ブログ

月別アーカイブ: 2011年3月

  • 相続資産対策は現状分析から
    2011.03.28
    相続税が増税となり、資産家の未来設計が必要となってきました。  短期と長期の対策があり、法人税・所得税は期間(1年間)の短期対策ですが、資産税の場合、長期間の対策です。 相続資産対策は現状分析から始まります。 現時点での財産を精査し、一次、二次の相続税の試算を行います。 資産税は、中途半端な対策を行うと、課税の繰り延べという側面と同時に、相続に関する問題、課題自体も繰り延べられる可能性もあるので留意が必要です。 亡くなるという時点がわかりませんので、その意味では期間の長い手形を振り出すことに似ています。 …
  • 習慣づくり
    2011.03.22
    今年から、習慣づくりを継続徹底しています。 わたくしが実践しているその一つを紹介します。 「3年後の自分になるために、毎日早朝に、3年日誌を書く。天気と起床時間を記録し、結果と反省を書く習慣を身につける」 他に早朝に30分学習するなど2つの習慣づくりがありますが、これはなかなか根付きません(苦笑) ただ、この3年日誌だけは今年からずっと継続しており、習慣化できました!! 現在の結果は、過去が原因です。 未来の結果は、現在、原因をつくっています。 3年日誌を書いていると、この原因と結果の因果関係がおぼろげながら見えてきます。 …
  • 会計事務所にとっての確定申告の意義とは
    2011.03.14
    今回の東北地震で数万人の方が行方不明となっております。 衷心よりご冥福をお祈りしております。地震のあった翌日の土曜日の朝礼で、全員で黙祷を捧げました。 確定申告の期限につき、青森・岩手・宮城・福島・茨城の被災地5県に関しては、申告の期限延長などの配慮があるようです。 今年の確定申告も、もうじき終わりそうです。 確定申告についての私の考えです。 確定申告が大変だから、辛いから、面倒だから、お客様は我々に依頼し、結果的に仕事を頂ける。 問題があるから、我々がいる。 問題がなければ上司も必要ない。 仕事が大変であればあるほど競合が参入できない。 だから、我々の仕事がある。 資本力のある大企業がこの事…
  • 金融機関に対する意識変革元年
    2011.03.07
    3回シリーズで、金融機関に対する対応につき書かせて頂きました。 ある金融機関から「金融機関との付き合い方」について講演を依頼されたことを契機に、学習した内容を記載いたしました。 近くて遠い金融機関。まだまだ正確に理解されていないような気がします。 お金を調達している金融機関に、正直に経営の実情を話せない経営者が多いように感じます。 聴けば、たとえば、経営状況の悪化のことを話せば、金利が上げられるのではと危惧を抱いている方もいます。 現実は、逆で、どんどん金融機関に、御社の強みとくに定性情報を開示していけば良いと思います。 2011年は、金融機関に対する意識を変える元年なのかなと、私見ながら考え…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30