金沢会計人 のすべての投稿

超高齢化社会の出現と企業の激減そして事業承継

昭和20年(1945年)終戦後、昭和21年(1946年)から出生率が増加する。

復員した元兵士が平和への希望を支えに子供を作りました。

その子供の年齢が現在75歳となり、いわゆる後期高齢者が急増する。

令和3年(2021)から超高齢化社会となります。

 

社会の担い手は、会社(企業)であり、雇用や税金を支払います。

その企業数の減少が加速しています。

2015年の石川県の企業数は45千社であったが、2020年現在の企業数は40千社。

これからの20年後、25千社まで減少することが予想されます。

 

減少の要因には、経営者の超高齢化に伴う廃業にあります。

事業承継は、今や国策であり、事業承継支援の担い手となることは、石川県を救うことになると確信しております。

2021 曼荼羅シート発表会

毎年1月のルーティン行事である曼荼羅(まんだら)シート発表。今年もきっちり実施いたしました。発表時間は一人90秒。

 

40名超の曼荼羅シート。それぞれの個性がばっちり出てしまう。また、何を考えているかもわかり、同じチームとして一緒に仕事をしていくうえでこのうえなく貴重な資料となります。

 

夢を語れと問われた場合、多くの方は自分の願望を書き連ねます。

「お金持ちになりたい」から始まり、自分事のオンパレード。

自分の事しか考えていない場合、皆の協力を得られるとは思えません。

自分の以外の方の夢を叶えるという視点があれば良いと思います。

自分が先ずは与えるということ。

しかも、損得を考えずに。

 

私は、自分以外の事を多く、曼荼羅シートに書いているかを見て、その方の器を判断しています。

自分以外とは、家族や、部下や会社のこと。

そして、地域のこと。

「利他」とは、先ずは与えること。

与えられることを待っている人生よりも、与える方が多い人生は幸せであると思います。

「暴走する温暖化、脱炭素への挑戦」<493>

1/9「NHKスペシャル」を見ました。

未来2100年、地球温暖化を放置した変わり果てた結末を描いている。

生命にかかわる熱中症。

温暖化は2030年に限界の分岐点になる。

大洪水、激しさを増す台風など人類の存在を脅かしている。

 

次世代のために持続可能な世界への大転換が必要。

 

昨年10月に菅総理は「脱炭素社会の実現」を宣言した。

主要な国も「温室効果ガスの排出ゼロ」を宣言。

 

2020年の地球温度は産業革命前(1850年)と比較して1.2度上昇している。

 

80パーセントを氷にとざされたグリーンランドではあちこちに湖ができている。

氷は崩落し。2019年の一年間だけで氷が5320億トン融け観測史上最大値。

 

融けた水が東京23区に流れ込んだとしたらスカイツリーを超え水位800メートルに達する。

 

これだけの量が毎年融けている。

 

また、オーストラリアの山火事でコアラなどの動物が30億匹が犠牲となった。

 

世界の森林火災の面積は、2020

年度で63万平方キロメートル、日本の1.7倍に相当する。

 

シベリアでは昨年38°の異常高温になり数万年の永久凍土が融解が進み、凍土から新種のウイルスが発見された。

細胞に入ると1000倍に増殖する。

 

古代のウイルスが新たな感染症を生む可能性が高いという。

 

学者の指摘によると、長年私達は大きな地球上の小さな世界に暮らし、地球は環境汚染を無限に受け止めてくれると思ってきた。

しかし、地球は限界に達しているとの研究が示されてきた。

 

二酸化炭素の大部分が森や海で吸収されていたが、自動車保有台数が60年間で10倍の14億台に達した。

 

また、増え続けている肉の生産のため森を次々と開発したのも原因になっている。

 

国連のグテーテル事務総長は「気候変動によって地球は破壊され人類は自然に戦争を仕掛け自殺的だ」と訴えている。

 

日本での令和元年東日本台風も海水の温暖化で降水量が増加し浸水被害をもたらしている。

 

地球の温度上昇は1.5°が臨界で、あと0.3°で達する。

 

北極海に近いシベリアでは二酸化炭素の25倍になるメタルガスが永久凍土から爆発的に発生している。

今や南極海にも及び、海面が1メートルも上昇する予測だ。

 

2100年には温暖化で+4°Cに達する。

猛暑日が増加する。

砂浜もほとんど無くなる。

 

水蒸気が温暖化で増加し被害をもたらす。

 

国連のグリーンディール政策では経済成長と温暖化対策を両立させるため2030年までに120兆円を投資すると発表した。

 

二酸化炭素を2030年までに半減、2050年までに実質ゼロにすることが求められている。

 

脱炭素革命で再生可能エネルギーへの転換、国境炭素税導入などで2030年までに55パーセントの削減を目指す。

 

人類の未来は地球規模の国家協調にかかっている。

 

写真・・・石川県庁雪景色(1/10)

「その時、歴史が動いた」

1.「原因と結果」の体感

「その時、歴史が動いた」という言葉が好きです。

「原因と結果」の法則を体感するために、日記を続けて10年。

あの出逢い、出来事、言葉が人生に影響を及ぼしています。

日記の記述は、ほとんどが日常のルーティンではあります。

しかしながら、印象に残る出逢いや出来事や言葉の記述は大きく人生を左右することがよくわかります。

 

2.歴史の証人~日記

最近、「NHKオンデマンド」の契約を締結し、「その時、歴史が動いた」を鑑賞しています。

史実の多くは、歴史の当事者が記録した日記です。

記録しなければ、「その時」がわかりません。

 

3.簿記の本質~経済取引の集約

簿記の本質も、経済取引の蓄積です。

会社の取引の記録の結果が決算書です。

あの取引が、「その時、歴史が動いた」瞬間になるかもしれません。

 

 

「テレワーク」<492>

2021年の丑年、明けましておめでとうございます。

本年も気の向くままブログを綴ります。

 

コロナ禍で「テレワーク」が日常語になっている。

 

テレワークあるいはテレコミューティングとは、勤労形態の一種で情報通信技術を活用し時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く形態をいう。

 

「tel=離れた所」と「work=働く」をあわせた造語。

 

在宅勤務、モバイルワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。

 

2020年4月の緊急事態宣言が発令後に7割の企業がテレワークを導入したといわれる。

 

私にとっては一線を引いた半常勤状態からテレワークの導入で準常勤に近い勤務形態になってきた。

 

WEBで朝礼、会議、研修、報連相ができる。

 

ショッピングもネット利用が増えた。

 

また、LineやFacebookなどの活用で県外の友人とのコミュニケーションもできる。

 

趣味の囲碁でも世界中の人とリアルタイムで対局する。

 

ソーシャルディスタンスを保ちながら、ゴルフラウンド数が16年前に次いで多くなった。

 

また、PC・タブレット・スマホを活用して日常が気ぜわしくなっている。

 

日常では起床したら体重や血圧を測定してヘルスケアアプリに記録したあと、会社の朝礼にWeb参加して一日が始まる。

 

テレワークのためにパジャマスーツなるものが開発されているという。

 

私の生活はコロナ禍でずいぶん変わった。

 

 

写真……「相田みつを」作品。

2021 金剣宮参拝

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

1月4日(月)、創業の地である白山市の金剣宮にて、厄介なウイルス対策を万全に、参拝いたしました。

8時からの参拝で清々しい気持ちとなりました。
今年も皆で二拝二拍手一礼をし、心ひとつにしていこうと決意しました。

末筆ながら、皆様が手強いウィルスに罹患しないよう、そして、いつまでもお元気でありますように、心から祈念しております。

2020 仕事納め

今月の28日(月)、全員での終礼をもって、今年の全ての業務、イベントが終了いたします。

 

今年のエントランス。

厄介なウィルス対策として、自動体温測定器、足ふみペダル除菌クリーナーを完備致しました。おかげさまで、手強いウィルスによる健康被害はありませんでした。

 

今年を振り返りますと、与える方が多い人生はやはり幸せであると実感した1年でもありました。

眼前の方に喜んでいただく。

机上の現在の仕事に全力を尽くす。

来年も続けて参りたいと思います。

 

今年も大変、お世話になりまして感謝申し上げます。

「ヨーガ・セラピーに感動」<491>

24日、講師のスタッブ陽子先生(ご主人がドイツ系アメリカ人)が主宰する「ヨーガセラピー」プログラムに8回目の参加。

過去3回参加した「パワーヨガ」から変更している。

 

ヨーガセラピーはヨガの準備運動の段階とのこと。

運動強度は1で高齢者の私には最適だ。

 

1時間のレッスンの冒頭にお話しがあった。

 

その一端をご紹介しよう。

 

・呼吸器内科の倉持医師によると、人口呼吸器を設定するときは、吸う息と吐く息の割合を1:2にするとのこと。

ヨガの呼吸は1.2.3と吸い1.2.3.4.5.6と吐くから同じである。

1分間の呼吸数を12にするという。

 

それにより人間の治癒力と免疫力が高まる。

 

・小林千葉ロッテスポーツドクターによると、呼吸法を教えると自律神経に良い影響がある。

 

副交感神経にブレーキが効いて腸の働きが良くなる。

 

また、人間の免疫力の攻撃ターゲットが変わりウイルスに反応する。

 

体操より呼吸法の方が効果上がる。

 

今年最後のレッスンが終わりスタッブ陽子先生に挨拶に伺うと、木村さん呼吸が上手になりましたねとお褒めの言葉。

 

褒められるとその気になる性格の私。

 

何となく効果を感じるのは、ヨガを3回体験した後11月16日に出たゴルフの16年ぶりの90切り88を達成したこと。

 

心身の鍛練に最適だと感じている。

 

お釈迦さまが5世紀に80歳まで生きたのはヨガの効果かも知れない。

 

来年は丑年、皆様におかれましてはコロナ禍にあって、ご健康に留意されて良き年になりますよう衷心より祈念しております。

 

 

写真…ヨーガ・セラピーのプログラム。

営業の方向けの会計に係る研修 2021

来年(翌月)の1月、縁あって、入社2年目の営業の方向けの会計に係る基本研修の講師を受託することとなりました。

テキストは、金城短大時代に使用していた田中氏の「経営が見える会計」。

卸売業の営業の方が対象です。

となりますと、お客様は小売業。

お客様に商品を販売し、お客様が消費者に商品を販売する。

小売業であるお客様の立場からは、会計的にはどのように表現されるか?

 

小売業では、販売を前提とするので、棚卸資産の購入となります。

先ずは、棚卸資産を購入することから商売が始まります。

お金をモノに変える。

人生の法則は、先ずは「出る」方が先です。

出入口。

思い遣り。

現金出納帳。

産まれる時、「おぎゃー」と息を吐いて、死ぬとき、息を引き取って死ぬ。

すべて、出る方が先であり、商売はお金を出すことから始まります。

お金を商品に変え、信用取引であれば、売掛金や受取手形に変わり、そして、お金が戻ってくる。

 

お客様の立場から考えると、棚卸資産の購入であり、決算月までに売れ残った場合、当然ですが、お金が資産に変わっただけとなります。

この「在庫」をどう考えるか。

当たり前ですが、翌期に販売することとなります。

営業の方が意識しなければならないのは、お客様の決算月でしょう。

経営の意思決定の重要な要素です。

 

なぜ、決算が必要なのでしょうか。

決算日は自由でありますが、当然、1年、365日です。

自分の会社だけ、100日決算であれば、他の会社と比較できません。

先ず、決算書が必要な先といえば、所轄の税務署。

課税所得のもとであり、税金の計算に必要です。

お金を借りているならば、債権者である金融機関にも提出が必要でしょう。

制度会計を理解する場合、1年、365日の期間計算が必要ということを先ずは理解しましょう。

 

営業の方が得意先を廻る場合、決算月がいつかを意識する。

個人事業の場合は、暦年、12月で間違いないのですが、法人の場合は、原則、自由です。

ここで、自分たちが販売している商品が在庫になった場合、お客様のキャッシュと利益がどうなるかを理解してほしいのです。

続きは、本番の講義にて説明いたします。

 

 

「新型コロナウイルスに思う」<490>

今年もあと半月。

新型コロナウイルスに翻弄された一年だった。

今だ、第三波が猛威をふるっている。

 

今年1月20日に中国がウイルスが人から人へと感染すると報道したのが始まりだった。

それを受けてWHOが24日にコロナウイルス感染の警報を発表。

 

日本でも4月7日に緊急事態宣言が発出される。

 

その翌日の8日に発症地である中国武漢の都市封鎖が76日ぶりに解除。

 

5月には全国民に一人10万円の特別定額給付金が支給される。

 

ステイホーム(自粛生活)、ソーシャルディスタンス(三密回避)、マスク・フェースシールド、アルコール消毒・手洗い、PCR検査、医療従事者への感謝、医療体制の逼迫、オンライン、テレワーク、リモートコントロール、持続化給付金、GOTOキャンペーンなど新生活様式への移行。

 

12日現在、新型コロナウイルスの感染者は世界で7,114万人、死亡者は159万人にのぼる。

日本でも感染者17万人、死亡者2,595人。

 

ウイルスは人類にとって天敵だ。

 

歴史的に天然痘、発疹チフス、ペストと続いてあり、約100前の1918年、第一次世界大戦の最中にスペイン風邪が発症し、世界の3分の1が感染し2.5%の数千万人が死亡している。

 

ウイルスにより社会経済も打撃を受け、これから先も不透明な状況で不安が続く。

 

今年9月で東日本大震災から9年半、死亡者・行方不明者は2万2千人にのぼる。

人類は自然の猛威やウイルスの前には無力を感じる。

 

私個人もこの一年、変容を余儀なくされた。

 

県外へは2月の岡山倉敷が最後で、会議やイベントも軒並み中止された。

 

一方、自粛生活の副作用でオンラインやテレワークが常態化して新しいルーティーンが始まっている。

また、ホームステイで趣味の囲碁やゴルフに多く時間を割くことができた。

 

今はウィズコロナで過ごすしかなく、早期の終息を願うばかりである。

 

 

写真…

1.新進気鋭のアーチストに描いていただいた描画。

2.12/6、白山カントリー倶楽部泉水コースのラストコール杯・Cクラス(60歳以上男子と女子)でハンディに恵まれ28人中9位。ゴールドティマーク使用。