宝在心

カテゴリーアーカイブ: 宝在心

  • 2020年 金剣宮参拝
    2020.01.12
    新年明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い申し上げます。 1月6日(月)、創業の地である白山市の金剣宮で参拝いたしました。 8時20分からの参拝で清々しい気持ちとなりました。 今年も皆で二拝二拍手一礼をし、心ひとつにしていこうと決意しました。 末筆ながら、皆様がいつまでもお元気でありますように、心から祈念しております。…
  • 2020年 新年ご挨拶
    2020.01.05
    新年明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 年末年始で再読した本を紹介したいと思います。   1.「熔ける~大王製紙前会長井川意高の懺悔録」 井川意高 人間の業の客観視が爽やかな読後感を与えてくれた。オスカーワイルドの言葉を想起する。「人間を善と悪で区分けするのは愚かなことだ。人間は魅力的か退屈かのどちらかである。」   2.「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」 杉本宏之 お金の執着から諦念までの過程が興味深い。1万円の印刷原価が23円。造幣局から外に出た瞬間、1万円に…
  • 今年のルーティン 2019
    2019.12.29
    2019年を振り返りますと、いつものルーティンを繰り返したなと思います。   1月の金剣宮参拝、年始挨拶、曼荼羅シート発表会、2月の個人所得税の繁忙期、3月の確定申告打ち上げ、4月の中間目標結果発表大会、所得税振替納税、5月の法人所得税の繁忙期、6月の事業発展計画研究大会(和倉温泉宿泊)、7-8月の事業計画作成(予算作成そして個人予算への落とし込み)、9月の事業発展計画発表大会、10月-11月のグループ3社の会社申告(9月決算)作成及び株主総会、そして、12月の年末挨拶(山中温泉宿泊)、忘年会、大掃除。   今年もありがとうございます…
  • 忘年会 2019
    2019.12.22
    2019年、令和最初の忘年会の場所は、「鶴仙渓」の川沿いに佇むRoyal Hotel 山中温泉河鹿荘。金沢の会社から高速道路を使って約70分の場所にあります。 今年度の忘年会から、今年の成績優秀者に対する表彰を行うこととしました。 1.生産高(予算達成) 3名該当 2.拡大貢献者 2名該当 3.委員会活動 リスマネ委員会・IT委員会 4.新人賞 該当なし(惜しい1名には労いの言葉) …
  • 電子申請の導入と認定支援機関の淘汰
    2019.12.15
      1.認定支援機関制度導入 2012年、現在の「中小企業等経営強化法」が施行され、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関(以下、認定支援機関と略します)を認定する制度が創設されました。   2.中小企業支援の担い手としての税理士 令和元年8月末時点(第58号認定まで)の認定支援機関の登録数は34,140。 そのうち、税理士が22,964、税理士法人が3,142と認定支援機関の3/4を税理士及び税理士法人が担っています。   3.認定支援機関の更新制度 2018年7月から、認定支援機関の支…
  • TKC三共済制度研修講師 2019
    2019.12.08
    今年(2019年)、TKC北陸会共済制度等委員長を拝命致しました。 「巡回監査レベルアップ講座2019(三共済制度研修)」を企画し、先ずは委員長が範を示すことが大事なことから、石川県の研修講師を務めました。 当社の2019年入社組5名を含めると17名の参加を頂きました。   小規模企業共済の二段階加入について、受講者から反応がありました。 (1 老齢給付による解約給付) 先ずは、共済事由(解約する理由)のBに該当する老齢給付(65歳以上で15年以上掛け金払込み)にて一旦解約します。一括で共済金を受け取る場合は、退職所得となります。 15年(1…
  • 株主総会 2019
    2019.12.02
    過日、木村経営グループ3法人の株主(社員)総会が開催された。 3法人とは、以下の通り。 税理士法人 木村経営ブレーン 株式会社 木村経営ブレーン 株式会社 木村事業承継ブレーン   その中の一社である株式会社木村事業承継ブレーンの新役員人事が承認された。 取締役本部長 税理士 川水 信昭氏。 専任役員として、事業承継提案やM&A業務に従事致します。   株式会社木村事業承継ブレーンは、上場会社2社と提携している。 ・株式会社 日本M&Aセンター ・株式会社 青山財産ネットワークス …
  • 年末雑感 2019
    2019.11.24
    あっという間に師走です。 お客様の年末挨拶も始まり、年賀状を準備する季節となりました。今年もお客様や社員の家族の皆様に一言書こうと思います。これまでに確立した数々のルーティンを毎日毎日これからも繰り返していきたいと思います。 2019年を振り返りますと、北陸税理士会の中小企業支援対策部長としての活動やTKC北陸とくに10月の秋期大学開催など充実した年でした。 2020年は45周年記念旅行などのイベントがあり、楽しみもあります。…
  • 石川県商工労働部の取組と報告 2019
    2019.11.17
    過日、石川県商工労働部の取組みと報告を聴く機会を頂いた。 先ずは、求人難を実感している事業主の皆様に対して納得のいく統計を頂いた。 令和元年9月時点で求人倍率が2倍。全国3位というのだ。(2018年平均の三大都市圏1.67倍と比しても高水準) 今後、益々限られた人手で生産性を向上させる体制構築が必要と考えられます。   次に、法人向け事業承継税制の活用状況が報告された。 事業承継税制の活用には、事前に県に確認申請が必要である。 その特例承継計画の担い手に税理士が堂々の1位にランクイン。 税理士が6割超と中小企業支援の担い手である証左の結…
  • 税理士連携短期継続保証制度の普及促進について
    2019.11.10
    税理士が資金繰り支援できるように、信用保証協会及び金融機関と連携している保証制度が存在します。 その制度とは、税理士連携短期継続保証制度。 北陸税理士会と北陸三県の信用保証協会との提携関係を基に2018年4月から運用している制度です。 保証限度額は3,000万円。(現在、5,000万円に限度枠拡大を要望中) 手形貸付金方式で保証期間は1年以内であるものの、借換を条件に最長5年間継続できることから、疑似資本的な資金が調達できることが大きな特徴となっております。なお、5年経過以降は分割返済に移行するなど資金繰り相談しましょう。   北陸税理士会の会員が…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30