Blog

遊魚動緑

  • 「石川県の地域医療構想」<437>

    2019.06.25

    5月20日に(公社)日本医業経営コンサルタント協会石川県支部の医療経営セミナーを受講した。

    講師は、石川県健康福祉部地域医療推進室の木村慎吾次長。

    題目は「石川県地域医療構想の進捗状況と今後の予定について」。

     

    以下、感想を交えて骨子をご紹介します。

     

    1、将来の目指すべき姿

     

    入院医療(高度急性・急性・回復期・慢性)、訪問看護サービス、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホーム、在宅介護サービス・生活支援・介護予防などの医療・介護サービス提供体制の構築。

     

    2、六年後を目指して回復期は三倍の3,700床、在宅医療等に18,600人を配置。

     

    3、平均寿命(0歳の平均余命)・・2020年で女性約88歳、男性約81歳。

    人生100年時代来る。

     

    4、平均寿命-健康寿命

     

    石川県は81歳-72歳=9歳・・9年間は要介護。

     

    5、介護が必要となる原因は、生活習慣病が31%、老年症候群51%。

     

    6、我々はどう弱ってし まうのだろう。

     

    (1)、要介護疾病モデル・ ・・正常→脳卒中→要介護1~2→骨折→要介護4~5→肺炎→死亡。

     

    (2)、虚弱モデル・・・健康→虚弱→身体機能障害(併存症)→死亡

     

    7、石川県の2018年取り組み

     

    ・県中病院のドクターヘ リ運航開始

    ・がん診療病院が拠点5 病院、協力2、推進8に 。

    ・急性期病院、20病院で 遠隔画像伝送システム

    を更新。

    ・地域医療構想・・・慢 性期から介護医療院等 への転換。

    石川中央では2025年 に向けて、急性期の5 病棟、慢性期の2病棟 が回復期に転換する予 定である。

     

    8、認知症医療対策

     

    認知症のサポート医と認定看護師の養成・確保および施設・設備の整備。

     

    9、訪問診療を受けている患者数。

     

    石川県では約9千人、石川中央では約6千人。

     

    10、県医師会と県の連携。

     

    ・糖尿病の重症化予防。

    ・診療情報共有ネットワ ーク。

    ・在宅医療の推進、認知 症対策。

     

    (むすびに)

     

    高齢化が進む中、医療・在宅介護・看取りの連携が石川県に根付くよう期待し、日本医業経営コンサルタント協会としても協力したい。

     

     

    写真・・・鞍月セントラルパークにて(6/13)。

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30