Blog

遊魚動緑

  • 「礼儀正しさこそ最強の生存戦略である。(シンク・シビリティ)」<450>

    2019.11.05

    当社の木村岳二代表から、表題のビジネス書を紹介された。

     

    著者は日本人では無く、なんとアメリカ人のクリスティーン・ポラスであることにびっくりした。

     

    なぜ、一流のエリートほど不機嫌にならないのか?

     

    ビジネスに効く!

    人間関係も良くなる!

     

    「職場の無礼さ」を20年にわたり研究し「礼節の科学」に集大成した著書が全米で話題になり、日本に初上陸した。

     

    著者のクリスティーン・ポラスの気付きと考え方に学ぼう。

     

    ・皆を不幸にする無礼な上司

    ・無礼な職場では、半分がわざと手を抜く。

    ・礼節は自分も人も幸せにする。

    ・礼節によってなりたい人間になる。

     

    ○、無礼な言動とは。

    1、部下を人前であざける、軽く扱う。

    2、部下の仕事ぶりを常に過小評価し、自分の組織の中での地位は低いと思い込ませる。

    3、部下を心が傷つくほどひどくからかう。

    4、成功した時の手柄は自分のものにするが、何か問題が生じた時には他人のせいにする。

     

    ○、礼節が悪化し続ける本当の理由とは、無知が人を無礼にすることである。

     

    ○、無礼な人がもたらす5つの費用。

     

    1、無礼な人は同僚の健康を害する。

    2、無礼な人は会社に損害をもたらす。

    3、無礼な人はまわりの思考能力を下げる。

    4、無礼な人はまわりの認知能力を下げる。

    5、無礼な人はまわりを攻撃的にする。

     

    ○、礼節がもたらすメリット。

     

    「個人編」

    1、仕事が得やすい。

    2、幅広い人脈が築ける。

    3、出世の可能性が高まる。

     

    「組織編」

    1、礼節のある上司のチームは高い業績をあげる。

    2、礼節ある経営者は従業員に安心感を与える。

     

    ○、無礼は無礼を生み、礼節は礼節を生む。

     

    実力ある無礼な人への対処法・・・職場環境から「無礼さのウイルス」を排除する。

     

    ○、自分を大切にすることも必要。

    運動、睡眠、栄養を十分に取ることで態度は改善され、他者との関係もより良いものになる。

     

    ○、礼節ある人が守る3つの原則。

     

    1、礼節ある人は笑顔を絶やさない。

    2、礼節ある人は相手を尊重する。

    3、礼節ある人は人の話に耳を傾ける。

     

    ○、ワンランク上の礼節を身に付けるための5つの心得。

     

    1、与える人になる。

    2、成果を共有する。

    3、褒め上手な人になる。

    4、フィードバック上手になる。

    5、意義を共有する。

     

    ○、会議中にスマートフォンをチェックする。

     

    誰かと会って話をする時は、ノートパソコンやスマートフォンは脇に置こう。

    目の前にいる人との話を最優先している姿勢を示そう。

    古いやり方に戻り、会議中のメモも紙とペンで取るようにする。

    そうすると、相手の言うことを忘れないようにしたいという気持ちが伝わり、相手を尊重していることも伝わる。

    尊重されるのは誰にとっても嬉しいことである。

     

    ○、その社員がいかに優秀でも、態度が悪ければ手加減してはいけない。

    また、顧客や供給業者など、社外の人間が社員に無礼な態度を取ることも許してはいけない。

     

     

    自分をどういう人間にするのか、私たちはそれを選ぶことができる。

    良くなろうと決意すればいつでもできるのだ。

     

     

    写真・・・著書「シンク・シビリティ」。

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30