Blog

遊魚動緑

  • 「NPO法人日本海国際交流センター、20周年迎える」<497>

    2021.02.25

    18日、金沢流通会館でNPO法人日本海国際交流センターの第20回通常総会が開催された。

     

    当法人は2000年6月に設立され、国際交流を目的に産官学の連携のもとに、現在は中国・大連との相互交流を深め、教育・文化・経済の各分野で活発な交流を続けている。

     

    会員数は個人46名、法人98社、アルプグループ305名の449会員。

     

    理事長は古賀克己氏。

    古賀理事長はこれまで大連に184回訪問されている。

     

    私は設立以来、監事を務めている。

     

    20周年の節目にあたり、大連市中日友好協会の千建軍会長と大連工業大学外国語学院長・劉愛君教授のビデオメッセージが披露された。

     

    総会の開会にあたり、古賀理事長より「私の中国観」の講演があった。

     

    その骨子を列挙します。

     

    ・中国の20年昔は、怖い国・汚い国・貧しい国と言われていたが、今はフレンドリーな国・綺麗な国・世界二位の経済大国になった。

     

    ・新型コロナウイルスのパンデミックが起きた武漢市は、人口1,120万人。

    政府は武漢をロックダウンし、医療従事者を全国から42,000人集め、一日で病棟を建設した。

    政策は「人権は制限しても人命最優先」で即決即行。

    中国の感染者数は10万人、死亡者数は4,800人と発表されている。

    日本は感染者数42万人、死亡者数7,200人。

     

    ・ワクチンは中国自国で作り、52か国に輸出している。

     

    ・香港デモは民主化運動と謳っているが、実態は独立運動で暴徒化している。

     

    ・日中友好は「民をもって官を動かす」。

     

    ・2012年に就任した習近平国家主席は汚職対策を徹底し5万人を拘束した。

    役人の黒塗り自動車は減った。

     

    覇権国家ではなく、世界と協調して平和的発展を目指している。

     

    ・昔は憲法の上に共産党があったが、今は憲法の下に共産党がある。

     

    ・中央政府は国民のためにある。

    3万人の満足度調査で93%が満足。

    14億人の国民を統治するには権力だけでは無理。

    習近平は少数民族を回って対話している。

     

    ・共産党の他に野党は八党存在する。国民党は民主化運動をしている。

     

    ・今の大連市長は49歳で、6か月公告の後、意見聴取して最後は議会で承認された。

     

    ・中国から日本の観光に1,000万人。

     

    総会の最後に、金沢青年会議所の役員から「日中協働リーダー育成プロジェクト・日中FUNFANサミット」のPRがあった。

     

     

    中国は近隣国であり、日中友好交流を通して親善がさらに広がることを願う。

     

     

    写真・・・日本海国際交流センター通常総会、メンバーズガイドブック。

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30