宝在心

カテゴリーアーカイブ: 宝在心

  • 新STLOWS誌とエントランス改造
    2019.02.24
    1.新STLOWS誌 新STLOWS誌が2冊刊行されました。 「新」とは、自主制作からプロフェッショナルに委託したという意味です。 その2冊をエントランス左に展示しております。 誰でも持って行っていただいても良いように、複数部常に置いてあります。 新STLOWS誌の上段には、創業者である木村光雄会長の「私の履歴書」を展示いたしました。   2.サイネージ広告 正面のディスプレイは、サイネージ広告のためです。 1975年の創業からの歴史を綴っていこうと考えています。    …
  • 消費税改定3度目の正直
    2019.02.17
    1.3度目の正直 平成26年(2014年)4月、消費税率を5%から8%へ引き上げた。 さらに10%へ引き上げる予定だったものが過去2回延期されている。 平成27年(2015年)10月、そして、平成29年(2017年)4月。 そして、今年、平成31年(2019年)10月。 3度目の正直。いよいよ8%から10%へ引き上げである。 今年の新年会(税理士業界や経済団体、銀行系など)に参加し、政財界の方々の挨拶を俯瞰すると、驚くことに消費税を引き上げずに据え置くという内容が半分程あったことだ。理由は、国政選挙や中国の景気減速など。据え置き派の挨拶として、3度目の正直と…
  • 第35回TKC北陸会秋期大学 「覚悟と挑戦」
    2019.02.10
    第35回TKC北陸会秋期大学のテーマとコンセプトが1月のTKC北陸会の理事会で承認されました。テーマは「覚悟と挑戦」です。 ちなみに、予算案とパンフレットがTKC北陸会の理事会の承認事項であり、5月の理事会での最終承認を目指します。 承認されたコンセプトは以下の通りです。   明治維新にて、武士は自らその権利を放棄し、江戸時代に終止符を打ちました。翻って現在、税理士という士業も岐路に立っていいます。150年前の黒船に相当する人工知能が職業会計人にとって代わると言われています。   いま、TKC会計人は何を考え行動すべきなのか。 &n…
  • 労働局からのエール
    2019.02.03
    1.医療従事者労働に関する支援の現状整理(石川県) 平成26年、医療勤務環境改善支援センター(以下、支援センター)が全国に置かれました。厚生労働省がこの事業を所掌しています。 石川県の支援センターは、石川県庁(鞍月1-1)の医療対策課内にあります。 労務管理についての相談は、医療労務管理相談コーナーが設けられています。 この相談コーナーは、現在、公益社団日本医業経営コンサルタント協会(以下、日医C)石川県支部内、すなわち、当社(駅西新町3-4-33)内に置かれています。 日医C石川県支部が、石川労働局から事業を委託されているのです。   2.…
  • 中央大学常任幹事会石川支部開催 2019
    2019.01.27
    1月26日(土)野町の春次郎にて、中央大学常任幹事会石川支部を開催する。 4月20日(土)の役員会、8月3日(土)の総会(いずれも場所は金沢東急ホテル5階)開催を決議しました。 100名弱の会員が集まる総会は、準備が大変なため、中央大学出身者が多い石川県庁、金沢市、北國銀行の3団体が持ち回りで担当しています。 2019年の担当は金沢市役所であることを確認しました。 富山支部との対抗ゴルフも6月8日(土)、太閤山カントリークラブで開催されることとなり、こちらも楽しみです。…
  • 2019年 曼荼羅シート発表
    2019.01.20
    毎年1月のルーティン行事である曼荼羅(まんだら)シート発表。今年もきっちり実施いたしました。発表時間は一人90秒。   38名の曼荼羅シート。それぞれの個性がばっちり出てしまう。また、何を考えているかもわかり、同じチームとして一緒に仕事をしていくうえでこのうえなく貴重な資料となります。   年末年始の挨拶も終わり、北陸税理士会の新年賀詞交換会も終了。これから繁忙期に突入します。2名の新人も加わり、アルバイト、派遣社員などたくさんの方にお支えいただいて、確定申告最終日3月15日を迎えたいと思います。…
  • 2019年 「足るを知る」からスタート!
    2019.01.13
    2019年の曼荼羅シートの発表が近づいて参りました。 自身の思考がそのまま言動にでてしまう。自身の言動(仕草、ルーティン)で大きく飛躍できることもあれば失敗することもある。トップは後者のケースが多いと推察します。トップが腕を組んでいるだけで周囲(社員やお客様)から不遜に見えるなど、仕草(言動、ルーティン)にも留意が必要です。 曼荼羅シートとは、『仕事・人格・学習・社会・健康・家庭・経済・余暇』の8つの項目の中から、それぞれの項目ごとの言動を記入する、といったものです。 当社が2013年から曼荼羅シートを導入した目的としては、全従業員のそれぞれの個性が理解できるツールだからです。 …
  • 2019年 金剣宮参拝
    2019.01.06
    新年明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い申し上げます。 1月4日(金)、創業の地である白山市の金剣宮で参拝いたしました。 8時20分からの参拝で清々しい気持ちとなりました。 今年も皆で二拝二拍手一礼をし、心ひとつにしていこうと決意しました。 末筆ながら、皆様がいつまでもお元気でありますように、心から祈念しております。…
  • 2019年も宜しくお願いいたします
    2018.12.30
    皆様、2018年もお世話になりまして感謝しております。2019年も宜しくお願い致します。 恒例の全員写真の年賀状です。いつも一言を書いております。例えば、ある女性スタッフの両親に向けてはこんな感じです。「大切なご令嬢をお預かりしております。立派な社会人として成長しております」と記しました。 年賀状は、年末挨拶とセットのルーティンです。 2019年は、1月4日(金)の参拝後、幹部会議。7日(月)の年始挨拶から本格スタートです。…
  • 日本政策金融公庫×北陸税理士会 提携開始(2019.1~)
    2018.12.23
    12月12日、北陸税理士会は税理士会館において日本政策金融公庫と「中小企業・小規模事業者支援に関する覚書」を調印した。 日本政策金融公庫との調印式には三好会長以下9名と日本政策金融公庫から国民生活事業本部井原北陸地区統括以下7名が出席した。 この協定は、北陸税理士会と日本政策金融公庫の双方が中小企業・小規模事業者の経営の安定及び経営基盤の強化支援に連携して取り組むことを目的としている。 具体的には、①税務の支援、金融の支援及び課題解決の支援、②地域における経済情報、動向等に関する情報交換、③中小企業・小規模事業者の支援等に寄与する事項を効果的に実施するための定期的な「…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30