ブログ

月別アーカイブ: 2011年8月

  • お客様満足と社員満足は会社という車の両輪
    2011.08.29
    お客様満足と社員満足は会社という車の両輪 多くの会社は、お客様第一としています。 坂本光司著「日本でいちばん大切にしたい会社」によれば、素晴らしい会社は、社員とその家族を幸せにすることを第一の使命としています。 なぜでしょうか? お客様を感動させるようなサービスを提供しなければならない社員が、自分の会社に不平・不満を持っているならば、お客様に身体から湧き出るような感動を与えるようなサービスはできないと思います。 所属する組織に対して満足度が高く、帰属意識の高い社員でなければ、お客様が満足するサービスはできません。 うわべだけのニコニコ顔は、目の肥えたお客様には通用しないと思います。 …
  • 「優しくなければ他人の長所を見つけることはできない~辞世の句」
    2011.08.22
    3.辞世の句 吉田松陰先生は人の長所を見出し、その長所を伸長させていきました。 なぜ、人の育成ができたのでしょうか。 私は、人に対する慈愛の心があったからだと思います。 山口県萩市の明倫小学校1年生の第三学期での教室。 毎朝、子供たちは、吉田松陰先生の辞世の句を朗唱します。 「親思うこころにまさる親心 きょうの音ずれ 何ときくらん」 (子供が親を慕う心持ちよりも、親が子を愛する親心は、どれほどまさったものであろう。死ねばならぬ私の便りを知って故郷の両親は、どんなに悲しむだろう) 処刑直前のある日、獄中で両親に永久の別れを告げるべく、辞世の句を書き残しました。 享年30歳という早すぎる自分の死の…
  • 「優しくなければ他人の長所を見つけることはできない~同志としての美点凝視」
    2011.08.15
    2.同志としての美点凝視 人の悲しい習性として、人の欠点ばかりが目につきます。 いくら注意したところで、性癖は簡単には修正できません。 なぜなら、人は自分の意思のみで動き、指示命令で人は動かないからです。 長所を見つけ伸ばしてやれば、人は育ちます。 しかしながら、他人の長所を見つけるのは難しいことです。 いかに、美点凝視できるか、吉田松陰先生の姿勢を参考にしてみます。 「教授は能(あた)はざるも、君等と共に講究せん」。 (私は教授などはできないが、君たちとともに学習していこう!) 教師と生徒としてではなく、共に学ぶ同志としての関係として、彼らの強みや長所を見つけ出し、そこを褒めることで人を伸ば…
  • 「優しくなければ他人の長所を見つけることはできない~ある小学校の朗唱」
    2011.08.08
    「優しくなければ他人の長所を見つけることはできない~ある小学校の朗唱」 私たち会計事務所は、毎月、お客様に出向き、正確な月次データに基づいてお客様の経営成績を解説し、決算対策と納税予測をしております。 毎月の訪問のなかで、我々プロフェッショナルスタッフは、経営者の方と話をします。 聴けば、ほとんどの経営者は、人の問題で悩んでおります。 「人の育て方」の方向性の一つとして、吉田松陰先生の言葉が参考になるのではないでしょうか。 今週よりシリーズで書きたいと思います。 1.ある小学校の朗唱 山口県萩市の明倫小学校では、毎朝、吉田松陰先生の言葉を素読しています。 例えば、3年生三学期は、「長所を伸ばし…
  • ブランドの起源と本質
    2011.08.01
    先日、北國銀行の会で、藤巻幸夫氏の話を拝聴致しました。 講演会のタイトルは、『全ては顧客視点 いかに考え、いかに行動するか』 (ブランドの起源) 「ブランド」とは、放牧されている家畜の焼き印から生まれた言葉であり、中世の北欧民族の言葉「brander」(焼き印を押す人)から派生したと言われています。 牧畜家は、自分の家畜であるという所有の印として、家畜に焼き印を押していました。 家畜の焼き印を見れば誰の所有なのかがすぐに分かるからです。 このように、「ブランド」は、誰にとっても分かり易い識別するという意味があります。 (ブランドの三要素) 藤巻幸夫氏は、ブランド作りには、次の3要素が不可欠とい…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30