Blog

遊魚動緑

  • メビウスの会と日本医業経営コンサルタント学会東京大会」<414>

    2018.11.05

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    10月31日、横浜の戸塚カントリー倶楽部で「メビウスの会」コンペが開催される。

     

    グリーンがスピード11フィートに設定されていた。

     

    通常、ゴルフ場のグリーンの速さは8フィート(2.4メートル)が多く、6フィート以下はかなり遅い(重い)。

    9フィートを超えると一般のゴルファーはかなり早く感じるようになるとのこと。

     

    アマチュアでは12フィートが限界と言われている。

     

    ガラスのグリーンと恐れられている、かのマスターズメジャー大会のオーガスタのグリーンは15フィートだそうだ。

     

    米国のプロ試合PGAツアートーナメントでは11フィート~14フィート位を目標に調整されているようだ。

    ちなみに、私の戸塚でのパット数は48。

     

    プロから教えてもらったのでは32が標準だとのこと。

     

    私は16オーバーだから、それを縮めれば優勝者のグロスに近づく。

     

    グロスの45パーセントを占めるパット数の大切さを痛感。

     

    優勝は杉田圭三さんで、グロス91だった。

     

    懇親会は横浜べイホテル東急・3階の「トゥーランドット遊仙境」で美味しい中華料理をいただいた。

     

     

    11月1日~2日は第22回日本医業経営コンサルタント学会がホテルイースト21東京で開催された。

     

    テーマは「100年人生のために~地域マネジメントと医業経営コンサルタントの役割」。

     

    1200名が参加した。

     

    特別講演はプロスキーヤーの三浦雄一郎氏。

    演題は「100年人生のために、攻める健康法~人生のエベレストを目指して」。

     

    70歳75歳80歳の3度にわたり世界最高峰エベレスト山(8,848㍍)登頂を果たし、86歳の今も身体の鍛練を続けている。

     

    父・敬三(プロスキーヤー、99歳のときモンブランでスキー滑降、101歳逝去)から譲り受けた健康法とは。

     

    1、特性ドリンク

    (黒ゴマ、きな粉、テンサイ糖、酢卵、ヨーグルト)

     

    2、呼吸法

    (鼻を塞ぎながら)

     

    3、舌出し体操100回

     

     

    以前に講演をお聞きした日野原重明先生(医師、105歳逝去)と共通するのは、明確な目標志向と健康法を日常のルーチンに組み入れていることだ。

     

     

    「学会プログラム」

     

    シンポジウム三題。

     

    1、2035年を目指した日本のヘルスケア戦略。

     

    2、医療現場の働き方改革。

     

    3、市民公開講座…地域包括ケアの充実をめざして~地域に住み続けて、多世代の交流の中で終末期を迎えるには~。

     

    会員コンサルタントの研究発表…18題。

     

     

    来年は10月17日~18日に愛知大会が名古屋市で開催される。

     

    写真…メビウスの会懇親会(遊仙境)、コンサルタント学会で参加スタッフと飯田昭夫先生(静岡)、岸田晴樹先生(北海道)を囲んで。

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30