Blog

遊魚動緑

  • 「食は文化」<457>

    2020.01.15

    わが社の「STLOWS」誌101号への寄稿です。

     

    衣食住は生活に必要だが、そのうち食は命を繋ぐために欠かせない。

     

    終戦前後、日本は貧しい食生活で私の小さい頃は豆腐1丁を家族全員で分けて食べた記憶がある。

     

    日本の復興と共に、食は餓えを充たすものから豊かさの文化へと変わっていった。

     

    また、「いただきます」、「ごちそうさまでした」は幼いころ覚えた礼儀作法だった。

     

    「衣食足って礼節を知る」だったのだろう。

     

    豊かさが、その後の生活と精神を変えた。

     

    平成25年12月、「和食・日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録される。

     

    南北に長く、四季が明確な日本には多様で豊かな自然があり、そこで生まれた食文化。

    「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」がユネスコに認められた。

     

    「和食」の四つの特徴。

     

    1、多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重。

    2、健康的な食生活を支える栄養バランス。

    3、自然の美しさや季節の移ろいの表現。

    4、正月などの年中行事との密接な関わり。

     

    北陸のご当地食材のうち魚介類のベスト10を見ると。

     

    1、香箱がに

    2、がすえび

    3、のどぐろ

    4、寒ブリ

    5、甘エビ

    6、ずわい蟹

    7、ホタルイカ

    8、本まぐろ

    9、能登とき海老

    10、さざえ

     

    食は生物である動物や植物をいただき人間の命を繋いでいる。

    感謝無くして食は語れない。

     

    日本海で獲れる魚介類は

    豊富だ。

    新鮮なネタと地元米の握り寿司は絶品であり、遠来の客のもてなしに最適である。

    あらためて、食の有り難さを感じる。

     

     

    写真・・・日税連新年賀詞交歓会で神津信一会長、稲田朋美自民党幹事長代行(福井県衆議院議員)と。(9日、ホテルオークラ東京)

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30