宝在心

カテゴリーアーカイブ: 宝在心

  • 創業記念日 2020
    2020.05.31
    1975年6月1日に税理士法人木村経営ブレーンの前身である木村光雄税理士事務所が開業しました。 このたび創業45周年を迎えることができましたのは、多くのお客様に支えられ、関係各位の皆様のご指導とお力添えのおかげさまと深く感謝しております。   参考として、この6月1日は国税庁の開庁記念日でもあります。 1949年6月1日に、国税庁が開庁されました。 創立に尽力した一人であるハロルド・モス氏の言葉が、国税庁の存在意義を的確に表していると思いますので、紹介します。 国税庁の開庁式典での挨拶にて、「正直者には尊敬の的 悪徳者には畏怖の的」という言葉を残し…
  • 初の完全オンライン経営会議 2020
    2020.05.24
    はじめに~勝手にMVM設定 私は、毎日、日記を書いております。 時折、日記を見返しますと、大概は、飽きることなく、ルーティン、習慣を繰り返しております。 そんな日常の中にも、「その時、歴史が動いた(のではないか?)」という瞬間があります。 また、他にも、「あー、これ、今、達成したなっ」というあくまでも私の実感ではありますが、充実した瞬間があります。 私はこの瞬間を捉えまして、「MVM」(Most Valuable Moment)と勝手に呼称しております。 MVM、すなわち、最も価値のある瞬間です。 私は、自身のルールとして、少なくと月一回はMVMを無理…
  • 新型コロナウィルス支援策一覧 2020
    2020.05.17
    新型コロナウィルス感染症による経営支援策   緊急支援対応融資 〇日本政策金融公庫 条件:直近1か月の売上が前年もしくは前々年の同期比 5%減少 融資限度額:6,000万円(利率基準別途・実質無利子化制度有り) 返済期限:運転資金15年・設備資金20年(据置5年以内) 受付窓口:日本政策金融公庫 〇石川県新型コロナウィルス感染症緊急特別融資(民間金融機関) 条件:直近2週間から1か月の売上が前年同期比20%以上減少 融資限度額:8,000万円(利率1%以内) 信用保証料:保証料無し 返済期限:10年以内(据置5年以内) 受付窓口:各金融機関 …
  • 経営セーフティ共済の活用 2020
    2020.05.10
    1.転ばぬ先の杖としての共済  日本経済はこれまで何度か経済危機に直面し、その度、中小企業は倒産の憂き目にあってきました。1973年(昭和48年)のオイルショックを契機に倒産が増えた経緯もあり、1977年(昭和52年)に中小企業倒産防止共済法が施行されました。この法律に則り、翌年(昭和53年)、中小企業倒産防止共済制度(経営セーフティ共済)がスタートいたしました。  この制度は、中小企業者が取引先の倒産等により売掛債権が回収困難となった場合に中小機構から貸付を受けて連鎖倒産を防止するための積立制度です。現在、約48万件の企業が当共済制度に加入しています。  過去、1990年代…
  • 楽観主義の戒め2 2020
    2020.05.03
    新型コロナウィルス感染防止のため、非ウィルス三原則なるものを考えてみました。 1.うつらない(自助努力) 2.うつさない(もちこまない) 3.うつさせない(もちこませない)   前回のブログ「楽観主義の戒め 2020」では、ベトナム戦争で無事帰還したストックデール将軍の言葉をお借りして、私の楽観主義が失望を重ね絶望に陥ることのないよう、戒めの意図で、恥ずかしながらブログを開示をした次第です。   ヴィクトール・フランクル著「夜と霧」にも同じような記述があると知り、楽観主義の戒め第二弾をお届けします。 第二次世界大戦時時、ナチス…
  • 楽観主義の戒め 2020
    2020.04.26
    新型コロナウィルスの勢いが止まりません。 公私ともに苦しい日々が続いているものと拝察しております。私も例外ではなく、読書を糧になんとか精神のバランスを保っています。   ジム・コリンズ著「ビジョナリー・カンパニー2~飛翔の法則」第四章の中で、ベトナム戦争で8年もの間、捕虜として生き残ったアメリカのストックデール将軍の言葉が紹介されています。   「私は最後まで生きて帰るという結末に確信を失うことはなかった。」   「敵の拷問に一番耐えられなかったのは『楽観主義者たち』だった。 楽観主義者はクリスマスまでには出られると…
  • 新型コロナウィルスの急激な感染拡大に伴う対応とお願いについて
    2020.04.19
    先日、「新型コロナウィルスの急激な感染拡大に伴う対応とお願いについて」の文書を税理士法人木村経営ブレーンからお客様に郵送をさせて頂きました。 お客様のこれまでの信頼関係に基づいて、社員一丸となってご支援させて頂きます。 宜しくお願い申し上げます。   新型コロナウィルスから身を守るため、ウィルスを塗りたてのペンキと置き換えれば良いとご教示を頂きました。 「エレベーターのボタンを押したら、『今、指先にペンキが付いたな』と思ってください」と。 当然に、ペンキが指先に付けば、拭きます。 ウィルスの可視化は、ウィルス=ペンキという想像力です。 …
  • 遠隔コミュニケーション元年 2020
    2020.04.12
    新型コロナウイルスの猛威が止まらない。 いや、加速しています。 そのような中、会合も中止の状態であり、各種遠隔コミュニケーションツールを試しております。 医療界においては、オンライン診療が認められ、遠隔コミュニケーション元年の様相を呈してきました。 患者さんは自宅のまま。ドクターに症状をオンラインで伝え、薬は郵送で届く。   現在、税理士会も採用しているZOOMを活用しているが、セキュリティがより盤石なツールはないかと、探していたところ、法曹界での情報を得た。 最高裁判所 が推進する、民事訴訟手続きの IT 化において、「Microsoft …
  • 確定申告打ち上げ 2020
    2020.04.05
    今年は、コロナウィルス拡散防止の観点から、確定申告の期限が4月16日(木)と延長されたものの、社内期限を3月19日(木)としました。 役員会で一旦は打ち上げを延期することを決めたものの、幹部の数名から気運が盛り上がり、最大限のウィルス除去手段を用いることを条件に、例年どおりの実施となりました。会社とお店との往路のバス送迎やお店の完全貸切、アルコール消毒など考えられる対策を講じました。   税理士法人の最大の仕事。それが確定申告。 今年も「税理士法人木村経営ブレーン」の名で各税務署へ申告させて頂きました。 かなりの申告数。一人では出来ません。グループ、チー…
  • 日本政策金融公庫の新型コロナウィルス感染症特別貸付について 2020
    2020.03.29
    日本政策金融公庫の新型コロナウィルス感染症特別貸付が発表されてから、現場の支店の相談対応が通常の4倍程度に膨らんでいるという。 500万円以下の融資の場合、比較的早い対応はあるものの、高額(おおむね2,000万円程度)の場合は時間がかかるという。   特別貸付と特別利子補給制度の二段階方式であり、前者の融資限度額は6,000万円、後者のそれは3,000万円以下の部分である。 ある一定の要件を満たせば、前者の特別貸付だけではなく、後者の特別利子補給制度を併用することが出来、「実質的に無利子」と言われる制度となっている。   こういう制度に対…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30