財務会計

私たち職員一同は、お客様の「適正な納税義務の実現」と「経営理念の具現化」を通して社会に貢献いたします。
1.毎月、巡回監査し経営成績の解説と対策・予測をいたします。

私たちは、「月次巡回監査体制」を確立し、毎月、お客様に出向き、丁寧に記帳と自計化の仕方を説明いたします。また、正確な月次データに基づいてお客様の経営成績を解説し、決算対策と納税予測をいたします。

2.正しい決算書作成と経営計画のお手伝いをいたします。

私たちは、毎月の真実な経営記録に基づいて年次確定決算を早期に行い、決算分析と経営計画のお手伝いをいたします。

3.税務申告が税務調査時に是認されるようにいたします。

私たちは、確定決算に基づき、税法に準拠した税務申告書を作成し、書面添付で申告是認を得られるようにいたします。

4.経営の永続的発展に貢献いたします。

私たちは、お客様の永続的発展に役立つデータの提供と専門コンサルティングを行ないます。

Schedule

巡回監査及び決算監査の流れ

  • #
    8:30

    環境整備に注力する

    子供たちのお手本となるような元気な大人に!

    環境整備は人間性を高める一番の早道であり、全ての活動の原点です。 人は幸せだから感謝するのではなく、感謝するから幸せになれると信じています。 環境整備をすると、小さな事にも感謝できる、感性性豊かな人間になれます。 毎日の環境整備を継続して徹底します。業務 (仕事の流れ) においても、 工夫する力・考える力を伸ばし、「当たり前のことを徹底してやっていく」ことに重点をおいています。

  • #
    9:00

    朝礼の参加

    (礼儀について)

    私たちは、毎朝、朝礼を実施しています。

    朝礼は、話す訓練と聞く訓練。業務連絡の場と経営理念の共有化の場としています。

    社会生活で礼儀、挨拶は当たり前の事です。朝は「おはようございます」。何かをしてもらって「ありがとうございます」。自分以外の人達への心の伝達を大事にしています。

    お辞儀は、誰もが自然に身についているものではないので、訓練をしています。訓練さえすればすぐ出来て一生自分のものになります。

  • #
    9:30

    監査へ

    私たちは、お客様の声を聞くために訪問します。スピードを最優先にお客様への対応をします。

    私たちからはお客様は複数ですが、お客様からは1対1です。その事を忘れません。

    お客様に喜ばれることを第一に考え、信頼を築きます。

    約束や時間を絶対に守ります。やむを得ず遅れる時は10分前までには必ず連絡し、到着後お詫びをします。

    納期を守ります。事情により納期が遅れる場合には、事前に経過報告を必ずいれます。

    わからないことは即答しないで必ず調べて返事をします。ウソやいい加減なことは言いません。緊急時は、上司に携帯電話を使ってでも確認します。

  • #
    11:30

    お客様への丁寧な説明

    私たちは、よろずや相談者です。お客様はピッチャーであり、我々担当者はキャッチャーです。クイックレスポンス(即答)が満足のすべて。お客様の投げた球(質問)を1秒でも早く返します。

    親しくなっても礼儀正しく明るく対応します。親しき仲にも礼儀あり。言葉づかい、表現の仕方にも気を遣います。

    絶対に言い訳しません。間違えたら、「誠に申し訳ございません」と先ずは申し上げます。

  • #
    13:00

    社員について

    一番大事な存在。家族も含めて守るものです。

    笑顔のある明るい職場作りをして、心地よい会社にします。

    社員が辞めない会社を目指します。

    社員が希望を持てるよう、安定成長を続けます。

    社員と家族を守るため、お金で内部蓄積します。

    互いに関心を持ちます。愛とは感心を持つこと。愛の反対は無関心。お互いに関心を持ち、助け合う職場にします。

    国家・社会に貢献します。ボランティア、寄付や納税を通して、働けること、生きていることに感謝します。

  • #
    16:00

    人材育成について

    トップの意図が全員に正しく伝えられ、スピーディーに実行できる組織にします。

    お客様の要望に応えられない場合、業務の改善改革、リーダーの変更・チームの人事異動を断行します。

    担当者が休んだ場合でも仕事のできる組織にします。お客様は担当者についているのではなく事務所のお客様です。事務所全体で対応します。

    人に仕事をつけるのではなく、仕事に人をつける組織とします。

  • #
    17:45

    自分の成長のための
    振り返り

    『チャレンジシート』の活用
    チャレンジシートで、自らが計画を立て、チェックし、改善していきます。やるべきことを明確にし、目標達成度合いを一目瞭然にします。

    『ランクアップノート』の活用
    チャレンジシートで設定した年間目標をもとにして、個人の毎日の業務を視える化します。長期目標に対する毎日の取り組みの足跡を一目瞭然にします。

    共有 業務分担及び業務の実施状況を「ランクアップノート」上で上司・部下と共有します。上司は、部下の成長が自分の成長の一部となるよう、互いに確認しあうことで成長していきます。

    チャレンジシート 目標 プロセス / やり方 結果 評価ウェイト
    a.目標(業績と成果)
    b.目標(職務拡大と部下育成)
    c.目標(個人能力向上)
    ランクアップノート 年間業務 月間業務 日次業務 チェック
    a.目標(業績と成果)
    b.目標(職務拡大と部下育成)
    c.目標(個人能力向上)
  • #
    申告前

    コンプライアンスの強化
    税務調査是認体制の構築

    合同審査会及び非経常取引案件審議の充実について
    税理士が中心となる合同審査会を充実させ、全ての申告書の検閲体制構築を図っていきます。税務審理室を設け、税理士がコンプライアンスを担保していきます。申告書は合同審査会を経て、課税庁へ電子申告しています。 また、税務上見解が分かれるような非経常取引案件につき、合同審議会の開催を行っています。これまでもこれからの法律を遵守し続ける運命にあります。



    書面添付とは
    企業が税務申告書を税務署へ提出する際に、その内容が正しいことを税理士が確認する書類(税理士が計算し、整理し、又は相談に応じた事項を記載した書面)を添付する制度です。 書面添付は、書類範囲証明書など一定の要件を具備し、1円の利益もごまかしがないとお客様が宣言すれば書面添付を行います。

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30