Blog

遊魚動緑

  • 「経営改善計画策定支援」<258>

    2014.07.05

    「経営改善計画策定支援」<258>

    (7/5)

     

    140624_060901
    140624_060901

     

     

     

     

     

     

     

     

    1日にTKC北陸会第1回理事会と懇親会に出席した。

    相談役を拝命しているので、年に1~2回出席させていただいている。

    今回は以下の事業の重要性を再認識させられた。

     

    平成24年8月に施行された中小企業経営力強化支援法に基づき、経営革新等支援機関は平成26年5月で21,535機関が認定された。

    そのうち、税理士・税理士法人・公認会計士は18,213機関と全体の85%となっている。

     

    この事業は、約2万社の金融支援を必要とする中小・小規模事業の経営改善計画を支援するため、405億円という予算が投じられている施策です。

     

    当事業は当初、平成26年3月末現在で2,281件にとどまり、平成27年3月末まで延長されているところです。

     

    そこで平成26年3月にTKC全国会は平成27年3月までに利用申請の7,000件を実現する「7,000プロジェクト」を立ち上げた。

     

    プロジェクトリーダーの斎藤保幸会員のチェックリストをビデオで拝見したがTKCモデルといえるので以下にご紹介します。

     

    1、支援対象関与先のリストアップ

    (1)、年商3億円以下(中心は年商1億円以下)の関与先

    (2)、保証協会付融資がほぼ100%の関与先

    (3)、営業キャッシュフローはプラスだが、約定返済年までのキャッシュフローには満たない関与先

    (4)、経営改善に取り組む意思を説得できる関与先

     

    2、関与先に提案すべき金融支援

     

    (1)、既存借入金の条件変更

    (2)、借り換え融資

    (3)、新規融資

     

    3、事務所の活動数値目標

    (1)、6月までに監査担当者1人最低1件

    (2)、12月までにさらに1件

     

    4、支援業務の報酬基準

    (1)、経営改善計画書策定支援…450,000円(補助金300,000円、関与先負担150,000円)

    (2)、モニタリング支援…年150,000円を3年間(補助金100,000円を3年間、関与先負担50,000円を3年間)

     

    (3)、担当者への褒賞金…総額270,000円(報酬総額900,000円の30%)を入金基準で支給

     

     

    「成果事例コメント」

    ◇、本気でぶつかり社長の経営者魂に火を点ける。

    ◇、社長に現実を直視してもらい一歩踏み込んだ支援を。

    ◇、苦しむ社長の不安を取り除くため行動あるのみ

    ◇、社長へのヒアリングで事業への思いや課題を引き出す。

    ◇、現場別の原価管理徹底に重点を置き、体質改善を支援。

     

     

    中小企業の経営支援の担い手になろう!

     

     

    写真…6/24鞍月パーク

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30