ブログ

月別アーカイブ: 2016年5月

  • 爾霊山(203高地)来訪 2016年
    2016.05.29
    異業種交流STLOWS倶楽部の中国大連市視察の一環として、旅順203高地を訪れました。かの地、旅順はまさに司馬遼太郎が描いた「坂の上の雲」世界そのもの。 同じ長州藩の乃木希典氏と児玉源太郎氏とのやり取りが聴こえてくるようでした。 児玉氏が乃木氏の代わりに203高地を制圧。かの有名な言葉「旅順港は、見下ろせるか」で、ロシアの軍艦を壊滅することに成功したのであった。 多くの日本人の死に手を合わせつつ、児玉氏のとった203高地への兵力の集中は、ランチェスター経営戦略論にも通ずるなとも思いました。…
  • 「グラッサー博士の選択理論」<326>
    2016.05.25
    3か月前に購入した標題の書籍(発行:アチーブメント出版、575ページ)に目を通した。   著者のウィリアム・グラッサー博士は1925年に米国オハイオ州生まれ、2013年に88歳で逝去された。 精神医療の新しいアプローチ「現実療法」で広く影響を与えると共に、精神科医学博士として幅広く活躍した。 公教育に関心を持ち、教育で上質の追求をする改革を試み、「クオリティ・スクール」を著した。 現在、そのクオリティ・スクールの取り組みは全米で200校を越えている。   選択理論とは…   すべての行動は自らの選択であ…
  • 大連視察(STLOWS倶楽部2016年)
    2016.05.22
    今月の21日(土)より、異業種交流STLOWS倶楽部の海外視察として、3回目となる中国大連市へ視察に行っております。前回は、2010年9月22日(水)~25日(土)とその前は、2008年8月27日(水)~30日(土)。 今回の視察の主催は、NPO法人日本海国際交流センター。参加名簿を拝見すると、30名を超える多彩な顔ぶれがあり、交流を深めていきたいと思います。(旅はどこに行くかより誰と行くかが旅の醍醐味である。STLOWS会員自体の参加は5名。) 中国の景気減退の現状を現地で確認していきたいと思います。…
  • 会社説明会2016年 雑感
    2016.05.15
    5月11日(水)10時より、当社3F会議室にて、学生8名を前に、第二回の会社説明会を開催した。8名の内訳は女性7名、男性1名。マイナビの知名度の大きさ、学生を集める吸引力、底力に感嘆する。 先ずは、当社を紹介するにあたり、DVDを流す。2012年12月23日(日)11時24分~30分にTVでオンエアされたものだ。提供はSMBC日興証券金沢支店、企画はMRO、制作はメッセージ社。 内容は、私のインタビューを通して、当社の簡単な紹介をするといったものだが、紙や写真を凌駕する動画の伝える威力を改めて確認する。 次に、私から会計事務所の将来について簡単に解説するつもりであったが、人口…
  • 「医業経営コンサルタントの心得」<325>
    2016.05.15
    5月11日にホテル日航金沢で、(公社)日本医業経営コンサルタント協会石川県支部主催の「医業経営セミナー」が開催され標題のテーマで講演した。   講演骨子は次の通り。 1、(公社)日本医業経営コンサルタント協会について   (1)医業経営コンサルタントの創設と協会の経緯   創立(社団法人)…平成2年11月1日   第13回学会金沢大会…平成21年6月   公益社団法人へ移行…平成24年4月1日   地域研究交流会(石川県)…平成27年1月 &n…
  • 節目のタイミング~誕生日2016年
    2016.05.08
    誕生日の5月5日(木)、46歳となりました。 当税理士法人では、社員全員の寄せ書き入りのバースデーカードを該当者に朝礼時に渡すことにしています。毎年のポジティブなルーティン行事です。 いつも、わたくしがプレゼンテーターとして、渡しているのですが、私の場合、いつも会長から頂いています。そのカードには、 私への期待やメッセージ、中には褒め言葉が載っております。改めて、たくさんの人に支えて頂いているな~と思います。ありがとうございます!すでに習慣化している3年日誌を読み返すと、5月5日の誕生日に関し、感謝のルーティンが繰り返されています。 誕生日は、私の大事な節目の一つです。節目の時に、私…
  • 「井山裕太囲碁棋士が全七冠同時制覇」<324>
    2016.05.05
    人工知能「アルファ碁」が、3月9日~15日に韓国の世界トッププロ棋士「イ・セドル氏」と相まみえた五番勝負は、イ・セドル氏が第四局で一矢を報いたものの、4勝1敗でアルファ碁の圧勝に終わった。 アルファ碁は2015年10月の時点で、3000万局の自己対局をこなしたという。 地球上にプロ棋士が1000人いるとして、毎日対局したとしても一年当たり約20万局だから、その150年分にあたる。 今後は、コンピュータとプロ棋士の組合わせが生み出すイノベーションへと焦点が移るだろう。 この深層学習(ディープ・ラーニング)はビジネスにも応用される方向だ。   …
  • 全員で同じノートを共有する意味について
    2016.05.01
    数年前から皆で同じノートを共有しています。 目標完了への思考のプロセス、原因と結果の関係を記しておけば、それはそれは立派な知的資産。 仕事が出来る方ほど、段取り(やるべきこと)を書きだしており、それを着実に実行しています。こういう進捗状況を上司・部下間で共有したい。そんな意図を込めて同じノートを共有しました。 五里霧中のスタッフには、それなりの苦悩がノートに反映されるはず。目標完了しているスタッフには、それなりの成功の軌跡が記されているはず。皆の苦悩や栄光の状態を記してほしい。結果に至る原因の記録がこのノートの意義。ここらへんの意図をくみ取ってほしい。そんな願いにも似た意図を…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30