Blog

遊魚動緑

  • 「いのちの歌」<430>

    2019.04.15

    3月31日に石川県庁19階展望ロビーで、「春のコンサート」があり、出向く。

     

    大勢の方がいらっしゃっていた。

     

    一時間の間に春をテーマに10曲が演奏された。

     

    最後に、「いのちの歌」(作曲:村松崇継、作詞:竹内まりや)が合唱された。

    2009年の連続テレビ小説「だんだん」の劇中音楽だった。

     

    その詞に感銘を受けた。

     

     

    「いのちの歌」

     

    生きてゆくことの意味

     

    問いかけるそのたびに

    胸をよぎる

     

    愛しい人々のあたたかさ

    この星の片隅で

    めぐり会えた奇跡は

    どんな宝石よりも

    たいせつな宝物

     

    泣きたい日もある

    絶望に嘆く日も

    そんな時そばにいて

    寄り添うあなたの影

     

    二人で歌えば  懐かしくよみがえる

     

    ふるさとの夕焼けの

    優しいあのぬくもり

     

    本当にだいじなものは

    隠れて見えない

    ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

     

    いつかは誰でも

    この星にさよならをする時が来るけれど

     

    命は継がれてゆく

     

    生まれてきたこと

    育ててもらえたこと

    出会ったこと

    笑ったこと

     

    そのすべてにありがとう

     

    この命にありがとう

     

     

    写真…県庁コンサートで一般参加者も交えての、「いのちの歌」合唱。

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30