遊魚動緑

カテゴリーアーカイブ: 遊魚動緑

  • 「最近の金融経済情勢について」<453>
    2019.12.05
                                                                                                                                                                                                                                                                                                               …
  • 「じみん塾と大同生命特別懇談会」<452>
    2019.11.25
                                                                                                                                                                                                                                                                                                               …
  • 「総理大臣官邸と経済産業省を訪問」<451>
    2019.11.15
                                                               …
  • 「礼儀正しさこそ最強の生存戦略である。(シンク・シビリティ)」<450>
    2019.11.05
    当社の木村岳二代表から、表題のビジネス書を紹介された。   著者は日本人では無く、なんとアメリカ人のクリスティーン・ポラスであることにびっくりした。   なぜ、一流のエリートほど不機嫌にならないのか?   ビジネスに効く! 人間関係も良くなる!   「職場の無礼さ」を20年にわたり研究し「礼節の科学」に集大成した著書が全米で話題になり、日本に初上陸した。   著者のクリスティーン・ポラスの気付きと考え方に学ぼう。   ・皆を不幸にする無礼な上司 ・無礼…
  • 「碁苦楽会in播州赤穂」<449>
    2019.10.25
    第21回「碁苦楽会」は20日~22日に忠臣蔵の里、兵庫県赤穂市で開催され参加した。   私の参加は芦原温泉、下諏訪温泉、熊野那智勝浦、下呂温泉に次いで5回目になる。 碁苦楽会は、国内で年2回開催し海外も「US碁コングレス」に毎年参加している。   会長は兵庫県加古川市在住の兵頭俊一氏。 9月で80歳になられても精力的に活動されている。   私と兵頭会長の出会いは、2014年11月に金沢国際囲碁交流協会が中国蘇州市で「中日韓友好都市囲碁交流」を開催したときに池田市のメンバーで来られたのがきっかけである。   初日は、日本囲…
  • 「覚悟と挑戦~TKC北陸会秋期大学~」<448>
    2019.10.15
    9日、ANAクラウンプラザホテル金沢で、「令和」最初の「第35回TKC北陸会秋期大学」が開催された。   学長は藤井俊彰TKC北陸会会長、実行委員長は木村岳二TKC北陸会理事。   大会のコンセプト   明治維新では武士は自らその権利を放棄し、江戸時代に終止符を打った。 現在、税理士という士業も岐路に立っている。 150年前の黑船に相当する人口知能が職業会計人に影響を与えると言われている。 いま、TKC会計人は何を考え何を行動すべきなのか。 勝ち残る次の3つの条件が求められている。   …
  • 「消費税の軽減税率導入とキャッシュレスのポイント還元策」<447>
    2019.10.05
    10月1日より5年半ぶりに消費税が2%増税され10%になった。 一方、酒類・外食を除く飲食料品や新聞は8%に据え置く軽減税率や来年6月までのポイント還元策が導入された。   税収増は、幼児教育・保育の無償化や低所得の年金生活者への給付金支給といった社会保障費に充てられるが、国民生活には年間2兆円程度の負担増になる見通しだ。   来年度には国の税収で消費税は最大の割合を占める基幹税となる。   消費税は景気に左右されにくく税収が安定している半面、低所得者ほど負担が重い逆進性がある。   税制は公平・簡素・中立が基本原則だ。 …
  • 「第50回北陸税理士政治連盟定期大会」<446>
    2019.09.25
    9月20日、ANAクラウンプラザホテルで節目の第50回定期大会を迎えた。   北税政の相談役に就任しているが、今回の定期大会では2年前に続き議長を拝命した。   大会前に、金沢市長の山野之義氏の「金沢の魅力~本物と広域」と題する講演あった。 「本物」とは、歴史都市・創造都市・建築文化・スポーツ文化・食文化。 「広域」とは、石川中央都市圏・広域連携。   定期大会には、衆議院議員の馳浩氏、佐々木紀氏、西田昭二氏、稲田朋美氏、参議院議員の山田修路氏の他、日本税理士政治連盟の小島忠男会長も出席された。   玉井政利会長は再選され…
  • 「令和維新~今こそ躍動する日本へ、国家の舵取りは企業に学べ」<445>
    2019.09.15
    表題の著書を著者野口哲英氏から贈呈いただいた。   野口氏は1941年生まれの株式会社メドックスの取締役会長で、以前にも「医者いらず金いらず」、「絶対絶命の社会保障制度」を出版されている。   以下、ご著書の一部をご紹介いたします。   ・人は誰でも、一人では生きてゆけません。人は人と人との間、人間としてお互いに仕事(人に役立つ、事に仕える)をして助け合い、励まし合って命を全うすることが幸せの基本でなければなりません。 人々や社会の役に立たないエゴの企業は、ひととき栄えても早晩消えゆくのが必掟です。 そしてより良い社会を作るために、企業…
  • 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と日本の未来」<444>
    2019.09.05
    8月30日に東京オリパラ組織委員会事務総長・武藤敏郎氏の講話を拝聴。   来年7月24日開会式まであと11か月。   組織委員会は6年前に40数人で発足し、現在は3,000人、大会時には8,000人になる。 また、ボランティアも11万人になるという。   オリンピックは、33競技339種目に選手数11,090人。 パラリンピックは、22競技540種目に選手数4,400人。   開催地は東京60%、地方40%。   聖火リレーは、来年3月12日にギリシャの採火式から始まり、日…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30