宝在心

カテゴリーアーカイブ: 宝在心

  • ダイレクト納税元年 2020
    2020.11.22
    経済の大きな流れや方向性を見失うと、どんなに努力しても上手くいかない。 IT化の流れもその一つ。 納税において、キャッシュレス化の大きな流れが来ております。 国税庁では、令和7年(2025)までに40%のキャッシュレス納付を実現したいとしております。   また、コロナウィルス感染症拡大に伴い、金融機関の窓口に行く必要がないこともキャッシュレス納付推進の追い風となろうかと思います。 ただ、総務や経理方にとって、金融機関の窓口に行くことは、同時にランチを外にいく機会でもあり、ささやかなエンターテイメントの機会を奪うこととなるかもしれません。 &n…
  • 特殊ノート 2020
    2020.11.15
    今回は、私の業務用の特殊ノートである「ランクアップノート」について、書きたいと思います。   業務用が主ですが、税理士会や個人活動に至るまですべての企画や行動が記述されています。 私は、お金については公私混同を避けていますが、時間については公私を分けていません。 ずっと経営について思考していることもありますが、土日も休日も関係なく、このノートに思いついたことやらなんやらを記載しています。   朝、起床して1番にすることは、この特殊ノートで「今日何をすべきか」優先順位をつけることから始まります。(3年日誌もつけています) このノートは…
  • ゴルフコンペ 2020秋の陣
    2020.11.08
    今年、夏の陣(8月23日)に続き、一部の提携先も招いて総勢21名のゴルフコンペ秋の陣を開催致しました。 場所は、白山カントリー倶楽部松風コース。 雨の予報にもかかわらず、快晴の天気に恵まれ、18ホール完遂致しました。   ただ、21名中、ベスグロが96とスコアは低調でして、私と木村会長が同スコア(97)で、同ネットという結果でした。 来年も、提携先の輪を徐々に拡げていき、懇親の機会としたいと思います。    …
  • 年賀状廃止の動向 2020
    2020.11.01
    一部の取引先から「年賀状取りやめのお知らせ」が届いております。 理由としては、「地球環境の更なる配慮」や「デジタル化の推進」、「働き方改革」や「新型コロナウィルス感染症」を機に廃止したいなど様々な理由が記述されております。 「虚礼廃止」という観点もあるのでしょう。   さて、当社でも先日の会議で、原則、「社員宛て」及び「社員間」の年賀状は廃止致しました。   また、通例では、年賀状に社員全員の集合写真を記載しておりましたが、感染リスク防止の観点から、集合写真の撮影を中止といたしました。 2021年新春の年賀状には、集合写真ではなく、…
  • コロナ禍の中のM&A 2020
    2020.10.25
    コロナ禍の中のM&Aが活況を呈している。 今年の10月から施行されている中小企業庁の中小企業成長促進法も追い風であろう。 この正式名称は、「中小企業の事業承継の促進のための中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律等の一部を改正する法律」という。 長い。 要は、国を挙げて承継を促進するということだ。 承継時の経営者保証も条件次第では外すという画期的な法律です。   主要提携先である株式会社日本M&Aセンターの株価も好調で、時価総額が先日1兆円を超えた。 猛烈なバリューアップである。 会計人の集まりである日本M&…
  • WEB配信元年 2020
    2020.10.18
    新型コロナウィルス感染症拡大の副産物といえば、WEBによるコミュニケーションの機会が増えたことだと思います。 会議がすべてWEB。 ZOOMやチームス、WEB-EXなど遠隔コミュニケーションツールの活用により、便利さを感じております。 どこが便利か。 会場への移動を伴わない。 全く動かない。瞬間移動ができる。 その点に尽きます。 ただ、熱量が伝わらない。 懇親会の時の「三密状態」のコミュニケーションによるあの熱さや笑いは無理です。     今回、お客様の同意を条件にメールアドレスを頂き、お客様向けの動画配信を…
  • 金融懇話会 2020
    2020.10.11
    毎年、北陸税理士会の中小企業支援対策部が中心となって、北陸三県の金融機関と税理士会の執行部と意見交換する機会を設け、「地域金融機関等との金融懇話会」を企画しております。 例えば、石川県の参加金融機関は以下の通り。 石川県信用保証協会、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫、北國銀行、北陸銀行、福井銀行、4つの信用金庫(金沢・はくさん・のと共栄・興能)、金沢中央信用組合。   今回の金融懇話会のテーマは、「コロナ禍の中の金融機関と税理士会の役割」です。 金融庁が令和2年8月に「令和2事務年度 金融行政方針~コロナと戦い、コロナ後の新しい社会を築く~」を公表しま…
  • 公益社団法人 日本医業経営コンサルタント協会 創立30周年記念寄稿案 2020
    2020.10.04
    過日、「公益社団法人 日本医業経営コンサルタント協会 創立30周年記念誌」の寄稿依頼が来ておりました。 本来ならば、記念式典及び祝賀会開催を予定していたところ、今回の新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、中止となり、その代替として記念誌作成となったということです。 当社は、認定登録医業経営コンサルタント法人として登録しておりますので、法人コンサルタントとしての立場で書いてみました。   「創立30周年に寄せて ~ 医業経営コンサルタントの礎を築いた30年」   この度は、創立30周年をお迎えになられたこと、心より祝意申し上げます。 平…
  • 第47期事業発展計画発表大会 2020
    2020.09.27
    昨日、第47期事業発展計画発表大会で木村経営グループの方針を確認しました。そして、全社員が、過去の振り返りと未来の挑戦を宣言しました。 平成26年の税理士法人設立を機に、9月末決算と致し、おかげさまで、今年の10月1日より、税理士法人は第7期目(グループは47期へ)となります。 また、第9次5か年計画最終年度でもあり、区切りの年でもあります。   来期の第48期(2021.10~)からは、第10次3か年計画が始動します。 なお、第45回の発表大会から、コンピューターの画面ではなく、実際の計画書を配布して実施しております。 その代替として、早期の事前…
  • 赤めだか 2020
    2020.09.20
    過日、安宅和人氏の「イシューから始めよ~知的生活のシンプルな本質」を再読していると、立川談春氏のエッセー「赤めだか」を紹介していたので、早速読んでみる。   読むと、間違いなく、秀逸のエッセー集であった。 師匠の故立川談志の弟子入りから真打昇進に至るまでの過程が面白い。   落語の世界は、師匠がすべて。 基準は法律でもどんなルールでもない。 師匠も人間だから、判断に整合性もなく感情もあり、矛盾だらけ。   ただ、辞めていく弟子が相当数いるなか、最後までついてきた人間に対しては、愛情をもって接する。 師匠が…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30