宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 「お白石持行事」に参加する

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2013/07/29

「お白石持行事」に参加する

医業特化の会計事務所団体のMMPGの会議が三重県伊勢市で開催され、その翌日、伊勢神宮を訪れる。
2013年の伊勢神宮は、神様の場所を20年に一度変える式年遷宮を今秋に控える。

歴史的なイベントを前に街が静かな興奮につつまれている。



2013072710060000.jpg 

27日(土)、新正殿の白い敷石を奉納する「お白石持(しらいしもち)行事」に参加する。
「エンヤ」の掛け声で宇治橋を渡り、ヒノキの柱が神々しい輝きを放つ内宮において、白い布に包んだ白石を置く。

2013072707380000.jpg

すぐ隣には、20年前の旧正殿があり、その色は既に風雪に耐えたものとなっている。

新旧の正殿の色の対比が、この遷宮を一言で表している。


常若(とこわか)。

常に若々しい状態であること、瑞々しいこと。


常に新しいものが神様に力を与えると考えられてきた。

2013072710080000.jpg

2013年の式年遷宮は62回目。

次の遷宮は2033年。

20年後の正殿は、次世代の職人が担う。

この行事で様々な思いが去来する。

日本人の原点、先人の思い、変化の大切さ、承継・・・

今回の風景で美しいと思ったこと。

それは日本人の礼儀正しさ。
全ての参列者が自然と入口で立ち止まって礼をする。
そして、出口では振り返り、きちんと礼をする。
この美しい所作に、改めて日本人であることを誇りに感じる。

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ