ブログ

月別アーカイブ: 2016年3月

  • マンネリとルーティン
    2016.03.27
    朝礼時、「職場の教養」を活用しております。テーマは「工夫して、マンネリにならないように!」というようなものでした。 マンネリをポジティブにしたものがルーティンや習慣であり、日常繰り返すものが全て悪ではないというようなコメントを致しました。 ルーティン。起きてから寝るまで皆様、何らかのルーティンがあるでしょう。ある人は集中するまで、カバンの中身を整理するなど。私にもあります。 マンネリにならないよう無理して工夫する必要もなく、ルーティンを確立していくなかで生活の質が高まっていく。そんな感じでしょうか。 2016年。複数のルーティンを確立しつつ、5月に46歳となります。。。…
  • 「ハワイM&A国際会議」<320>
    2016.03.25
    17日~23日の間、ホノルル(ヒルトン・ハワイアン・ビレッジワイキキビーチリゾート)に日本各地から235事務所、350名がM&Aの研修に集まった。   日本M&A協会には661名の会計人等が加入している。 2015年2月現在の11か月間受託件数は244件、成約件数は65件の実績を挙げている。   日本の中堅中小企業で後継者不在企業は66%(3分の2)もある。 M&Aは事業承継型(社長40歳が譲渡先を決める事例もある)、業界再編型(事前に業界動向を掴むため)があり、 最近では成長戦略型(年商30億円を50億円にするため…
  • 会社説明会 2016
    2016.03.20
    4月1日(金)、5月11日(水)、6月1日(水)。 10:00から、当社3F研修室にて、会社説明会を実施します。 マイナビでのエントリー約30名の方々を中心にお迎えしようと思っております。 冒頭の数十分、当社や会計業界の今後についてお話します。 先輩の話も聴けるよう調整中です。  …
  • ふるさと納税体験談 平成27年分
    2016.03.13
    平成27年分のふるさと納税。 昨年、「ふるさとチョイス」(下記ホームページアドレス参照)にて、実際にクレジットカードにて支払を行い、先ずは、少額を寄付してみた。 http://www.furusato-tax.jp/ お米、コーヒー、ラーメンなど普段食しているものをチョイス。 有難く頂戴しました。 所得税の計算について、寄付金控除は、税額控除方式ではなく、所得控除方式を選択(年間の寄付金-2,000円)。   住民税の計算は、基本控除額(10%)に加えて、ふるさと納税の場合に限り、さらに特例控除額があります。この特別控除がとても節税効果が大き…
  • 「碁苦楽会に初めて参加して」<319>
    2016.03.15
    囲碁は年齢・性別・国籍・職業・肩書(身分)を問わないのが魅力である。 対局を通しての出会いが「一期一会」で、和が広がる。   3月6日~7日に芦原温泉「灰屋」で開催された第13回「碁苦楽会」に初参加する。   碁苦楽会は2011年5月に発足した、初代会長の兵頭俊一氏(兵庫県)が主宰する囲碁の会。   兵頭先生との出会いは平成26年11月に中国蘇州市で開催された第4回日韓中姉妹都市親善囲碁交流会だ。 兵頭先生はその交流会に初参加した大阪府池田市チームの副団長で参加されていた。 3都市の強豪を相手に三勝した…
  • 震災後初の朝礼
    2016.03.06
    日本経済新聞の「私の履歴書」。現在、アイリスオーヤマの大山健太郎社長の履歴書が連載されています。 第一回のタイトルが「震災後の朝礼」。アイリスオーヤマは、生活必需品を製造販売する会社です。本社は震災の被害地である宮城県内。 東日本大震災後翌週の月曜日(2011.3.14)の朝礼で大山社長は社員にこう語りかけた。 「家族が心配だろう。しかし私たちの商品を出荷することが東北の復興になる。企業には企業しかできない役割がある。未来を見すえ、前に進むことだ。人を出せない代わりに3億円を寄付する。皆は東北のためにここにとどまって仕事をしてほしい」 これを読んだとき、背中に電流が走り…
  • 「老後破産~長寿という悪夢」<318>
    2016.03.05
    「NHKスペシャル」番組で2006年に「ワーキングプア」、2013年に「認知症800万人時代~助けてと言えない認知症高齢者」、続いて2014年に「老人漂流社会~老後破産の現実」が放送された。 その「老後破産」が書籍化されたので購読してみた。 1人暮らしの高齢者が600万人に迫る中、年収が生活保護水準を下回る人はおよそ半数。 このうち生活保護を受けている人は70万人。 残る人たちの中には預貯金など十分な蓄えがある人もいるが、それを除くと、ざっと200万人余のひとり暮らしの高齢者は生活保護を受けずに年金だけでギリギリの生活を続けているが、病気になったり介護が必要になったりすると、と…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30