宝在心

カテゴリーアーカイブ: 宝在心

  • 中央大学学員会石川県支部~総会準備2016
    2016.06.12
    先日、中央大学学員会石川県支部の総会資料を郵送致しました。(写真は、同封の書類) 毎年、卒業生の多い3団体(石川県庁、金沢市役所、北國銀行)がローテーションで総会準備を行うことになっております。 今年は、8名で2時間超の大作業であり、毎年、黙々と封筒づめ→のりづけを繰り返します。 来年からは、宛名シールを印刷してから人力で貼っていた作業をやめて、封筒に直接印刷をしようかと検討しております。さらに、郵送作業自体のアウトソーシングもゆくゆくは考えていかなければと思っております。 今年の総会準備での反省は役員だけの宛名シールを会員とは別に印刷すべきだったこと。というのも、役員…
  • リーダーシップを考えてみる
    2016.06.05
    小杉俊哉氏の「リーダーシップ3.0-カリスマから支援者へ」を一読する。バージョン3.0は、「支援者型~トップダウンではなく、個人を支援して能力を引き出す」という意味で用いられています。リーダーシップ論について、かなり整理できました。 私にとって魅力的なリーダーは、司馬遼太郎氏作「坂の上の雲」に登場する大山巌氏その人です。「203高地」の項でこういう記述があります。 「大山巌は、幕末から維新後10年ぐらいにかけて非常な智恵者で通った人物であったが、人の頭に立つにつれ、自分を空しくする訓練を身に着けはじめ、頭の先から足の先まで、茫洋たる風格を作り上げてしまった人物である。」 「私…
  • 爾霊山(203高地)来訪 2016年
    2016.05.29
    異業種交流STLOWS倶楽部の中国大連市視察の一環として、旅順203高地を訪れました。かの地、旅順はまさに司馬遼太郎が描いた「坂の上の雲」世界そのもの。 同じ長州藩の乃木希典氏と児玉源太郎氏とのやり取りが聴こえてくるようでした。 児玉氏が乃木氏の代わりに203高地を制圧。かの有名な言葉「旅順港は、見下ろせるか」で、ロシアの軍艦を壊滅することに成功したのであった。 多くの日本人の死に手を合わせつつ、児玉氏のとった203高地への兵力の集中は、ランチェスター経営戦略論にも通ずるなとも思いました。…
  • 大連視察(STLOWS倶楽部2016年)
    2016.05.22
    今月の21日(土)より、異業種交流STLOWS倶楽部の海外視察として、3回目となる中国大連市へ視察に行っております。前回は、2010年9月22日(水)~25日(土)とその前は、2008年8月27日(水)~30日(土)。 今回の視察の主催は、NPO法人日本海国際交流センター。参加名簿を拝見すると、30名を超える多彩な顔ぶれがあり、交流を深めていきたいと思います。(旅はどこに行くかより誰と行くかが旅の醍醐味である。STLOWS会員自体の参加は5名。) 中国の景気減退の現状を現地で確認していきたいと思います。…
  • 会社説明会2016年 雑感
    2016.05.15
    5月11日(水)10時より、当社3F会議室にて、学生8名を前に、第二回の会社説明会を開催した。8名の内訳は女性7名、男性1名。マイナビの知名度の大きさ、学生を集める吸引力、底力に感嘆する。 先ずは、当社を紹介するにあたり、DVDを流す。2012年12月23日(日)11時24分~30分にTVでオンエアされたものだ。提供はSMBC日興証券金沢支店、企画はMRO、制作はメッセージ社。 内容は、私のインタビューを通して、当社の簡単な紹介をするといったものだが、紙や写真を凌駕する動画の伝える威力を改めて確認する。 次に、私から会計事務所の将来について簡単に解説するつもりであったが、人口…
  • 節目のタイミング~誕生日2016年
    2016.05.08
    誕生日の5月5日(木)、46歳となりました。 当税理士法人では、社員全員の寄せ書き入りのバースデーカードを該当者に朝礼時に渡すことにしています。毎年のポジティブなルーティン行事です。 いつも、わたくしがプレゼンテーターとして、渡しているのですが、私の場合、いつも会長から頂いています。そのカードには、 私への期待やメッセージ、中には褒め言葉が載っております。改めて、たくさんの人に支えて頂いているな~と思います。ありがとうございます!すでに習慣化している3年日誌を読み返すと、5月5日の誕生日に関し、感謝のルーティンが繰り返されています。 誕生日は、私の大事な節目の一つです。節目の時に、私…
  • 全員で同じノートを共有する意味について
    2016.05.01
    数年前から皆で同じノートを共有しています。 目標完了への思考のプロセス、原因と結果の関係を記しておけば、それはそれは立派な知的資産。 仕事が出来る方ほど、段取り(やるべきこと)を書きだしており、それを着実に実行しています。こういう進捗状況を上司・部下間で共有したい。そんな意図を込めて同じノートを共有しました。 五里霧中のスタッフには、それなりの苦悩がノートに反映されるはず。目標完了しているスタッフには、それなりの成功の軌跡が記されているはず。皆の苦悩や栄光の状態を記してほしい。結果に至る原因の記録がこのノートの意義。ここらへんの意図をくみ取ってほしい。そんな願いにも似た意図を…
  • MMPG優秀者表彰2016
    2016.04.24
    先日、MMPG(医療・福祉界の健全発展を目的とした会計事務所の集団)が主催する資格認定試験の優秀者表彰がありました。表彰会場は、東京のホテルイースト21。 左の写真は、当事務所のN氏(平成26年10月1日に設立した税理士法人木村経営ブレーン第一号社員)の表彰シーン。 MMPG川原理事長(私の大学の先輩でもあります)と固く握手を交わすN氏。良い経験になりました。そして、心から誇りに思うぞ! 昨年のT氏に続く、連続表彰となりました。優秀者表彰が彼らの節目となり、どんどん成長していってほしいと席上から祈っていました。    …
  • 半期を振り返り、次の半期を皆が発表する場を共有してみた
    2016.04.17
    当法人の決算期間は、10月1日から9月30日まで。したがって、3月31日は中間決算日であります。昨日の土曜日、半期を振り返り、次の半期を皆が発表する場を共有してみました。(右写真は、私の冒頭の挨拶のときもの) その挨拶の中で、個人の成長と事業発展の方針を改めて確認しました。 皆、誰もが仕事の中に三つの領域を持っています。   ①十分にできている業務分野。この分野は、自分の部下や後輩たちに引き継いでいくべき分野、又は効率化を進めていく領域です。 ②今、自分にとって一番大切な仕事・中心的な業務分野。この分野は自分にしか出来ない領域であり、まだまだ改善していく…
  • 保険提案をロジカルに考えてみた
    2016.04.10
    先日、業界の会合・研修会で保険提案をロジカル(動機×感情×技)に考えてみました。 テーマは、事業承継と後継者への付保提案。 事業承継とは、個人の有限性と法人の継続性(ゴーイングコンサーン)という課題を解決するものと考えております。オーナーが亡くなったら、事業も消滅。そうすると、日本経済も成り立たない。オーナーの死亡、病気、介護に対応するにはどうしたらよいか日々考えているわけすね~。 ただ、オーナーが60歳を超えると、保険料の高負担が問題となります。お金が無尽蔵にあればこの問題が瞬時に解決。ただ、こういう中小企業は皆無。この時、事業承継計画に後継者への付保割合の比重を一気に高め…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30