ブログ

月別アーカイブ: 2010年1月

  • 強い組織は最後の戦い方に現れる
    2010.01.25
    ≪生きざまは最後の戦い方に現れる≫ ある会合でのスピーチに感動し、生きる勇気を頂きました。スポーツの練習をすればするほど、試合での残り5分の考え方が違うといいます。野球でいえば、9回である最終回の戦い方が違います。練習していない選手は、残り5分で何ができるかと諦めるそうです。一方、練習している選手はこう思います。あの練習を無駄にしてはいけないと。残り5分で何ができるか自分自身に問います。自分を支え続けている家族、友人、仲間のことを思うと決して諦めることはできません。仲間を失望させることは決してできないのです。選手の一人でも諦めたら、ゲームでは勝てません。最後の戦いかたに、そのチームの生きざまが…
  • 微生物と人類の共存は可能か
    2010.01.18
    (微生物と人類の共存は可能か) 檀れい主演の『感染列島』を見て、ウィルスにつき考えさせられました。地球46億年の歴史の過程で、微生物などのウィルスが出現したのは、約32億年前であり、人類はわずか500万年前です。 400万年前に、直立二足歩行する人類は誕生し、農耕文化という最初の産業革命は1万年前。近代の産業革命は、200年前です。 携帯電話が普及してから15年であり、進化し続けていますが、超産業化の頂点に立つ叡智のある人類も自然には勝てません。単細胞とバカ呼ばわりしている微生物に、手も足もでませんし、めまぐるしく突然変異するウィルスにはお手上げです。 感染列島 スタンダード・エディション …
  • 盛田昭夫氏の「21世紀へ」を読んで
    2010.01.11
    ≪序章 国家を崩壊させる方法≫ 先日、ある識者から、国家を崩壊させる3つの方法を拝聴させて頂きました。国家を崩壊させるには、武器は必要ないという。国家に対して若者が希望を持たず、怒りを感じさせないようにすれば、いずれ国家は滅びます。 1.自己中心者を増やすこと。愛国心とは全く無縁な人を増加させる。 2.スポーツ(個人競技)を盛んにすること。野球やサッカーはチーム競技のようであるが、ポジション争いなど個人競技である。 3.エロ情報を氾濫させること。 まさに、崩壊しつつある国家とは、戦後の日本であり、このことをご教授頂いた識者は憂国の志士であった。 ≪日本を去勢する方向へ≫ この連休中に拝読した本…
  • 接遇力こそ競争の源泉
    2010.01.04
    ≪訪問での気付き≫ 年末の挨拶のため、お客様である診療所や病院を訪問させて頂くことで、たくさんの気付きを得ました。医業は、「蜂か蜘蛛か」どちらの戦略かと問われれば、蜘蛛のビジネス。患者さまを受け入れていくビジネスであるとしたら、受付の方との出会い、または待っている時間こそ、他の医療機関と最大の差別化の図る機会です。 最大の医業経営の差別化は、「接遇力」と仮定させていただき、本稿を進めたい。サービス業の本質はお客様が感動すること。感動は期待を超えたところにあります。病院や診療所の方から期待以上の対応を頂く時、かならず感動します。 例えば、訪問させていただいた中には、大手航空会社のスチュワーデスの…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30