ブログ

月別アーカイブ: 2016年10月

  • TKC秋期大学 IN 福井(2)
    2016.10.30
    秋期大学の懇親会にて、TKC北陸企業防衛委員会の目標達成を祝う機会を頂きました。願い事が成就したとき、ダルマの右目(向かって左)に目を描きいれる「ダルマの目入れ式」です。 特別研修会(4月8日、金曜日)にて、ダルマの左目(向かって右)に目を入れ、祈願しながら開眼させたのが春。夏が過ぎ、秋に収穫できたわけですね。 たくさんの方にダルマの両目をいれるセレモニーを見ていただいた経験は初。取り急ぎ、ダルマの目入れ式の報告まで。…
  • TKC秋期大学 IN 福井
    2016.10.23
    「会計で日本を強くする」というテーマで、坂本孝司氏、甲南大学教授の河崎照行氏から、中小企業会計の重要性と地方再生についてご教示をいただく。 「中小会計要領」は、大企業とは異なる中小企業の特質を捉えた会計基準です。国際会計基準とは一線を画していることに意義があると私見ながら思いました。 これまでの成立の経緯とこれからの未来図をよく理解できました。会計と経営の成果には、大いなる因果関係があり、会計事務所は経営者を支えながら、結果として、地方を発展させていく。…
  • 「第20回全国大学会計人会サミット」<341>
    2016.10.25
    15日に東京富士大学会計人会の主催により東京富士大学二上講堂で開催された。 私も実行副委員長として参画した。   私が東京富士大学の前身である富士短期大学を卒業したのは38年前の昭和53年3月。 勤務していた会社を32歳で退社し松任市(現白山市)に住宅兼税理士事務所を建て開業したのが昭和50年6月1日。   顧問先も少なく時間があったので、翌年に公認会計士の受験資格を得るために入学した。 しかし、卒業時には仕事量も少しづつ増え生活費のこともあったので、先輩の助言をきっかけに公認会計士の受験を断念し税理士業務に専念することにな…
  • 日本M&Aセンター協会 IN 京都
    2016.10.16
    過日、日本M&A協会理事総会において、次世代研究会を発足致しました。 人工知能(AI)やマイナンバー制度という外部環境に加え、税理士試験受験者の減少、人的資源の充実など多くの課題が山積しています。 このような課題を会計人が一人背負うことなく、次世代研究会において、互いを鼓舞していき、課題解決することとしました。 では、どうやって。気合いと根性で、ダンベルを上げて体力勝負でいくか。それも大事ではありますが、医学の世界にヒントがあるのではないか。そんな考察をしている第一人者が、京都大学大学院(経営管理大学院・経済学研究科)の澤邉(さわべ)教授。(会議の席も隣で、夜遅くまで…
  • 「人生を照らす禅の言葉」<340>
    2016.10.15
    株式会社TKC創業50周年を記念して飯塚真玄会長から主題の書籍を贈呈いただいた。 飯塚会長は早稲田大学に在学中、座禅会のサークルに所属し、4年間にわたって鎌倉の円覚寺にある「居士林」という道場で、朝比奈宗厳老師の指導のもとで座禅に没頭した時期があり、主題の著者は朝比奈老師の法孫にあたる横田南嶺老師。   横田老師は座禅をするには、まず「腰骨を立てる」と説く。   生涯を教育にささげた哲学者である森信三先生は「もし、しっかりとした人間になろうと思ったら、まず二六時中腰骨をシャンと立てることです。心というものは目に見えないから、まず見える体…
  • 書斎の日曜日
    2016.10.08
    書斎にいる時間は、パソコンとアイパッドにて、専ら、新聞や雑誌を含む読書と映画鑑賞を楽しんでおります。 新聞:日経新聞電子版 雑誌:dマガジン 本:アマゾンKindle(Unlimited含む) 映画:WOWOWオンデマンド お気に入りは、写真左の可動式の机。パソコンや本を、手前斜めに傾けることも可能であり、なかなか秀逸です。    …
  • 「死後をみつめて今を生きる」<339>
    2016.10.05
    9月29日~30日に「第20回日本医業経営コンサルタント学会長野大会」が開催された。 学会テーマは「近未来への架け橋~健康長寿世界一への挑戦」。   特別講演は「死後をみつめて今を生きる」と題して、善光寺上人第121世鷹司誓玉台下と善光寺白蓮坊住職 若麻績敏隆様からご講演いただいた。   ・仏教では地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天の六道の世界に聖者の境界である仏、菩薩、声聞、縁覚を加えたものを十界という。   ・十界はどんな人の心の中にもすべて存在するといわれている。   ・人は皆、平和を望…
  • 第43期事業発展計画書を全社員へ配布
    2016.10.02
    第43期事業発展計画書が完成し、全社員に配布しました。 今年の計画書カラーは、茶色に銀文字。 「長期利益の実現」を目的に、2つの大樹「付加価値の樹」「自創経営の樹」を大切に育てたいという思いを込めて、木の根っこ、そして社風ともいう土のカラーをイメージして、茶色とした次第。 来期以降の計画書カラーも大樹シリーズとして、葉の「緑」、太陽の「赤」、空の「青」などを考えております。 これまでもこれからも、お客様や取引先に有益な情報を発信してまいります。…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30