ブログ

月別アーカイブ: 2010年3月

  • 命の値段
    2010.03.29
    1.ベトナムの命の値段 ベトナムでは、人の命を安く扱っているため、生命保険という概念が希薄なようです。聞けば、ベトナムの自動車保険の対人事故の保険付保額は、対人1名当たり約10万円のようです。命の値段が10万円であれば、生命保険も必要ないということでしょう。 2.中小企業経営者の担保 多くの創業者は、ゼロから出発して、人脈や財産を築いてきました。お金も人もいない状態から、命を担保にして事業を始めました。経営者は、命を担保とする限り、命の値段は生命保険の加入額で決まります。経営者が生命保険に入る理由は、経営者自身の命が担保だからです。 3.人間の価値 人間はいずれ死に、日本式に焼けば最終的に灰と…
  • 第三の病床の行方
    2010.03.23
    介護保険制度が平成12年に創設されてから、10年を経過しました。 増え続ける老人を受け入れる財源も限界があります。 ハコモノを作り、患者さまに来て頂く仕組みでは、財源が持たないのです。 そこで、第三の病床として、在宅・居宅ないし集合住宅が期待されています。 ホテルコストをアウトソーシングする形態で、介護保険の支出を軽減しようとしています。 日本がモデルにすべき国を何処なのでしょう。 北欧やデンマークなどは人口が少なく、日本の参考にはなりません。 オランダ・ベルギー・アメリカのオレゴン州などの国は、介護制度が機能しているので、今後の参考ににできると思います。 【日本の介護系3団体】 ○特定施設事…
  • インターシップについて
    2010.03.15
    確定申告の繁忙期に、ある学校から2名の学生をインターシップとしてお預かりさせて頂きました。 最近の学生は、次の4つの特徴が顕著です。 気にしない・無理しない・対話しようとしない・我慢しない しかしながら、きちんと指導し、仕事を長時間して頂くことにより、成長できます。 インターシップ研修評価表一部引用。 はじめに 先ずは、インターシップという機会を頂き感謝しております。毎年、研修生の方には、確定申告の補助としてお手伝い頂いております。実習報告書を通じた研修生との10日間の学習記録は、わが社にとっても、貴重な資料となりました。人材育成の要諦は「成長対話」にあると再認識させて頂き、学習させて頂きまし…
  • 表敬訪問の効用
    2010.03.08
    会合で名刺交換させて頂いたとき、将来のネットワーク構築を意識し、手紙やメールを交換の後、表敬訪問することにしています。 ≪面談カードの効用≫ あるメーカーに表敬訪問させていただいた時、面談カードなるものを手渡されました。 取引先との面談時間を記録し、担当者のチャージ時間を掛け合わせ、コスト測定するのです。 驚きました。 話好きの方は何処にでもいるものです。 経営者の方にとくに多いです。 何処までも付き合うと、時間チャージをしないと大変なことになります。 また、会議室の机の上には、「面談時間は15分まで」と注意書きが! 時間は無尽蔵ではなく、有限。 私の場合も、例外なく、先ずは要件を言わざるを得…
  • めだかの学校
    2010.03.01
    先日、自創経営創始者である東川先生の講演を拝聴できる機会を頂く。 『すずめの学校』と『めだかの学校』の歌を比較して、その違いを学ぶ。 学校=会社、先生=社長、生徒=スタッフ、おゆうぎ=仕事と置き換えた場合、自創経営は『めだかの学校』を理想としている。 『めだかの学校』は外から見ると誰が社員か幹部かわからない組織で、みんなが楽しくイキイキと仕事をしているという会社のあり方、人材育成のやり方です。 (『社員がワクワクして仕事をする仕組み』東川鷹年著170ページ、引用加筆) 社員がワクワクして仕事をする仕組み作者: 東川 鷹年出版社/メーカー: 日本経営合理化協会出版局発売日: 2004/11/1…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30