Blog

遊魚動緑

  • 「新元号・令和と万葉集」<433>

    2019.05.15

    5月4日に、新元号「令和」の考案者との見方が出ている高志の国文学館長・中西進氏の「万葉集とその未来」と題した講演を富山国際会議場で拝聴し、その足で初めて富山市郷土博物館(富山城)や富山市佐藤記念美術館、さらに高志の国文学館を見学した。

     

    「令和」の出典は、奈良時代の日本最古の歌集、万葉集巻五「梅花の歌三十二首」序文。

    「初春令月、気淑風和・・・」

    (初春の令月にして、気淑く風和らぎ・・・)。

     

    この歌群は、天平2年(730年)1月、大宰府で大伴旅人(おおとものたびと)が主催した「梅花の宴」で詠まれました。

    序文は宴の行われた初春の美しい気候を描きながら、これから仲間とともに詩歌を楽しもうとする心を述べたもの。

     

    「令和」の直接の由来となった部分には、和やかでうるわしい初春を迎えた喜びが表れています。

     

    中西氏の講演を聞いたメモからキィーワードを列挙します。

     

    中国の漢文は儒教のテキスト

    天皇一代一元は日本だけになった。

     

    元号は国民の希望として掲げている

     

    アジアの精神・・インドはパトス、中国は善、日本は民族性・エトス

     

    日本は独自の和歌を生む

    和歌は文化を紡ぐ言葉

    令和は和歌の精神

     

    哲学は自然の中にある

    未来の夢に込められたもの

     

    聖徳太子の憲法、「和をもって尊しとなす」は日本の根本精神

     

    大伴旅人の嫡男・大伴家持(おおとものやかもち)は万葉集に最多の473首の歌を残した歌人で、その約半数の223首を国守として赴任(天平18年746年~5年間)した越中(今の富山県)の地で詠まれた。

    富山県とりわけ高岡市は万葉集ゆかりの地と言える。

     

    令和は「梅花の歌三十二首」の序文から考案された。

    この歌群は、天平2年(730)1月、大宰府で大伴旅人が主催した「梅花の宴」で詠まれた。

    旅人は翌年の天平3年に67歳で没している。

     

    嫡男・大伴家持は梅花の宴が行われた当時、13歳頃だった。

     

    家持は平安時代の和歌の名人「三十六歌仙」の一人です。

     

    高志の国文学館で、「大伴家持・生誕1300年記念企画展」が開催されていて、現代を代表する日本画家・洋画家たちが家持の歌をモチーフに描いた絵画を鑑賞した。

     

    元号の文化を感じるひとときでした。

     

     

    写真・・・講演の富山国際会議場と高志の国文学館での大伴家持像

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30