Blog

遊魚動緑

  • 「新型コロナワクチン接種のお知らせ文書」<503>

    2021.04.26

    金沢市は19日に市内の65歳以上の高齢者約12万1千人に接種券が発送され、20日にワクチン接種の案内文書が自宅に届いた。

     

    5枚もある。
    1、新型コロナウイルスワクチン接種のご案内
    2、新型コロナワクチン接種のお知らせ
    3、ワクチン接種を受ける際の注意事項
    4、新型コロナワクチン接種の予診票
    5、新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製)

     

    案内に従ってQRコードで医療機関/接種会場を探して見たら、繋がらなかった。
    何でかな。

     

    一般高齢者にQRコードが理解ができるのか。

     

    予約開始日の記載が無い。

     

    予診票の右上に(クーポン貼付)とあるが、探したらやっと接種券がクーポン券だと分かった。
    接種券をクーポン券と表示するか、クーポン券を接種券とすべきだと思う。
    相手の立場に立った分かり易い表示にして欲しいものだ。

     

    コールセンターに接種の予約をして見たが繋がりにくく諦める。
    報道によると他県では八時間もつながらないという。

     

    かかりつけ医に聞いたら、ワクチンは5月に入る予定で、その後に医療機関へ配分されるから1ヶ月ぐらいは様子を見てくださいとのことだった。

     

    電話もネットも今は繋がらないとのこと。

     

    とにかく、準備が整わぬうちに案内するのは混乱を招くだけだ。

     

    そう思っていたら翌日の新聞報道によると、21日正午時点でコールセンターや医療機関に予約開始日を尋ねる1300件の電話相談があったという。

     

    21日に山野金沢市長が「迷惑、負担を掛けた医療機関や不安に思われた市民にお詫びする」と陳謝し、急遽、予約受付は5月6日からとし、一般高齢者の接種開始日は5月15日になるとの発表があった。

     

    ワクチンを接種する市内の医療機関は病院44か所と診療所157か所の計201か所となる。

     

    このうち、111か所は誰でも申し込みが可能で、残りの90か所は従来から診察する患者に限るとしている。

     

    予約の方法は
    1、医療機関への直接申し込み
    2、コールセンター
    3、スマートフォンなどのアプリ

     

    とのことだが、デジタル化の時代にあって予約の簡便化ができないものか。

     

    命にかかわるワクチン接種だけに、難しい説明は小学五年生(10歳)にも分かるように説明すれば誰しも理解できる(通説)親切な案内にして欲しいものだ。

     

    写真・・・ワクチン接種案内

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30