宝在心

カテゴリーアーカイブ: 宝在心

  • 雑誌をアイパッドで読む嗜み
    2016.08.07
    最近、月額数百円で主要週刊誌がWEBで読めるサービス「dマガジン」を利用しております。 このサービスは、「週刊文春」から「週刊ダイヤモンド」まで多種多様な雑誌があり、空き時間があれば、アイパッドを用いて読んでおります。 従前から、WEB版の日本経済新聞を購読しており、この度、「dマガジン」が追加された次第。…
  • 平成28年度中央大学学員会
    2016.07.31
    今年の中央大学学員会石川支部の学術講演会も、一般の方に公開されました。そのためか、100名を超える方に聴講いただきました。 講師は、メディアでも活躍している野村修也先生。テーマは、「FinTech(フィンテック)とは何か-暮らしを変える金融技術の最前線-」。懇親会にも参加いただき、フランクにお話いただきました。 懇親会の最後は、90人が輪になり肩を組んで「惜別の歌」を合唱。この一体感を毎回体感すると、事務局冥利に尽きます。 蛇足ながら、中央大学学員会石川県支部の旗をお預かりしているのですが、何度も持参を忘れそうになり、当日、用意できてホッと致しました。(校歌のCDもなんとか用…
  • 中央大学学員会石川県支部2016年最新動向
    2016.07.24
    7月30日(土)、中央大学学員会石川支部の総会、懇親会が金沢東急ホテル5階にて、実施されます。 今年の学術講演会講師は、メディアでも活躍している野村修也先生。 テーマは、「FinTech(フィンテック)とは何か-暮らしを変える金融技術の最前線-」です。先輩方にもわかりやすく好評なので、期待しております。 石川県支部の事務局を預かってはや数年。1400名超の同窓メンバーに郵送して返送されるのは200名超。参加が100名弱。最近は、知り合いの横展開でとくに若い方のメンバーも増加しております。…
  • 承継相談あるある
    2016.07.18
    事業承継相談の現場で、とくに財産権の承継でよくある誤解があります。 自社株と会社への貸付(会社からすると借入金)は、相続財産の対象外という誤解。自社株式と会社への貸付金は、もちろん、相続財産の対象です。 経営者の方に聴いてみると、創業の時に出資しているので、随分昔のことだから、忘れているという方が半分。覚えているけれども、返済を期待していない(会社からすると、返済義務がないので、負債ではなく、資本・純資産であるのだが!)ので、寄付している感覚という方が半分くらいだろうか。 ところで、この誤解をなぜ会計事務所のような専門家が放置しているのかを考察してみました。結論はこうです。会…
  • 知的体育会系
    2016.07.17
    先日、第43回TKC全国役員大会全体研修会において、野中郁次郎教授の講演を拝聴する。 前日のゆずのゲリラライブ(生で栄光の架け橋を聴きました!)と同じくらい、感銘を受けた次第。 まず、経営者の思いや信念があります。全てはここから始まります。経営者の思いや信念は、「私はこう信ずる」という1人称の世界。 次は、役員、幹部、社員に伝える二人称の世界へと場所を移す。ここが重要で、キーワードは共感。「そうだー、これだー」と社員全員で共有できたとき、次のステージである仕組みへとつながる。伝える場所は、会議室なのか、移動中の車の中なのか。講演を聴いて改めて思い知ったのは、「計画書読んどいて…
  • 落語から学んだこと
    2016.07.10
    税理士法人木村経営ブレーンの設立が平成26年(2014年)10月ですから、もうすぐ第二期が終了しようとしています。また、ホームページが昨年(2015年)の6月に完成し、リニューアルしてはや1年が過ぎようとしています。月日の経つのは早いというのが素直な実感です。 さて、2016年7月9日号の週刊ダイヤモンドで特集が組まれているように、落語に再び注目が集まっているようです。 私の好きな落語家は、古今亭志ん生(1890-1973年)。師匠の落語は、専ら移動中の車の中で聴いてます。師匠の本からも人生の大事なことを学びました。 ①「びんぼう自慢」(酒もゴルフも全て人の角を丸くするための…
  • 永年勤続表彰
    2016.07.03
    過日、北陸税理士会金沢支部定期総会(第36回)にて、従業員永年勤続表彰を頂く。当社幹部のN氏は20年表彰、T氏は10年表彰である。(写真は、寺田支部長から表彰を受けているT氏) これからも宜しくお願い致します。  …
  • マーケティング手法を学ぶ
    2016.06.26
    過日、静岡県立大学の岩崎邦彦教授の講演を聴く機会を頂き、早速、著作3冊を拝読。 小が大を超えるには、尖るしかない。漢字が戦略を教えてくれる。小が大の上と書いて、「尖」る。 ホースの水を勢いよく放出するには先端を絞る。 これからは、商品やサービスを絞り、強みを尖らせていく。今回の教えを事業計画に反映していきたい。こう素直に感じた次第です。  …
  • 短期的には無駄なことを続けることができますか?
    2016.06.19
    自創経営導入してから数年。 ランクアップノートを社員全員に渡し、月間目標・週間目標、身につけたい習慣をチェックして頂いております。 先日、賞与面談の折、全員のノートを確認したところ、チラホラ記入が不完全な方も散見された。 聴けば、月間と週間の記入が二度手間だから書かないという方も複数いた。無駄だからやらないという合理主義は短期的にはなるほど良いでしょう。ただ、長期的には人としても成長しないというのが私の見解です。 月間、週間のやるべきことを書き出して、優先順位をつけて、チェックしていく。基本的にはこれの繰り返しです。確かに二度手間でしょう。 経営者の方に経営計画を…
  • 中央大学学員会石川県支部~総会準備2016
    2016.06.12
    先日、中央大学学員会石川県支部の総会資料を郵送致しました。(写真は、同封の書類) 毎年、卒業生の多い3団体(石川県庁、金沢市役所、北國銀行)がローテーションで総会準備を行うことになっております。 今年は、8名で2時間超の大作業であり、毎年、黙々と封筒づめ→のりづけを繰り返します。 来年からは、宛名シールを印刷してから人力で貼っていた作業をやめて、封筒に直接印刷をしようかと検討しております。さらに、郵送作業自体のアウトソーシングもゆくゆくは考えていかなければと思っております。 今年の総会準備での反省は役員だけの宛名シールを会員とは別に印刷すべきだったこと。というのも、役員…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30