Blog

遊魚動緑

  • 第46期碁聖戦五番勝負第3局」<512>

    2021.07.25

    7月17日、一力遼碁聖(24歳)と挑戦者・井山裕太棋聖(32歳)の対局が1勝1敗を受けて北國新聞会館で行われた。

    7月7日に井山本因坊文裕は本因坊戦10連覇を果たし、7月12日に一力遼碁聖は地元の仙台で第2戦を黒番半目勝ちしてタイで第3局を迎えた。

     

    碁聖戦は先に3勝すれば勝利するので大切な3戦目となる。

     

    前日の16日に検分が行われた。

    碁盤と碁石は私が2016年から提供しており、今回は6年目になる。

    碁盤と碁石は2016年6月に碁聖戦のために大阪の井上碁盤店で購入したものだ。

    碁盤は6寸8分で碁石は33号。

    碁笥は桑の木。

    さらに、2016年7月17日の碁聖戦の前日16日に井山裕太七冠から碁盤に「雅、七冠井山裕太」の揮毫をいただいた大切な碁盤だ。

    井山棋士は現在、3回目の大三冠(棋聖、名人、本因坊)を保持している。

     

    対局は17日の午前9時開始で、立ち会い席に同席させていただく。

     

    立会人は中野寛也九段、新聞解説は六浦雄大七段、記録係は寺田柊太二段と鈴川七海初段。

     

    昨年行われなかった大盤解説会も参加人数を制限して行われた。

    大盤解説は金沢市出身の田尻悠人五段(NHK大河ドラマ「青天を衝け」の囲碁指導をされている)、聞き手は佃優子アマ6段。

     

    対局結果は一力遼碁聖の中押し勝ち。

    初防衛まであと1勝と前進した。

     

    井山裕太棋聖はカド番に追い込まれた。

     

    第4局は8月17日に新潟市で対局される。

     

    また、両棋士は8月26日からの第46期名人戦でも戦う。

     

    熱戦で地元の囲碁ファンは盛り上がった。

     

     

    写真

    1、木村経営グループで協賛広告(6/30)

    2、立ち会いに同席(7/17)

    3、検分で両棋士と記念写真(7/16)

    左が一力遼碁聖、右が井山裕太 大三冠(棋聖、名人、本因坊)・2016年4月に囲碁界で初七冠・2018年2月に2度目の七冠で将棋の羽生善治七冠とともに国民栄誉賞を受賞。

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30