Blog

遊魚動緑

  • 「東京2020オリ・パラの祭典」<513>

    2021.08.05

    7月23日~8月8日、近代五輪124年の歴史で初めてコロナ禍で一年延期になった第32回東京オリンピック競技大会がほとんど無観客での開幕となった。

    (33競技、339種目)

    (参加国205、選手数11,092人)

     

     

    1964年開催の第18回東京オリンピックから57年振り2回目である。

    1940年にも東京開催を予定していたが、日中戦争の勃発で実施を返上している。

     

    2021年なのに「TOKYO2020」の表示が新型コロナウイルスを象徴している。

     

    無観客で歓声は無いものの、会場のさまざまな音が映えて迫力がある。

     

    テレビ観戦でもアスリートの熱気と極限のドラマが伝わってくる。

     

    私は若い時にバドミントンをしていたので特に応援していた。

    男子シングルスの桃田賢斗選手と常山幹太選手、男子ダブルスの遠藤大由・渡辺勇大と園田啓悟・嘉村健士、女子シングルスの奥原希望と山口茜、女子ダブルスの福島由妃・広田彩花ペアと永原和可那・松本麻佑ペアは残念ながらメダル獲得はならなかった。

    しかし、混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗ペアは銅メダルを獲得した。

     

     

    日本の金メダル数は1964年の東京大会と2004年のアテネ大会の16個を超えて史上最多になった。

    (最終結果 金27、銀14、銅17)  「石川県勢 金 レスリング女子、62キロ級川井友香子(津幡町出身23歳)、57キロ級川井梨沙子(津幡町出身26歳)

    銀 バスケット女子、赤穂ひまわり(七尾市出身22歳)」

     

    最終、金メダル27個の種目は、スケートボード男子ストリート、女子ストリート、女子パーク、フェンシング男子エペ団体、女子ボクシング、男子レスリング、女子レスリング4、体操男子個人総合、男子種目別鉄棒、卓球混合ダブルス、柔道男子5、柔道女子4、空手男子形、水泳個人メドレー2、野球(男子)、ソフトボール(女子)。

     

    開幕直前の7月21日時点で、新型コロナウイルスの感染がわずか10日余りで3倍に急増した。

    デルタ株の広がりで新規感染者が1万人を超える日もあり、病床不足への懸念が強まっている。

    日本では、3日まで累計96万人の感染者と1万5千人の死亡者となっている。

     

    首都圏では2日から31日まで4回目の緊急事態宣言が適用され、金沢市でも同期間に2回目の「まん延防止等重点措置」が発出された。

     

    何とかコロナが沈静化して、8月24日~9月5日に開幕のパラリンピックが開催され熱戦を楽しみたい。

     

     

    写真

    1、五輪閉会式(8/9北國新聞)

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30