遊魚動緑

カテゴリーアーカイブ: 遊魚動緑

  • 「第18回・碁苦楽会で熊野那智黒碁石まつりへ」<415>
    2018.11.15
    9日~12日、3泊4日で熊野、那智勝浦方面の囲碁交流会に参加。   碁苦楽会は2016年の芦原温泉と上諏訪に続いて2年ぶり3回目となる。   碁苦楽会は兵頭俊一氏(兵庫県)が会長をつとめる囲碁愛好家の集まりで、今回は全国から41名が参加。   2日目の10日は「第6回熊野那智黒碁石まつり」の団体戦に参加。   会場は熊野市文化交流センター。   参加者は全国から500名も。   碁苦楽会からは15チームが挑み、私はCクラスのFチームにノミネートされた。 &n…
  • メビウスの会と日本医業経営コンサルタント学会東京大会」<414>
    2018.11.05
                            10月31日、横浜の戸塚カントリー倶楽部で「メビウスの会」コンペが開催される。   グリーンがスピード11フィートに設定されていた。   通常、ゴルフ場のグリーンの速さは8フィート(2.4メートル)が多く、6フィート以下はかなり遅い(重い)。 9フィートを超えると一般のゴルファーはかなり早く感じるよう…
  • 「第12回NKK会」<413>
    2018.10.25
    NKK会とは、13年前に日税連の会長選挙のときに立ち上げた「日税連を考える会」というインターネットの口座にちなんで付けられた会だ。   そのときの仲間4名で毎年持ち回りで親睦を重ね、本年は12年目となり私が3回目の幹事を担当する。   メンバーは年齢順に熊谷眞人氏(元東北税理士会会長)、木村光雄、清水武信氏(ぜいたいきょう理事長、元関東信越税理士会会長、)、神津信一氏(日本税理士会連合会会長、元東京税理士会会長)。   13年前に日税連会長を東京から当選させたいと運動した結果、ついに2015年7月に神津信一氏が16代会長…
  • 「関總研40周年記念・感謝の夕べ」<412>
    2018.10.15
                  過日に、大阪の(株)関總研、担当の方から電話が入った。   「関博(公認会計士・税理士)が開業してから40周年になりました。10月1日に感謝の夕べを大阪帝国ホテルで開催したく、関には内緒で出席して欲しい」とのこと。   その後、関先生とは9月27日に片山津ゴルフ倶楽部でご一緒したが、その件には触れず。   8月で古稀70歳を迎えられ、ますますお元気でゴルフもエージシュート(年齢以下の打数でホールアウ…
  • 「趣味はGO(囲碁)GO(ゴルフ)<411>
    2018.10.05
    趣味と言っても、下手の横好きの方だ。   趣味はと聞かれたら、囲碁とゴルフと答えている。   昨年11月に半常勤になり、頭と体の鈍りを防ぐためGO・GOに時間をさいている。   ・GO(ゴルフ)   「LEGEND-M」の会(医業経営研究団体・MMPGの相談役の集まり)に参加してラウンドする。   9月27日は片山津ゴルフ倶楽部・加賀コース、28日は白山カントリー倶楽部・泉水コースだった。 地元会員としてロイヤルホテル山中温泉河鹿莊とゴルフ場の予約を担当する。   27日は飯田、石渡、関…
  • 日韓友好税理士連盟・第12次訪韓」<410>
    2018.09.25
    9月14日~17日にソウルで開催の研修会に参加した。   参加者は日本から増田惠一会長ほか26名。 韓日税務士親善協会からは金定植会長ほか31名。   ご来賓には在大韓民国日本大使館西野健参事官、日本国国税庁西岡明美事務官、韓国税務士会李昌圭会長、ソウル地方税務士会林采龍会長などがご臨席。   研修は日本の金幸三副会長が講師でテーマは「事業承継税制について」だった。   相続に関する中小企業の事業承継税制は日本が先行している様子だ。   しかし、税理士制度…
  • 「第一回TKC企業防衛特別情報交換会inニセコ<409>
    2018.09.15
    8月20日~22日まで、標記の会に参加しました。 会場は北海道の羊蹄山の麓、「ヒルトンニセコビレッジ」。   TKC業防衛制度の表彰旅行は、従来、海外だったが金融庁からの指導で、今回から国内での会員間情報交換会に切り替わった。 また、大同生命からTKCとの共催になった。   参加者は会員144名、TKC13名、大同生命13名。   北陸会からは私と藤井俊彰先生(TKC北陸会会長)の家族。   TKCからは飯塚真玄名誉会長(私と同じ昭和18年生まれで、二人で"花の1…
  • 「第7回:小川修の”アート5・7・5”展」<408>
    2018.09.05
    8月14日に標記の作品展を見に行く。   14日~19日に広坂の石川国際交流サロンで開催された。   毎年開催されており、私はこれまで何回か訪れている。   自作の俳句とデザイン化した新しいビジュアルアートのコラボレーション作品で、見事なものだ。   俳句は世界一短い文学で、その短い十七文字とアートのコラボレーションを独自にチャレンジされている。。   小川修さんは今77歳で、80歳まで個展を続けられるとのこと。   創作熱はますます盛んで、最近では金沢茶…
  • 「接遇でモテ医院になる!」<407>
    2018.08.25
    8月6日に電話をいただいた声の主は、今から23年前に木村経営ブレーンに入社し10年間ほど在籍し独立した中村清美さんからだった。   「この度、本を出版しました。お送りしますから本の"はじめに"を見てください」と。   本の名は、文芸社から出版された「奥様必見!ブランデイングのススメ、接遇でモテ医院になる!」だ。   「帯」には、   患者様、職員のみなさん、家族、そして自分自身がもっと幸せに。奥様という立場でしかできない「医院ビジネス切り盛り」の本。   「クリニック経…
  • 「私のふるさと探訪」<406>
    2018.08.17
    8月9日~10日にかけて、私が小学校1年生~5年生に過ごした中郷小学校(新潟県二本木駅)と生まれた地の新潟県市振駅を訪ねた。 なぜ駅かというと父・喜作が国鉄マンで新潟県西南部を中心に勤務していたことによる。 父(昭和53年、80歳で永眠)は昭和15年3月~昭和19年3月までの4年間、市振駅長を勤めた。 さらに、関山駅長、黒井駅長を経て、第15代二本木駅長として昭和23年10月~昭和29年2月の約5年余りを勤め定年退職し石川県白山市に帰郷した。   その間、私は昭和18年1月に市振駅で生まれ、昭和24月4月~昭和29年3月の小学生5年間を二本木駅…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30