宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 軽から重へ

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/02/19

軽から重へ

昨日も祝福の電報などお祝いをいくつか頂く。
ストローズ会員である珍味の山ちゃんより、お祝い電報とコースターを頂く。
CIMG2335.JPG
(『役者として、また独特の画風で芸術家としても魅力を発揮している片岡鶴太郎氏の作品です
 
 お祝いの宴のコースターとしてお使いください』とある)
ありがとうございます^^
また、義兄と慕う会計人の先輩から直筆のお手紙と御本を頂戴する。
CIMG2336.JPG
感謝の念で返信の手紙を認めつつ、涙が止まらない。
義兄とは、私が大学生の頃のお付き合いであり、交友は20年近くなる。
思い出話を書き始めると、なんだか感傷的になってしまうのだった。
さて、昨日の午前中、木村所長とお客様のところへご挨拶した後、近くの寿司屋でミーティング。
その場で思いつき、話すことは「軽い」として、一呼吸置くことが肝要と御指導頂く。
ひと言どうしても言いたいところをグッと我慢して自分の心情をメモし、後日、再読する。
「経験則上、あのとき感情に任せて、言わなければ良かったと感じることが少なくない」と述懐していた。
言って「しまった!」と後悔するより、メモして再読してなお、感じるところがあれば意見申し上げることとしよう。
会議中においても然り。
相手の話の途中で、絶対に割り込むことはしないと心に誓う。
割り込むことはせず、相手の言葉をメモするとしよう。
佐藤一齋の重職心得箇条の中で、「重職というのは国家の大事を取り計らうべき役のことであって、重の一字を失い、軽々しいのは悪い」との記述がある。
ここらへんから、訓練していこう^^

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ