Blog

遊魚動緑

  • 「東洋医学、ホントのチカラ」<498>

    2021.03.05

    2月27日のNHKで表題番組が放映されたので興味をもって視聴した。
    以下に要点を記述します。

     

    東洋医学の中で特に漢方薬、鍼灸(しんきゅう)、瞑想を取り上げている。

     

    ●漢方薬
    胃腸 舌診 人参養栄湯

     

    ●漢方薬のグループ
    1、瀉剤(しゃざい)…体の余分なものを取り除く
    2、補剤(ほざい)…足りないものを補う
    3、和解剤(わげざい)…体の状態を調整する

     

    ●代表的な補剤(疲労倦怠)
    1、補中益気湯…食欲不振
    2、十全大補湯…免疫細胞が活性化と抑制
    3、人参養栄湯…呼吸器(せき・息切れ)

     

    ●アンチエイジング効果
    十全大補湯が老化を抑制(分子生理学)
    西太后 中国・清の皇帝妃 1835年生まれ 72歳没(当時としては長寿)

     

    ●鍼灸
    ツボ 361の反応点ある
    心に効くツボ 足にある…パニック症候群を治す
    西洋医学との併用治療

     

    ●太極拳
    呼吸法 深い呼吸
    健康長寿…免疫反応ワクチン効果(24%増)
    ゆっくりとした呼吸としなやかな動きが体に良い
    太極拳の達人…呼吸が普段一分間に7回、太極拳すると4回になる
    普通の人は17回
    緊張が緩んで柔らかな呼吸になる

     

    ●脳の麻痺
    リハビリ→鍼灸治療
    足三里や風池のツボ
    脳に刺激 痛みの感覚を正常に戻す

     

    ●瞑想
    集中力アップ ストレスケア
    マインドフルネス→脳の働きを改善
    素直に呼吸を感じる
    雑念が浮かんだら意識を呼吸に戻す
    ヨーガセラピーと通ずる

     

    ●アーユルヴェーダ(乾布摩擦)
    インド伝統医学
    ガルシャナ(絹布で摩擦)
    血管やリンバを刺激
    就寝前の乾布摩擦→睡眠が改善
    認知機能の改善
    注意力の改善→脳の血流アップ

     

    ●HP
    東洋医学のセルフケア
    www.nhk.or.jp/kenko/special/toyo/sp_1.html

     

    コロナに負けない心と体をつくるため、東洋医学で健康長寿を得られればそれにこしたことはない。

     

     

    写真・・・2/14、囲碁道場・白山クラブの高林共平師範からいただいた「雲南サクラソウ」。

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30