ブログ

月別アーカイブ: 2020年9月

  • 第47期事業発展計画発表大会 2020
    2020.09.27
    昨日、第47期事業発展計画発表大会で木村経営グループの方針を確認しました。そして、全社員が、過去の振り返りと未来の挑戦を宣言しました。 平成26年の税理士法人設立を機に、9月末決算と致し、おかげさまで、今年の10月1日より、税理士法人は第7期目(グループは47期へ)となります。 また、第9次5か年計画最終年度でもあり、区切りの年でもあります。   来期の第48期(2021.10~)からは、第10次3か年計画が始動します。 なお、第45回の発表大会から、コンピューターの画面ではなく、実際の計画書を配布して実施しております。 その代替として、早期の事前…
  • 「認知機能検査」<482>
    2020.09.25
    来年1月に迎える78歳を控え17日に自動車免許更新時の認知機能検査を受けた。 三年前の更新時には75歳を控え初めて認知機能検査を受けた。 その時は71点で、75点以下の「記憶力・判断力が少し低くなっています」との結果が出て、高齢だからそんなものかぐらいの感覚だった。 しかし、周りの方々は皆さん高得点だと知りこれはまずいと思う。 今回は検査を経験された方から有難いアドバイスをいただき自分なりに対策した結果、何とかクリアし「記憶力・判断力に心配ありません」との判定結果が出た。 前回との違いは高齢者講習時間が1時間短く2時間に、また手数料も2,850円安い5,850円と…
  • 赤めだか 2020
    2020.09.20
    過日、安宅和人氏の「イシューから始めよ~知的生活のシンプルな本質」を再読していると、立川談春氏のエッセー「赤めだか」を紹介していたので、早速読んでみる。   読むと、間違いなく、秀逸のエッセー集であった。 師匠の故立川談志の弟子入りから真打昇進に至るまでの過程が面白い。   落語の世界は、師匠がすべて。 基準は法律でもどんなルールでもない。 師匠も人間だから、判断に整合性もなく感情もあり、矛盾だらけ。   ただ、辞めていく弟子が相当数いるなか、最後までついてきた人間に対しては、愛情をもって接する。 師匠が…
  • 「第27回北陸能面展」<481>
    2020.09.15
    10日、しいのき迎賓館で開催された表題の展覧会を観賞する。   祐門会代表の後藤祐自氏、後藤尚志氏の他、能楽堂別館教室の9氏、小立野教室の15氏、小松教室の7氏が1年間にわたって製作された作品が出展されていた。   挨拶状には… 「日本の造形美術の隠れた世界ともいえる能面の不思議な魅力にひきよせられて、個々の様式をもとにとはいえ、少しでも真実の美を垣間見ようと努力する真摯な姿勢は、必ずや作品に心を通わせ、観る人々に感動を覚まさせてくれると信じて、これからも温かく人々の「輪と和」を大切に、世俗に流されることなく精進を続けて、いきたいと思っています…
  • 第10次3か年計画 1,000日の挑戦
    2020.09.13
    朝晩が随分過ごしやすくなりました。 気付けば、季節は秋となっております。   当グループの決算月が9月であり、来期(2020.10-2021.9)の計画書策定作業に追われておりましたが、ようやくひと段落がつきました。 来期の方針を立案しておりますと、今年も終わるなとしみじみ感じます。   次から、第10次3か年計画(2021.10~2024.9)が始動します。従前、5か年計画の立案をしておりましたが、5年という歳月はあまりにも長い。事実、計画と実際の現況が大いに異なっております。新型コロナウィルスが猛威をふるうこの現状は想定もしておりませ…
  • 地域インフラを守るMMPG「医療の担い手を探す仕組み」M&A企画
    2020.09.06
    MMPG(メディカル・マネジメント・プランニング・グループ)の外部提携委員会で副委員長を拝命し、承継を担当しています。その関係上、表題タイトルの企画を担当しました。株式会社日本M&Aセンター、総合メディカル株式会社の2社に講師を依頼し、講義する企画しました。 地域のインフラである医業の承継をどうするか。先ず、診療所の院長・理事長は、70歳でほぼ半減しているという厳然としたデータがあります。総合メディカルが有する9万件のデータから抽出したものです。少なくとも承継には5年は必要ですから、後継者を探すタイミングとしては65歳以上からではないでしょうか。 簡単な質問事項を記載し、M…
  • 「第9回、小川修のアート5・7・5展」<480>
    2020.09.05
    29日に石川国際交流サロンでの標題個展を観賞させていただく。   案内状には「9年前から始めた俳句アート。正直今年は、コロナ禍で中止しようか迷いました。でも、来年10回でファイナルにする計画なので自分の為にもと開催する事にしました」とのご挨拶。   私は2014年から観賞しているから7年目になる。   モナリザやマリリンモンローがマスクをしている作品など感性溢れる個展だった。   小川修様にお会いしたときに出会ったのは海外でめ交流されるアーチストの森秀一氏。   「遊墨民KAZ…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30