ブログ

  • 原稿再び
    2009.01.06
    昨日、初詣の後は、役員会&幹部会議&昼食会。 「明日の記憶」を読んで、記憶とメモの大切さを確信したので、「役員会~所長の視点」と題して、とにかく漏れなく所長の発言をメモする。 読み返すと、その発言の趣旨など浮かびあがってくる。 誰よりも全体を俯瞰し、危機感を有し、相当な覚悟で経営に挑んでいるトップの視点を忘れぬように、メモは継続したい。 また、所長も私のブログを毎日見ているので、ある意味、以心伝心。 公の場所のコミュニケーション。 午後から、人事コンサル案件の打ち合わせ。 夕刻まで、組織再編案件の事実関係整理をしていると、衝撃の連絡が。。。 2007年の夏、「税理」という専門雑誌で、「整形外科…
  • 2009年初出社
    2009.01.05
    本日、初出社。 午前8時、恒例の松任金剣宮(まっとうきんけんぐう)にて社員全員で初詣。 松任は、当社の創業の地だ。 この御祓いのおかげで、本当、何か大きなものに守られているような気がするから、不思議だ。 金沢の自宅からその神社まで、車で約30分。 余裕をもって、朝7時には出よう。 毎年、必ず、誰か遅刻してくる。 賭けていたりして(笑) ここで、遅刻すると、謝り初めとなり、なんとなく気まずい雰囲気となる。 意地でも遅刻できないのだ。 さて、事業年度が暦年の会社の場合、2009年の損益計算書の収入は、今のところゼロ。 綺麗にリセットされている。 しかしながら、固定費は、これも見事にリセットされて…
  • 神様からひと言
    2009.01.04
    荻原浩氏の「明日の記憶」を購入ついでに、「神様からのひと言」を衝動買い。 by Seesaaショッピング神様からひと言 (光文社文庫)¥ 読み出すと、止まらない。 443頁を一気に読んでしまった。 サラリーマンの悲哀を痛快に笑い飛ばす佳作。 ただ、上司や役員、後継者の無能ぶり(本当、このような会社ならば、すぐに傾く)を徹底してイジリまくることで笑いを誘っている。 お客様の意見は無視し、役員や後継者はスタッフを大事にしていないし、上司は自己保身に精一杯で、部下を大事にしていない。 当社の事業発展計画書の方針とかなり食い違う点で、小説の設定ながら、この架空の会社経営に我慢ならない。 ユーモア小説な…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30