Blog

遊魚動緑

  • 「フード・アナリスト」<281>

    2015.02.25

    「フード・アナリスト」<281>

     

    150214_144822
    150214_144822

     

    (2/25)

     

     

     

     

     

    19日に北國新聞赤羽ホールで「北國総研ビジネス懇話会」の例会に出席した。

     

    北陸税理士会も会員とのことで、紅谷県連会長に会った。

     

    講師は1級フードアナリストの雅珠香(あすか)氏。

     

    演題は、「フードアナリスト的味覚の話と人気店の秘密~おいしいとは何か~」。

     

    通称「あすかりん」(本名:長坂雅珠香、穴水出身、金沢在住)は、SSI認定利き酒師、日本箸教育講師、2007年度「北國フォトクイーン」、日本の食文化大使「食のなでしこ2013」準グランプリ、能登ふぐPR大使初代「のと福来むすめ」。

    経歴…石川県立大学食品科学科卒業、北陸製菓で7年半の商品開発を経験、28歳でアナリストとして独立して4年。

    食べ歩きは年間600軒。

     

    以下、講演のキーワードを列挙します。

     

    〇、北陸新幹線は金沢の食文化の強みを発揮する。

    〇、飲食店の数(2/19現在)石川県 8,155店(うち金沢 4,516店)。

    〇、最近の傾向…店主30代前後、有名店で修行しUターン、キャパ小さい(カウンター8席多い)、価格手頃。

    〇、金沢は「おでん」種類日本一…源助大根、金沢春菊、車麩、玉子焼きなど。

    〇、のどぐろ…錦織選手が大好き。

    〇、フードアナリストの資格は、9年前にできた。

    現在の資格者は13,000名で、うち1級は100名で雅珠香氏のように職業にしているのは数名。

    〇、あすか氏の食べても太らない健康法…体重を日に3回測る、ウエストひねりを日に500回、酒粕スープを飲む。

    〇、「美食」とは料理を賞味する美の追求行為。

    〇、購買をそそるコツ。

    いまだけ(期間限定)。

    これだけ(数量限定)。

    ここだけ(場所限定)。

    〇、食事中してはいけない会話…政治、宗教、スポーツ。

    〇、五味…甘味、酸味、塩味、苦味、旨味(UMAMI)。

    他に、辛味、渋味、炭酸味、カルシウム味。

    〇、五覚…味覚、視覚、嗅覚、聴覚、触覚。

    〇、世界での食べ方…箸30%、ナイフ・フォーク30%、手食40%。

    〇、客単価は欲求レベルにより決まる。

     

    飲食店のブランドは、「店主の磨かれた個性」。

     

    外食は一番身近なレジャーである。

     

    写真…梅(2/14奈良薬師寺)

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30