Blog

遊魚動緑

  • 「人生100年時代、いつまでも若々しく元気に」<418>

    2018.12.15
    181206_144956

    12月6日に北國総研ビジネス懇話会で表題の講演を拝聴した。

     

    講師は医療法人ホスピィグループ理事長の浦田哲郎氏(62歳)

     

    浦田先生は魚津市に生まれ、金沢医科大学に入局後、1993年に白山市の「河内うらた医院」を開業し、同時に魚津市の「うらた医院」を父親から継承した。

    2007年に「浦田クリニック/スコール魚津」を開設。

    2017年4月、金沢駅西口に「浦田クリニック/スコール金沢」を開設。

     

    先生は介護保険サービスや在宅医療を続ける中で予防医療の大切さを痛感し、複合施設(医療・介護・保健・スポーツクラブ)を経営している。

     

    ・スコール(QOL)

    アンチエイジング メディカル スパ

     

    QOL(クオリティオブライフ)を向上するためのスパ(温泉、エステ的なトリートメント、リラクゼーション)

     

     

    ・「がん」の死亡者…年間死亡者130万人のうち、37万人以上が「がん」で死亡

     

    ・「がん」の部位別死亡者数順…肺、大腸、胃、膵臓、肝臓

     

    ・要支援・介護認定の原因…

    1位:脳卒中

    2位:認知症

    3位:運動障害(ロコモ)

     

    ・人はなぜ病気になるのか?

     

    活性酸素説

    ホルモン低下説

    糖化たんぱく質説

    慢性炎症説

    有害重金属説

    テロメア・遺伝子決定説

    栄養低下説

    消化吸収・腸内フローラ説

     

     

    ・「がん」は活発な細胞分裂を繰り返し、腫瘍を大きくする為に糖質を必要としている。

     

    ・浦田クリニック/スコールのコンセプト

     

    1、生活習慣の改善による疾病発症リスクの軽減

     

    2、医療を中心に「運動・食養・癒し」の相乗効果で疾病予防・改善に高い成果をあげる

     

    3、人間ドック(がん検診)による疾病の早期発見

     

    4、標準的治療以外の治療法も提供し、患者様の選択肢を広げる

     

     

    ・健康に長生きするために何ができるのか?

     

    1、がんの早期発見とリスク対策

     

    2、動脈硬化のリスク対策

     

    3、フレイル(加齢とともに心身の活力低下)のリスク対策

     

     

    浦田哲郎理事長は日本坑加齢医学会専門医・評議員で、高齢化社会が深刻になる中、適切な介入・支援により、生活機能の維持向上に貢献されている。

     

     

    講演後、利用者として挨拶させていただいたが、浦田理事長の今後ますますのご活躍を期待しております。

     

     

    写真…金沢駅のクリスマスツリー。

     

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30