組織再編・M&A

「M&A」をご存じですか?

M&Aとは、mergers and acquisitions(合併と買収)の略称です。端的に言うと子会社の取得のことを意味します。

経営者として勇退を決断する時期を迎えるにあたり、自社をご子息やご親族、役員・従業員に継がせることが 非常に困難な場合、事業を第三者に託すという選択肢があります。 すなわちM&Aによる企業譲渡・事業譲渡という方法です。近年、この「第三者承継」を選択する経営者の方が 非常に増加しております。経営者が引退と同時に廃業・清算の道に進むと、会社は消滅し、社員とその家族、 また取引先の将来に重大な転換を決断させる結果となります。経営者が変わっても、会社を存続させることのできる このM&Aという手法には、現在のみならず、将来的にも「承継」という分野において非常に有効な手段となりえるのです。

M&Aのメリット

  • 事業承継対策

    親族内承継、従業員承継が不可能な場合の選択肢として。適正な評価で譲渡できれば、 廃業・清算よりも大きいリターンを実現できる場合もある。

  • 企業体質の強化

    純資産の強化、与信力の強化、一元化によるコストダウンなど。

  • 創業者利潤の確保

    自社株は上場等が実行されない限り、基本的には現金化しにくいため、創業者利潤の確定に有効。

M&Aのデメリット

  • 譲渡価格について

    全くの第三者への譲渡にあたるため、株価の算定(時価)が難しい。 より公平な視点と、譲渡側、譲受側の意思を尊重した価格算定が重要。

  • 買い手企業との融合

    役員の変更、親会社との取引、従業員の異動、社風など、これまでとは違う経営方針で 会社が動き始めるため、折り合いをつけるのに時間が必要な場合がある。

組織再編について

組織再編とは企業の組織を再編成することである。

主に親子会社(グループ会社)を整理し、効率的な事業運営や企業再生を目的に行うことが多い。

合併

  • 吸収合併

    2社のうち、受け入れる側の会社を合併会社、消滅させる側の会社を被合併会社とし、合併会社へ 被合併会社の権利義務のすべてを承継する手法。

  • 新設合併

    上記の合併会社を既存の法人ではなく、新しく設立した法人を合併会社とする手法。

会社分割

  • 吸収分割

    2社のうち、1社のある一事業部門を切り離し、もう1社がそれを引き継ぐといった手法。

  • 新設分割

    上記の引き継ぐ会社が既存の法人ではなく、新しく設立した法人とする手法。

その他にも株式交換、株式移転、現物分配、増資や減資といった手法も組織再編行為として 行われる場合があります。

組織再編は企業の状態によって様々な選択肢があるため、一概にどの再編行為が会社にとって 意味を持つものになるかはわからない。適切な現状分析を行い、企業の将来を見据え、 適切な再編手法を選択していくことが重要である。

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30