長と3人で飲み直し、石川支部の今後の発展につき語り合うこととなる。 会話のなかで、Y支部長の魚の頭、骨をすべて完食するという健康法を聞き、驚愕する…
  • 魂のレベルは同じ
    2009.04.28
    お客様の会合で、加賀観光ホテルへ。 毎度のことながら、大部屋では熟睡できることもなく、誰もいないロビーでブログ更新している。 昨日は、4年ぶりの会長の引き継ぎということで、来賓の挨拶をさせていただく。 会社が10年続く確率は10%ほどであることから、当たり前のことを当たり前と思った瞬間、「感謝力」が低減し、何事も続かなくなることを申し上げる。 さて、メジャーリーガー松井秀喜氏の父、昌雄氏の講演を拝聴する機会を頂く。 「秀さんへ。―息子・松井秀喜への手紙」の著書が有名だ。 by Seesaa秀さんへ。―息子・松井秀喜への二一六通の..¥ 秀喜氏の祖母からの言葉が胸を打つ。 「子供は神から社会のた…
  • 短信…「遊魚動緑」より
    2009.04.27
    2009年2月に開催された株主総会で、株式会社木村経営ブレーン代表取締役社長に就任させていただきました。 木村光雄税理事務所はそのままで、木村所長の呼称も変わりません。 会計法人の木村社長、税理士事務所の木村所長と社内で呼称を使い分けております。 木村光雄税理士事務所所長が5のつく日に更新しているコラムを引用します。 株式会社木村経営ブレーンHP。 「28年ぶりの貿易赤字」(4/25) 2008年度の日本の貿易収支が、第二次石油危機直後の1980年度以来28年ぶりの赤字になった。 米国の過剰消費に支えられた世界経済の構造が、金融危機を境に大きく揺らいでいることがその背景にある。 貿易赤字は日…
  • イメージを言葉にする力
    2009.04.26
    MMPG税制会計研究会「医療法人の税務ポイント」(2008年7月改訂版)を読みつつ、2009年度改正につき、比較しながら読み進める。 ・医療法人の税務 ・源泉徴収 ・消費税 K会長の講演をパソコンで拝見しつつ、実際に私が話しているイメージを高める。 確かに124頁の解説には、160分ほど時間がかかる。 閑話休題。 専門書と仕事の合間に小説を読む。 伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」。 「重力ピエロ」同様、荒唐無稽のストーリーは関心しないが、機知に富んだ会話が参考になる。 1971年生まれと著者と年齢が近いことも共感できる一つの理由なのだろう。 伝えたいイメージをいかに言葉に置き換えるか。 著者は、…
  • 富山県支部施設見学
    2009.04.25
    昨日、北國総研の懇話会を中座した後、日本医業経営コンサルタント協会富山支部の施設見学会に参加させて頂く。 対象施設は、医療法人社団 長谷川病院。 富山インターを降りて10分ほど国道を通った場所に位置する。 北陸における泌尿器科治療のパイオニア的な存在だ。 施設見学の後、長谷川院長から説明を頂く。 ますは、ブレインストーミングから入る。 【お聞かせください、当院の印象】 ・今日、何を期待してお見えになりましたか? ・実際、見学されていかがでしたか? ・この機会に聞いてみたいことはありますか? 聴講者21名から、それぞれひと言ずつキーワードをホワイトボードへと書き込んでいく。 私は、CS(お客様…
  • 文化力
    2009.04.24
    昨日、北陸あいおい倶楽部1周年記念式典に参加する。 トヨタ自動車株式会社元副社長荒木氏の講演を拝聴する。 その中で、川勝平太著「文化力―日本の底力」を紹介いただく。 日本は明治維新で近代国家システムによる国づくりをはじめ、富国強兵を国是とし、明治~昭和前期には軍事力に、昭和後期からは経済力に国の総合力を結集してきた。 軍事力や経済力に次ぐ、新たな目標とは何か。 著者は文化力と指摘する。 文化で尊敬される国を目指し、企業はその活動を通じて、どのような文化の形成に貢献できるのかが問われると喝破する。 さらに、100年に1度の危機に際し、日本古来の商売の志へと回帰する。 ここで、山本一力氏の世界観…
  • 欠損金の繰戻還付請求
    2009.04.23
    昨日は、「会計学総論」の講義であった。 ビジネスクラスCD合同クラスは、総勢90名と過去最高の受講となった。 授業の最後にアンケートが実施されるが、これだけ学生がいたら、評価も分かれるだろうな。 アンケートの最後の問い「総合的に見てこの授業は良かった。」に対し、「そう思わない」との回答がいくつか散見されるとき、どれだけ凹むか(苦笑) 評価は人がするものですから、いつもじっと耐えて次に備えることとしています。 第三講POINT ・業績主義VS包括主義 ・営業利益・経常利益・当期利益の意味 (次回は、GW明け、5/13) 閑話休題。 TKC会員先生から、欠損金の繰戻還付請求につき、次のような連絡が…
  • 新天地を目指す方のために
    2009.04.22
    昨日、苦労を共にした経理次長の方が転勤するとの報告を受け、暫し愕然とする。 前税理士先生との引継ぎからすぐに税務調査を受けるなど、様々な問題を共に解決してきた戦友ともいうべき方のご栄転は、本来喜ぶべき性質のものではあるが、今後の引継ぎのことを考えると、心の中に霞が漂う。 歴代の経営者もすべてその方に委ねてきただけに、失って初めて存在の大きさを改めて実感されていることと推察する。 そして、衝撃から目を覚ます。 いまや新天地を目指す者にとって、古巣は後輩に委ねる他道はない。 私のやるべきことは、その方の部下育成に注力することと心の霞を拭い去る。 過去の激闘の後を振り返るように、ファイルを繰りつつ、…
  • ストローズ倶楽部4月度例会
    2009.04.21
    昨日、ストローズ倶楽部4月度例会を当社3F会議室にて行う。 講師は会計・税務シリーズということで、私が担当させて頂く。 テーマは、2009年度税制改正「経営者が知っておくべき法人税」につき、一緒に学習する。 …
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30