ブログ

月別アーカイブ: 2009年2月

  • インターシップ
    2009.02.28
    金城大学短期大学部で「会計学総論」を担当させているご縁で、今回、インターシップを受け入れることとなった。 8日間、実習して頂く。 これも「講義」なので、当社で評価させて頂き、単位は「2単位」。 「会計学総論」受講と同じではないか! しかしながら、試験とは比較できないほど厳しい実務体験。 2単位の価値はあると思う。 http://www.kinjo.ac.jp/kjc/business/intem.html (上記HPより引用) ホテルビジネス、旅行マネジメント、キャリアデザインの各コースでは、最長10週間におよぶインターンシップを実施。 1年次の後期から2年次の前期にかけて、さまざまな企業や自…
  • 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
    2009.02.27
    昨日、北國総研の懇話会に参加する。 NEXCO中日本金沢支社長の日野先生と昼食を共にする。 ちょうど目の前に、講師の先生! 私は、どんな状況でも、「壁の花」にはならぬとの決意を持ち、誰にでも臆すことなく会話することをモットーとしている。 高速道路につき、私は全くの門外漢であり、無知ながらも質問はできる。 飛騨トンネルはすでに開通されたのですかとの問い(愚問)に講師の先生は唖然とされていた。 そういう質問する方は初めてですと(笑) 周りの知り合いの経営者からも「本当、知らないの?」と突っ込まれどうしであった。 ただ、この質問により皆様の記憶に残ったかと(笑) そのトンネルは、着工以来36年の歳…
  • 終日社内で
    2009.02.26
    昨日は、終日、社内。 夜も弁当を食したわけでして、外の天気がどうなっているかもわからず。 来客2件があったほか、確定申告の検閲&電子申告&事務所の決算申告作業をこなす。 「価値の源泉はいつも外にある!」が原則であるが、ここは腰を据えて、確定申告に取り組む。 …
  • 損得よりも善悪で考えよ
    2009.02.25
    昨日、異業種交流会ストローズにご入会頂いた経営者とランチ。 電話での声の低さをご指摘頂きまして、これからワンオクターブ高い声で電話にでます^^ その後、経営者の会へ参加する。 ・王道の経営 ・邪道の経営 ・覇道の経営 今後、王道の経営でしか生き残れないとご教授いただく。 「損得よりも善悪で考えよ!」 論語の一節にも確かあったなと調べてみると。。。 子曰、君子喩於義、小人喩於利。(子曰わく、君子は義に喩り、小人は利に喩る。) 〔訳〕 孔子様がおっしゃった、「君達は損得よりも善悪を考えて行動しなさい。善悪よりも損得で行動するような卑しい人間になってはいけません。」と。 論語に学ぶ会より引用させて頂…
  • 金沢におけるブランド戦略
    2009.02.24
    昨日の午後より、新規契約のためお客様のところへ。 このアゲインストの風が吹く中、着実に業績を伸ばしている^^ その後、北陸銀行主催の経営研究会総会・例会に参加する。 会計報告、役員改選などスムーズに議事が進行。 思い起こせば、総会の初代会計監事をさせて頂いた。 順番で役員交代するので、もう一回り来るなとも思う(笑) さて、金沢大学教授の方から金沢におけるブランド戦略を拝聴する。 会計事務所のブランディング戦略についても大いに参考となる内容であった。 心に残る明言として、「地方は、東京に目を向けてはいけない。世界と地方に集中すべき!」 ローカルとグローバルに経営資源を集中かぁ。。。 会計事務所の…
  • 自我と自己
    2009.02.23
    自然体でいこうと言っている時点で自然体ではない(笑) 決して理想の政権は急がず、言いたいことを堪えつつ、メモしながら、じっくりと改革していきたい。 さて、今週の職業会計人のカリスマ岩永先生による「考える言葉」のテーマは、自我と自己。 専門知識は仕事の上で欠かせないが、経営者(役員を目指す者も含む)にとって、「人間学」は最も大事。 ここらへんを面倒くさいと割愛する人に、大変遺憾ではあるが、経営は委ねられない。 自我と自己(H21.2.23)  「人間は、“自我”と“自己”という二つの人格をもって、存在し、生きている」(経営人間学講座入門篇)という。その入門篇(長崎)に沿って、“自我”と“自己”に…
  • ジャイアンツと巨象
    2009.02.22
    昨日は繁忙期のため、出勤。 専務と共にお客様を表敬訪問させて頂く。 さて、ジェームスディーン主演の映画「ジャイアンツ(1956年)」を見たことがあるでしょうか。 その映画のワンシーン、大きな油田を掘り当てた時、ディーンが油まみれになって、歓喜にむせび泣く。 現代の油田は、大企業「巨象」と置き換えることができる。 スティーヴ・カプラン(著)「巨象を捕まえろ!―ターゲットは『大企業』小さな会社の社長、営業マンのための法人営業術」によれば、ビジネスは、必ず次の3つの道を辿るという。 Aカタツムリの道 大きな取引先を見つけないため、軌道に乗らない。 B流星の道 成長する事業にかかる経費を賄うために…
  • 引き継ぎは着々と
    2009.02.21
    昨日、重要取引先がお越しになり、さらにはご祝儀を頂戴する。 重ね重ねのご厚情に感謝申し上げます。 また、盟友事務長かっちゃんより、銘酒「銀盤」を頂く。 夜の晩酌は昨年から大願をかけて控えているが、第一四半期(1-3月)を乗り越えたときには、ささやかな祝宴をあげたい。 ありがとうございます^^ さて、社長(見習)とはいえ、外部の方からは、(見習)ではない。 自然体でいこうにも、どうも力が入っているようだ(苦笑) 木村所長と討議の結果、来月より、当社の「役員会議」、「幹部会議」、「経営会議」の議長を仰せつかる。 会議は決して「仕事」ではないと認識しつつも、有益な場であることに変わりない。 昨晩も…
  • 徒然に
    2009.02.20
    昨日、ストローズ会員である珍味の山ちゃんと昼食をご一緒し、その後、綺麗なお花を頂く。 その中で、自然体の大切さを教えて頂く。 ありがとうございます^^ 夕刻から、異業種若手経営者の会「きんどん会」に参加する。 片町の「長八」において、美味しい海の幸を堪能する。 …
  • 軽から重へ
    2009.02.19
    昨日も祝福の電報などお祝いをいくつか頂く。 ストローズ会員である珍味の山ちゃんより、お祝い電報とコースターを頂く。 (『役者として、また独特の画風で芸術家としても魅力を発揮している片岡鶴太郎氏の作品です    お祝いの宴のコースターとしてお使いください』とある) ありがとうございます^^ また、義兄と慕う会計人の先輩から直筆のお手紙と御本を頂戴する。 感謝の念で返信の手紙を認めつつ、涙が止まらない。 義兄とは、私が大学生の頃のお付き合いであり、交友は20年近くなる。 思い出話を書き始めると、なんだか感傷的になってしまうのだった。 さて、昨日の午前中、木村所長とお客様のところへご挨拶した後、…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30