ブログ

月別アーカイブ: 2011年7月

  • TKC北陸会企業防衛制度推進について
    2011.07.25
    今年の7月、TKC北陸会企業防衛制度推進委員長に就任させていただきました。 就任の挨拶文を抜粋させて頂きます。 「TKC北陸会企業防衛制度推進委員長就任にあたり」 今年3月11日に発生しました東日本大震災におきまして、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の方々に対し心からお見舞い申し上げ、一刻も早い復興をお祈り申し上げます。 これからの日本の復興にあたり、堤防などのハードウェアはもちろん大事なことですが、「逃げる知恵」という社会的ソフトウェアを大切にしないといけないと感じております。その知恵とは、戦前の「修身」の教科書に記載されていた、津波の襲来を村人に知らせる…
  • 薬局事業と消費税
    2011.07.18
    中小機構北陸支部で窓口相談を担当しております。 下記の問題と回答は、ある日の相談を簡易的にまとめたものです。。。 「薬局事業と消費税」につき、考えてみました。 ≪質問≫ 薬局事業を営んでおります。 事業の今後の展開につき、消費税の増税がどのように関わっていくか、ご教示願いたい。 ≪回答≫ 1.医療費と消費税 まず、医療費には消費税がかかっておりません。 1989年消費税導入の際、保険証を使って医療を受ける場合、教育費同様、非課税とした経緯があります。 社会政策的配慮から非課税としている代表格が、教育と医療です。 財務省のホームページにも明示してあるように、配慮は国民たる患者に対するものであって…
  • もういちど読む 山川日本史
    2011.07.11
    「もういちど読む 山川日本史」 今年から、3年日誌を継続して、書いており、習慣としました。 朝起きたら、昨日のこと、起床時間、天気、体重(笑)を記入します。 狙いは、原因と結果の関係を明確にするためにです。 現在というのは2つの意味があって、現在は過去の結果であり、現在は将来の結果の原因です。 3年日誌は、原因と結果の因果関係の記録となっています。 歴史は過去の結果であり、原因と結果を繰り返しながら、現在に至っております。 勝者の歴史でもあり、正確には描写していませんが、読むうちに、原因と結果の関係がおぼろげに見えてきます。 …
  • 人生の本舞台は常に将来にあり
    2011.07.04
    4.人生の本舞台は常に将来にあり 1890年(明治23年)、最初の衆議院議員総選挙が実施された。尾崎行雄は、その年に33歳で立候補して当選した。以後、明治大正昭和戦後にかけて、大選挙区、中選挙区、小選挙区制を生き残って連続当選25回、議員勤続を60年続けた。  尾崎行雄の揮毫(きごう)が、今国会議事堂の隣の憲政記念館に石碑で刻まれている。  「人生の本舞台は常に将来にあり」尾崎行雄 財団法人 尾崎行雄記念財団 http://www.ozakiyukio.or.jp/ 「あとは野となれ山となれ」という気持は無く、もう明日死ぬかもしれない、死ぬと思っていながら常に将来のために備えなければいけない…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30