Blog

遊魚動緑

  • 「碁盤挟んで国際交流」<507>

    2021.06.09

    9日の北國新聞夕刊コラム「舞台」に表題の記事が掲載された。

     

    金沢市の姉妹都市である中国・蘇州市、韓国・全州市との、囲碁を通じた交流が続いています。

    昨年に続き今年も新型コロナの影響で延期になりましたが3市の団体が毎年持ち回りでそれぞれの市を訪れ、対局してきました。

    囲碁はルールがシンプルで、変幻自在。

    国籍、年齢、性別、肩書、棋力を超えて楽しめるのが魅力です。

    人間形成や大局観を養うことにもつながり、世界中に愛好者がいます。

    最近では、中学生プロの仲邑菫二段に注目が集まり、囲碁人気が高まるのではないかと期待しております。

    感染防止のため、碁盤を挟んで向かい合う機会が減り、インターネットで楽しむ人も増えていますが、やはり相手の息づかいを感じながら打つのが囲碁の醍醐味です。

    コロナが早く収束し、姉妹都市との交流が再開されることを願っています。

     

     

    写真・・・北國新聞夕刊記事(6/9)

  • この記事へのコメントを書く



    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30