遊魚動緑

カテゴリーアーカイブ: 遊魚動緑

  • 「消費税の軽減税率導入とキャッシュレスのポイント還元策」<447>
    2019.10.05
    10月1日より5年半ぶりに消費税が2%増税され10%になった。 一方、酒類・外食を除く飲食料品や新聞は8%に据え置く軽減税率や来年6月までのポイント還元策が導入された。   税収増は、幼児教育・保育の無償化や低所得の年金生活者への給付金支給といった社会保障費に充てられるが、国民生活には年間2兆円程度の負担増になる見通しだ。   来年度には国の税収で消費税は最大の割合を占める基幹税となる。   消費税は景気に左右されにくく税収が安定している半面、低所得者ほど負担が重い逆進性がある。   税制は公平・簡素・中立が基本原則だ。 …
  • 「第50回北陸税理士政治連盟定期大会」<446>
    2019.09.25
    9月20日、ANAクラウンプラザホテルで節目の第50回定期大会を迎えた。   北税政の相談役に就任しているが、今回の定期大会では2年前に続き議長を拝命した。   大会前に、金沢市長の山野之義氏の「金沢の魅力~本物と広域」と題する講演あった。 「本物」とは、歴史都市・創造都市・建築文化・スポーツ文化・食文化。 「広域」とは、石川中央都市圏・広域連携。   定期大会には、衆議院議員の馳浩氏、佐々木紀氏、西田昭二氏、稲田朋美氏、参議院議員の山田修路氏の他、日本税理士政治連盟の小島忠男会長も出席された。   玉井政利会長は再選され…
  • 「令和維新~今こそ躍動する日本へ、国家の舵取りは企業に学べ」<445>
    2019.09.15
    表題の著書を著者野口哲英氏から贈呈いただいた。   野口氏は1941年生まれの株式会社メドックスの取締役会長で、以前にも「医者いらず金いらず」、「絶対絶命の社会保障制度」を出版されている。   以下、ご著書の一部をご紹介いたします。   ・人は誰でも、一人では生きてゆけません。人は人と人との間、人間としてお互いに仕事(人に役立つ、事に仕える)をして助け合い、励まし合って命を全うすることが幸せの基本でなければなりません。 人々や社会の役に立たないエゴの企業は、ひととき栄えても早晩消えゆくのが必掟です。 そしてより良い社会を作るために、企業…
  • 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と日本の未来」<444>
    2019.09.05
    8月30日に東京オリパラ組織委員会事務総長・武藤敏郎氏の講話を拝聴。   来年7月24日開会式まであと11か月。   組織委員会は6年前に40数人で発足し、現在は3,000人、大会時には8,000人になる。 また、ボランティアも11万人になるという。   オリンピックは、33競技339種目に選手数11,090人。 パラリンピックは、22競技540種目に選手数4,400人。   開催地は東京60%、地方40%。   聖火リレーは、来年3月12日にギリシャの採火式から始まり、日…
  • 「SNSの世界」<443>
    2019.08.25
    SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、今や社会に浸透し、無くてはならないものになっている。   私個人も、在宅でPCでネット勤務でき助かっている。   今年2月に、ガラケー携帯電話をスマホに切り替えた。   6か月経過して、その利便性に驚いている。   アプリも多様で、生活全般に及んでいる。 所得税の確定申告も今年3月からスマホを利用できるようになった。   一方でSNSの弊害も現れている。   2016年のアメリカ合衆国大統領選挙に対するロシアのサイバー疑惑など、手口も国際的である。 …
  • 「日本税理士会連合会の顧問相談役・執行役員懇談会」<442>
    2019.08.15
    7月25日に帝国ホテルで表題の懇談会が開催され出席する。 出席者は顧問1名、相談役45名中35名、執行役員20名の合わせて56名   私が相談役に委嘱されたのは2007年(平成19年)だから、もう13年経つことになる。 当時の思い出が甦る。 2001年(平成13年)に日本税理士会連合会の副会長に就任したが、その時の新任副会長は、故峯村氏(関信会会長以下単位会会長)、金子氏(東京)、後藤氏(名古屋)、故弓岡氏(近畿)、故宮部氏(南九州)、飯島氏(千葉県)、山城氏(沖縄)それに木村(北陸)の八人だった。 八人の副会長なので、「八副会」と名付けた会ができ…
  • 「NPO 法人 北陸HACCPシステム研究会」<441>
    2019.08.05
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                …
  • 「第25回参議院選挙を振り返って」<440>
    2019.07.25
    与野党は、老後資金2千万円問題に端を発した公的年金不安、憲法改正、消費税増税の是非を国民に訴えた。   参議院選挙は3年ごとの半数改選。 今回は定数3増になり、選挙区74、比例代表50の124議席を争った。   21日の開票の結果は、与党71・野党53の議席を獲得した。 自民党は改選66議席から9減の57議席となり単独過半数を失った。 また、改憲勢力が国会発議に必要な参議院3分の2(164議席)を割り込んだ。   石川県内では、 選挙区の山田修路氏は得票率67.2%(全国3位)の28万票余り(前回32万票…
  • 「第4回ジャパン碁コングレスin金沢」<439>
    2019.07.16
    国内外からプロ、アマの棋士が集う囲碁の祭典が、12日~15日の四日間にKKRホテル金沢で開催された。   開会式では正岡徹関西棋院理事長、石川県県民文化スポーツ部文化振興課課長補佐東勝彦氏、山野之義金沢市長、砂塚隆広北國新聞社常務の挨拶の後、協賛社代表として税理士法人木村経営ブレーン会長の私、日本棋院支部石川県連合会中島史雄氏、金沢市文化スポーツコミッション代表平八郎氏が紹介された。   参加者は、海外から15か国190人と国内からは北海道から沖縄まで160人の350人。 4日間、延べ1350人の参加があった。   多彩な…
  • 「北陸新幹線金沢開業5年目を迎えた北陸エリアの現状と将来」<438>
    2019.07.05
    6月27日、北國総研ビジネス懇話会に出席。 講師は西日本旅客鉄道株式会社執行役員金沢支社長の前田洋明氏。   表題のテーマで講演された。 以下はその骨子と追記です。   ・新幹線開業効果が持続   利用者数…開業前の約3倍(857万人)を維持 県外観光入込客数…開業前の300万人増(1,522万人) 外国人宿泊者数… 開業前の2倍(61万人) 15年前の12倍   ・想定外の効果の発現   東北からの観光客の増加(開業前比約1.8倍) …
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30