宝在心

カテゴリーアーカイブ: 宝在心

  • 資産家の20年に関する一考察
    2010.12.13
    ある会計人の会合で、寺島実郎氏の話を拝聴しました。 印象に残った話を書きとめました。 1.資産家の没落 ≪質問≫ この20年、日本で一番、ダメージを受けた人は誰でしょう。 皆様は、この問いにつき、誰を連想いたしますか。 ≪回答≫ 資産家。 20年間、有価証券や不動産が下落し続け、資産家が没落した。 20年前の新橋駅。 1990年の頃は資産インフレの真っ只中。 都心のマンション価格は、8千万円以上の値段が付いていた。 新橋の酒場では、多くのサラリーマンが、愛する家族のため、持家を持つ喜びを語り合う一方、そのローンを一生背負うことに嘆息した。 アルコールが進み、人生の嘆き節が最高潮に近づいたとき、…
  • 人生の「かきくけこ」
    2010.12.06
    先日、ある経営者から、人生の「かきくけこ」をご教授いただく。 「かきくけこ」もある程度のバリュエーションがあり、何通りもの組み合わせが可能だ。 「か」感動・感謝 「き」興味・気配り・緊張感 「く」工夫・くつろぎ 「け」健康 「こ」恋・志・好奇心 周囲に感謝し、気を配りながら、何事にも工夫して継続し、健康を維持しながら、高い志を持っていきる。 「かきくけこ」を常に意識したい。 …
  • 所得税「所得10種類」の暗記方法
    2010.11.29
    所得税「所得10種類」の暗記方法 年末調整の時期が到来しています。 今年もスタッフが年末調整につき、研修を受講してきました。 受講録の中で、所得の10種類について、語呂を学習したとあります。 「山一退譲不事給配利雑」 「山一証券が市場から退場したけれど、無事に給料が入りそう」  と読むそうです(笑) 山…山林 一…一時 退…退職 譲…譲渡 不…不動産 事…事業 給…給与 配…配当 利…利子 雑…雑所得 …
  • Cause-related Marketing(CRM)とは
    2010.11.22
    1.CRMとは CRMは、「Cause- related Marketing」の略語です。 直訳すると「大義名分に関連したマーケティング」。 言い換えるならば、社会貢献マーケティングでしょうか。 2.アメックスの事例 1983年のアメリカ。 当時、自由の女神を修復する事業がありました。 アメックスは、あるキャンペーンを行います。 「アメックスカードで一回買い物すると、1ペニーをその自由の女神の修復事業に寄付します。また、カードホルダー1人当たりに1ドルも寄付します。」 1回につき1ペニー(0.8円位)を寄付するので、額は少ない。 更に、1枚のカード当たり、80円位寄付するということをアメックス…
  • 人生を変えていくたった一つの方法
    2010.11.15
    先日、日本M&Aセンターの20周年記念に参加し、フォーバルの大久保秀雄氏の講演「新しいあたりまえ」を拝聴する。 1.事業実施の決断に至るまでの3つのポイントの優先順位 多くの経営者の順番は、経済性を先に考えます。 1番目 経済性(儲かるかな?) 2番目 独自性(競合は?) 3番目 社会性(法律関係は?) 事業実施の決断に至るまでの最良な順番は、社会性を先に考えます。 1番目 社会性(この事業は社会価値があるか?) 2番目 独自性(誰もやらない?) 3番目 経済性(事業として採算が合うか?) 2.人生の結果を左右するポイント 人生の仕事の結果=考え方×熱意×能力 人には能力があっても、熱意があっ…
  • 「TANKAN」について
    2010.11.08
    (定義) 日銀短観とは何だろうか。 日本銀行が四半期ごとに民間企業に対して実施する景気に関するアンケート調査。 正式名称は全国企業短期経済観測調査。 これを日銀短観という。 (DI調査) 企業の景況感を示す業況判断指数DI(Diffusion Index)は経営者心理を表す。 海外では「TANKAN」として名を馳せている。 資本金2000万円以上の民間企業21万社から業種・規模別に約1万社を選んで標本調査を行う。 調査は3、6、9、12月に実施し、それぞれの調査翌月に結果を公表している。 (単純な心理調査) アンケート内容は、極めてシンプル。 対象企業に「良い」「さほど良くない」「悪い」の三つ…
  • どのような会社が儲かっていますか?
    2010.11.01
    先日、日本M&Aセンターの次世代研修を受講してきた。 内容を抜粋して、まとめました。。。 どのような会社が儲かっていますかとの質問をよく受けます。 納期が短い会社ほど儲かると答えております。 回転率の高い会社ほど儲かります。 コスト削減の本質は、円単位ではなく、工程数の削減です。 QBハウスの事例を見てみましょう! 10分千円の床屋と1時間四千円の床屋と時間単価どちらが高いか。 10分千円の1時間当たりの単価は六千円となります。 QBハウスはどれだけ回転率を上げ、工程数を削減しているか検証してみましょう。 1.両替しない(スタッフの時間を遣わせない) 2.待合の椅子(簡略化) 3.テクニック(…
  • 生きざまがPDCA
    2010.10.25
    最近、様々な会議に出席する機会が多くなりました。 会議の発言が「言いっ放し」にならないように、実施した行動に関し、実際どうだったかチェックすることが大事と思います。 会議では、○○して頂きたいとか○○すべきと格好良いことを言う方が多い。 あるべき論は美しくそして力強い。。。 あるべき論を口にするだけで終わる方も相当数多いが、実際、行動を起こしている方は少ない。 そして、その行動を振りかえる方はもっと少ない。 失敗は成功の元。 マイナスも含めて反省してから後に次のアクションに移れます。 会議での言いっ放しをチェックするには、その方の発言を議事録に残しておくことが大事です。 本当格好良い発言を如何…
  • 相続税は増税の方向へ
    2010.10.18
    1.相続税は増税の方向 「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉があります。 政権がかわり、制度が変われば、その環境変化に対応していく必要があります。 今後、相続税は増税の方向へと潮目が変わります。 100万人御亡くなりになったとき、現在、4万人が相続税の対象となります。 相続税の対象者は、100人に4人の世界。 政府は、このいわゆる4%倶楽部をどれだけの比率にしようと意図しているのでしょうか。 2.増税の背景 医療費がどんどん増加しています。 国家は苦し紛れに後期高齢者制度というものを創って大変不興を買いました。 高齢者のターミナル(看取り)は国家が面倒を見ています。 だから、少なくとも遺産の…
  • STLOWS中国大連視察レポート
    2010.10.11
    STLOWS中国大連視察レポート 2010年9月22日(水)~25日(土) 異業種交流STLOWSの海外視察としては2回目となる中国大連市に視察に行って参りました。 滞在中、尖閣諸島問題(せんかくしょとうもんだい)が熾烈を極めた頃であり、24日の朝食時に、STLOWS会員より、フジタの社員4名が拘束されたと知らされた。 視察は、そんな日中関係を意識することなく、おかげさまで穏やかに事が進んだ。 また、円も元もドルやユーロに対して随分高くなっている。 1万円=780元であり、2年前は、1万円=650元くらいであったと記憶している。 前回の大連視察は、2008年8月27日(水)~30日(土)。 (…
Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30