遊魚動緑

カテゴリーアーカイブ: 遊魚動緑

  • 「テレワーク」<492>
    2021.01.05
    2021年の丑年、明けましておめでとうございます。 本年も気の向くままブログを綴ります。   コロナ禍で「テレワーク」が日常語になっている。   テレワークあるいはテレコミューティングとは、勤労形態の一種で情報通信技術を活用し時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く形態をいう。   「tel=離れた所」と「work=働く」をあわせた造語。   在宅勤務、モバイルワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。   2020年4月の緊急事態宣言が発令後に7割の企業がテレ…
  • 「ヨーガ・セラピーに感動」<491>
    2020.12.25
    24日、講師のスタッブ陽子先生(ご主人がドイツ系アメリカ人)が主宰する「ヨーガセラピー」プログラムに8回目の参加。 過去3回参加した「パワーヨガ」から変更している。   ヨーガセラピーはヨガの準備運動の段階とのこと。 運動強度は1で高齢者の私には最適だ。   1時間のレッスンの冒頭にお話しがあった。   その一端をご紹介しよう。   ・呼吸器内科の倉持医師によると、人口呼吸器を設定するときは、吸う息と吐く息の割合を1:2にするとのこと。 ヨガの呼吸は1.2.3と吸い1.2.3.4.5.6…
  • 「新型コロナウイルスに思う」<490>
    2020.12.15
    今年もあと半月。 新型コロナウイルスに翻弄された一年だった。 今だ、第三波が猛威をふるっている。   今年1月20日に中国がウイルスが人から人へと感染すると報道したのが始まりだった。 それを受けてWHOが24日にコロナウイルス感染の警報を発表。   日本でも4月7日に緊急事態宣言が発出される。   その翌日の8日に発症地である中国武漢の都市封鎖が76日ぶりに解除。   5月には全国民に一人10万円の特別定額給付金が支給される。   ステイホーム(自粛生活)、ソーシャル…
  • 「国立工芸館」<489>
    2020.12.07
    11月11日、金沢に移転された国立工芸館での開館記念展Ⅰ「工(たくみ)の芸術」を鑑賞する。   1977年の開館以来、40年以上にわたり東京の皇居に隣接していた日本で最初の国立美術館である東京国立近代美術館工芸館が、2020年10月25日に「国立工芸館」として金沢に移転、開館を迎えた。   移転開始の第一幕を飾る「工の芸術~素材・わざ・風土」に着目して近代日本工芸の名作約130点が展示されている。 来年1月11日まで開催される。   陶磁や漆工、染織、金工など東京美術工芸館作品の役7割にあたる1,900点が移転した。 …
  • 「知足(足るを知る)」<488>
    2020.11.25
    2018年3月から体力をつけるためフィットネスジムに週一ペースで通っている。   コロナで今年3月~6月の4か月間休んだ。   「知足」の言葉は9日にフィットネスジムの「パワーヨガ」プログラムで高見結実インストラクターが解説された。   ヨガは身体だけでなく、心も整えるスポーツだからである。   「足るを知る」とは中国思想家・老子の言葉である。   足るを知る人こそメンタルが最強で、人間は欲望を追求すれば切りがない。 まだ足らない、もっと欲しいと満たされない思いばかりを持って生き…
  • 「覺本雅夫先生との思い出」<487>
    2020.11.16
    覺本雅夫先生が11月11日に83歳でご逝去された。   私にとって恩人であり兄とも慕う先生だった。   7月15日朝方に先生から電話いただいたのが最期である。 「介護施設に入っている。税理士法人を増江税理士に承継する予定だ。」とのお話があった。 声が元気だったから安心していた。   昭和51年にTKCに入会したとき覺本先生に出会った。   TKCで私が企業防衛制度推進委員長を拝命しているとき、支部目標を全国で一番乗りしたことで先生から「木村企業防衛庁長官」の異名をいただいた。   昭和54年6月に北陸税…
  • 「第6回KKBゴルフコンペ」<486>
    2020.11.05
    11月3日、木村経営ブレーン(KKB)の第6回ゴルフコンペが開催された。   提携会社三社の方々7名を含め6組21名の参加で和気あいと楽しくラウンドした。   ゴルフ場は白山カントリー倶楽部松風コース。   快晴に恵まれコロナも忘れて気分転換になった。   ゴルフは年齢性別に関わらず一生楽しめるスポーツだ。   KKBコンペが末長くコミュニケーションの場になることを願う。     写真・・・木村岳二代表の挨拶と集合写真。…
  • 「大腸の内視鏡検査」<485>
    2020.10.26
    この数年、人間ドック2日コースを受診しているが今年は新型コロナウイルスの感染予防のため消化器検査がコースから外れ今年の人間ドックは日帰り1日コースとなった。 人間ドックの診断医師が消化器内科医だったので、お願いして別途に外来診療を受けることが出来た。 大腸内視鏡検査を受けるには、大腸を洗浄するために「モビプレップ」という下剤と水を飲む必要があり、これがなかなか辛い。 15分間隔のペースで三時間、1500ミリリットルのモビプレップと750ミリリットルの水を服用する。 内視鏡検査では希望により鎮痛剤を打つが、打つと車を運転しては帰れない。 私は打たなかったが内視鏡を挿入し…
  • NHK Eテレに登場」<484>
    2020.10.15
    10/11日曜日のNHK Eテレ番組「囲碁フォーカス・碁聖戦を振り返る」に私と私が提供した碁盤が映った。   本年7/18に金沢で開催された第75回碁聖戦第一局の回顧録だ。   羽根直樹碁聖に一力遼挑戦者の対局で一力遼挑戦者が勝利し、その後一力遼九段が三連勝して初のタイトルを獲得した。   七大タイトルに6回目の挑戦だった。   一力遼碁聖は東北仙台に本社がある「河北新報」代表のご子息で社員でもあり、一力碁聖が少年時代から憧れていたタイトルであった。   河北新報社は碁聖戦の主催である…
  • 「人間ドック」<483>
    2020.10.05
    2016年から先進の人間ドックを受診して5年が経過する。   今年は新型コロナウィルスの発生で憂鬱な自粛生活を余儀なくされている。   心身ともに健康管理が必要だ。   今年、喜寿を迎えて老後の健康不安を感じるのが正直なところだ。 若い時とは違う。   最近は友人知人の訃報に侘しさがつのる。   両親からいただいた命を大切にしたいと思う。   「生老病死」は人間として運命づけられていて避けられない。   そうかと言って、長生きして…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30