ブログ

月別アーカイブ: 2010年8月

  • 後継者と事業計画作成
    2010.08.30
    中小機構北陸支部で相談員を担当しております。 下記の問題と回答は、ある日の相談を簡易的にまとめたものです。。。 ≪質問≫ 現在、メーカー向けのA事業と一般消費者向けのB事業があり、売上構成比はそれぞれ70%と30%です。現在、後継者である専務取締役は、B事業を拡充したく、現在の売上構成比30%を50%までに高めたい。 現在のスタッフは高齢化しており、20代から30代の人材を採用したいが、売上が見込めないなか、人を採用するのはリスクが大きい。 どのような判断をすればよいのかご教授頂きたい。 ≪回答≫ 現在、取引先メーカー主導の事業計画があるだけで、自ら主体的に作成した計画はありません。 将来のビ…
  • 人はなぜゴルフをするのか?
    2010.08.23
    趣味はと問われれば、ゴルフと答えております。 「人は何故ゴルフをするのか」と突き詰めた場合、いくつかの理由があるかと思います。 東川鷹年先生の「社員がワクワクして仕事をする仕組み」日本経営合理化協会出版局 462~464頁「何故セルフマネジメントなのか」参照。 社員がワクワクして仕事をする仕組み作者: 東川 鷹年出版社/メーカー: 日本経営合理化協会出版局発売日: 2004/11/19メディア: 単行本 以下、引用。 「人は、何故ゴルフをするのか」 理由    1.気分が爽快である。 2.仕事のおつきあい 3.健康の為 4.ストレス解消 動機づけ 1.目標の明確さ〔チャレンジシートによる目…
  • 後継者と分社化のタイミング
    2010.08.17
    後継者と分社化のタイミング 中小機構北陸支部で相談員を担当しております。 下記の問題と回答は、ある日の相談を簡易的にまとめたものです。。。 ≪問題≫ ○○を主とする卸売販売が会社の母体です。現在、後継者であるAが新規事業を行っています。現在、その新事業は、母体の年商の1割割程度の規模であり、今後、伸ばしていきたい。ここで問題を提起します。 1.将来、別会社にして規模を拡大していきたいが、どの位の規模になった場合、分社化できるか。また、どのような手法を用いて分社化するかご教授頂きたい。 2.将来、優秀な営業マンをヘッドハンティングしたい。留意点をご教授願いたい。 ≪回答≫ 現在、後継者であるAは…
  • MMPG小冊子第二弾
    2010.08.09
    第5次医療法改正により創設された基金拠出型法人の数がここにきて大幅に増えています。 改正後も医療法人成りのニーズは高く、新設が可能な「持ち分の定めのない社団医療法人」、中でも上記のように基金拠出型法人に注目が集まっているようです。 http://www.mmpg.gr.jp/sub/books/0000000009.php このような背景で、医業・福祉経営に専門特化した会計事務所集団たるMMPGは、小冊子「医療法人の設立と運営の実務ポイント ~基金拠出型法人を中心として~」を出版しました。 今、事業承継に焦点を当てた小冊子第二弾を作成中です。 相続が起きた場合の診療所の事業承継の手続き Q …
  • 事業承継には10年かかる~相談事例と体験から
    2010.08.02
    「事業承継には10年かかる~相談事例と体験から~」 1.講演報告 過日、興能信金金沢支店が主催する「興能金沢ブロック経済交流会研修会」へ中小企業基盤整備機構北陸支部(以下、中小機構と略します!)の相談員として講演させて頂きました。 日時:2010年7月27日(火)18時30分~ 場所:ニューグランドホテルの「金扇」の間 タイトル:「事業承継には10年かかる~相談事例と体験から~」 2.国から中小企業へのエール 国は、中小企業憲章を定め、中小企業を応援することを閣議決定しました。(2010年6月18日) 憲章の前文は、この文章から始まります。 「中小企業は、経済を牽引する力であり、社会の主役…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30