Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 組織再編を研究テーマに設定。

    2009.01.11

    本日は、起承転結の展開で簡単にまとめてみよう。
    1.ストローズのご縁
    昨年12月のストローズ(STLOWS)で事業承継につき講師をさせていただいたことが、すべての始まりだった。
    会員から、講演シリーズ化の提案を頂き、興味のある分野を聞けば、事業承継&組織再編。(会社法&税法研究)
    研究テーマが決まった瞬間であった。
    STLOWSロゴ.jpg
    2.KPMG役員昇格基準
    以前勤めていた職場、KPMGピートマーウィックのパートナーの言葉を思い出す。
    マネージャーになる要件は、「休日に研究課題をこなしているかどうか」。
    そのパートナーは、平成13年に組織再編税制が確立するずっと前から、組織再編につき研究していた。
    彼の言葉は、その専門分野でパートナーに昇格したという自負であろう。
    彼の提案する組織再編は国境をまたぐ、とてつもなく複雑なスキームであった。
    そして、研究に没頭して複雑なスキーム構築すればするほど、かなりの報酬をお客様に請求できた。
    どの会計事務所もそのようなノウハウがなかったからだ。
    771x70.jpeg
    3.組織再編税制の成熟期
    時を経て、今。平成21年。。。
    平成13年の組織再編税制が確立した際、大手会計事務所が研究を開始し、主に上場企業や大企業に組織再編スキームを提案・構築してきた。
    この分野における会計・税務での実績が積みあがり、大手だけでなく中堅の会計事務所ならば、組織再編スキームを提供できるようになった。
    書籍も充実し、私の提携先でもかなりの案件を解決してきた。
    組織再編の案件を具体化しよう。
    4.経営の合理化と税金の関係
    グループ経営の観点から、合理化の方法を考える。
    経営を合理化することが目的であり、税金の減少はあくまでも結果。
    自己資本の増加は、納税が基本。
    社会にも貢献できる納税の指導は、税理士の役割なのだ。
    中小企業の場合、こんなケースが多い。
    高度成長期に子会社を何社か設立したが、業績が悪く赤字となった。
    一方、親会社や子会社の一部は、業績が良く黒字である。
    こういうグループがあった場合、業績の悪い繰越欠損を有した子会社に対して、合併・会社分割・事業譲渡の手法を用いて、経営の合理化を進める。
    経済合理性があれば、結果的にグループ全体の税金が減少する。
    株主が個人・法人の場合で、効果が全く違うので、その解釈は慎重にしなければならぬ。。。
    追伸
    昨日の午後、散髪の後、歯医者へ行った。
    虫歯の定期チェックと歯石除去が目的だ。
    (毎日、親の敵に会ったがごとく、磨きあげているので、虫歯ゼロは当然の結果か。)
    ドクターから開口一番、「社員の○○さんが午前中、来てましたよ!」
    「明日、彼、結婚式なんですよ」と言えば、周囲より祝福の声。
    一瞬、幸せの空気に包まれることとなる。
    本日、結婚式。
    おめでとうございます^^

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30