Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 日本M&Aセンター協会 IN 京都

    2016.10.16

    ma過日、日本M&A協会理事総会において、次世代研究会を発足致しました。

    人工知能(AI)やマイナンバー制度という外部環境に加え、税理士試験受験者の減少、人的資源の充実など多くの課題が山積しています。

    このような課題を会計人が一人背負うことなく、次世代研究会において、互いを鼓舞していき、課題解決することとしました。

    では、どうやって。気合いと根性で、ダンベルを上げて体力勝負でいくか。それも大事ではありますが、医学の世界にヒントがあるのではないか。そんな考察をしている第一人者が、京都大学大学院(経営管理大学院・経済学研究科)の澤邉(さわべ)教授。(会議の席も隣で、夜遅くまでご一緒させていただいた。)

    医学の世界は、研究者・臨床家・専門知識の再生産機能がしっかり働いている。医学(理論)を学んだドクターが医業の現場で治療・研究を行い、それを学会で発表し、その学会研究でさらに発展している現状がある。医学で社会貢献をしており、人命を救うことが社会的使命となっている。

    医学の世界は、抽象(医学、理論)と具体(治療)を高速で行き来し、その交差点が学会という場所になっている。学会は、知識統合の場として、きちんと機能している。翻って、会計業界はどうだろうか。

    会計の世界は、抽象(会計理論)と具体(会計実務)の行き来はなく、互いに独立している。そこで、理論を学んだ会計人が、企業経営の現場で実践を行い、それを学会の場で、コンサルティングによる成果を発表する。学会を理論と実務が行き来する連結環、知識統合の場所にできないか。

    上記のとおり、京都大学大学院の澤邉先生より、今後の会計業界のブルーオーシャンは、医学の世界に大いなるヒントがあるとご教示頂く。

    久方ぶりの洗練されかつ研ぎ澄まされた怒涛の知性に感化され、知的興奮マックス。血沸き肉躍る状態となりました。今後は、このような視点で、ダンベルを上げつつ、有り余る体力で戦略的に事業承継に取り組ことをお誓いし、やや長文となりましたが、今回の次世代発足式の感想とさせていただきます。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30