Blog

遊魚動緑

  • 「金沢JAZZ STREET 2015&金沢おでんを楽しむ」<302>

    2015.09.25
    150915_100319
    150915_100319

    シルバーウィーク5連休はいかがお過ごしでしたか。
    私は「日本棋院中部総本部囲碁ゼミナール」、「第4回小川修のアート5・7・5展」、「オーケストラアンサンブル金沢・モーツァルト最晩年の名作・井上道義×辻井伸行」、「山崎達文氏講演・加賀藩御細工所のものづくり精神」、「三桜美術展:21美術館」、「全国表装作品展:しいのき迎賓館」、「コマツオープン見学」、「日本税理士国民年金基金代議員会」、ゴルフなどと多彩なスケジュールでした。

     

     

    19日にジャズ「中村誠一カルテットwith紗理」を聴きに行きました。
    7回目を迎える「金沢JAZZ STREET」は「まち全体をジャズで彩る」ため、「まちなかでの開催」、「学生の参加」、「伝統的空間の活用」をコンセプトにしている。
    金沢市内中心部11会場で150を超えるライブ演奏を開催された。

     

     

    昨年は3日間に9万4千人が参加したとのこと。

     

     

    JAZZ観賞のあと「よし坊」で金沢おでんを賞味する。

     

     

    「金沢おでんの唄」が最近売り出された。
    作詞、嵐山光三郎。作曲、中村誠一。

     

     

    「金沢おでんの唄」

     

     

    一 ぶらりぶらぶら片町ゆけば
    おでんの匂いが流れてくるよ
    人情しみてる大根の味が
    ぐつぐつぐつぐつ鍋のなか
    おでん おでん おでん

     

     

    二 ぶらりぶらぶら茶屋町行けば
    着物のねえさんが歩いていくよ
    さくらとこぶしの友禅染めで
    今夜のデートはおでん屋へ
    おでん おでん おでん

     

     

    三 ぶらりぶらぶら近江町へ行けば
    カニの仲間が手招きするよ
    ハンペンさといも すじ煮込み
    わたしも一緒に煮てくださいな
    おでん おでん おでん

     

     

    四 ぶらりぶらぶら金沢ゆけば
    泉鏡花が歩いてきます
    滝の白糸こんにゃくいれて
    高野聖を煮込みましょう
    おでん おでん おでん

     

     

    楽しい唄ですね。
    歌詞の中に出てくる泉鏡花は、明治6年~昭和14年(63歳)の金沢生まれの作家で尾崎紅葉に師事し、怪奇趣味と特有のロマンチシズムに富んだ作品を著し、多くの作家に影響を与えた。
    「高野聖」は明治33年の作品。
    「滝の白糸」は泉鏡花の小説「義血侠血」を原作とする新派劇やドラマ、オペラの作品名。

     

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30