遊魚動緑

  1. Top
  2. ブログ
  3. 「令和2年TKC北陸会役員大会」<459>

2020/02/05

「令和2年TKC北陸会役員大会」<459>

昨年12月6日の初雪だけで13年ぶりに1月中雪が無かった。

 

1月31日に表題の会合が開催された。

特別講演で飯塚真則(まさのり)TKC社長が「TKCからのご報告」と題して講演された。

飯塚真則社長(44歳)は昨年12月20日の株主総会で就任された。

私と同年の飯塚真玄(まさはる)名誉会長のご長男である。

 

新年賀詞交歓会では隣の席になり、親しくお話できた。

 

TKC全国会運動方針と飯塚社長ご講演の骨子は次のとおり。

 

TKC全国会の運動方針

 

「職業会計人が勝ち残るための3つの条件」

 

1、効果的な業績を上げるための組織力。

 

2、必要かつ有用な仕事をしていることを社会に納得させる努力。

 

3、現代の業務に適応し、経済の変転する要求を満たす新しい業務を始める。

 

「TKCブランドで社会を変える」

 

1、TKC方式の書面添付の推進。

 

2、TKCモニタリング情報サービスの推進。

 

金融機関に信頼性の高い決算書を大量に提供して、決算書の信頼性は識別可能であることを認知してもらう。

 

3、TKC方式の自計化の推進。

 

「会員事務所の経営基盤強化」

 

1、TKC行動基準書の理解と実践。

 

2、巡回監査士や巡回監査士補を増大させる。

 

3、認定支援機関として経営助言業務を強化する。

 

飯塚社長のご講演の骨子

 

・TKCモニタリング情報サービスの2019年12月末実績

 

実践事務所 5,331件

利用申込件数199,338件

利用社数  112,140社

 

・TKC方式の書面添付は全国的に着実増加

 

平成30年度(H30.4~H31.3)の国税庁実績

法人税申告件数 2,929千件

うち税理士関与件数 2,609千件(89%)

うち書面添付件数

246千件

書面添付割合

9.5%

意見聴取割合

2.4%(添付の25%)

実地調査省略割合

51.8%

書面添付中調査移行割合

1.2%

 

書面添付先においては申告是認率99%がほぼ実現されていると見れる。

 

・TKC方式の自計化の推進

 

最新のICTを活用して、初期指導・巡回監査の生産性に貢献する。

 

関与先企業からのクラウドファーストの要請に対応するとともに、API接続、マルチデバイス大量等による生産性向上を支援する。

 

・令和2年の法律改正対応

 

4月

○大法人(資本金1億円超)の電子申告義務化(対象企業は国内で約23,000社)

○大法人の社会保険関係の電子申請義務化

○中小法人への改正労働基準法(時間外労働の上限規制)の適用(働き方改革)

○民法改正(瑕疵担保責任に関する見直し、配偶者居住権の新設等)

 

7月~8月

○東京オリパラでは10億回以上のサイバー攻撃が発生?

 

10月

○年末調整控除申告手続きの電子化

 

 

・オンデマンド研修サービスで職員研修を。

 

翌月巡回監査率90%以上の1事務所あたり平均視聴本数は年間4.5本配信している。

利用してますか?

 

・全国会計事務所に占めるTKC事務所の割合

 

全国会計事務所数 31千件

うちTKC事務所数 9.6千件(30.9%)

 

石川県

300事務所のうちTKC事務所123(41%)

法人数24千件のうちTKC事務所9千件(36%)

富山県

236事務所のうちTKC事務所80(33.8%)

福井県

169事務所のうちTKC事務所65(38.4%)

 

 

飯塚真則社長の挨拶で「税理士事務所は今後10年間に黄金時代が到来するだろう」の言葉が印象的だった。

 

 

写真・・・飯塚社長の講演(1/31)

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 光雄
資格
税理士
認定登録医業経営コンサルタント
情報化認定コンサルタント
趣味
囲碁とゴルフ
座右の銘
「この道より我を生かす道なし、この道を歩く」

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ