Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 第15回「きんどん会」新年会

    2009.01.23

    昨日の午前中は、MMPGの研修会。
    午後から金沢へ移動して、TKC北陸会の賀詞交換会へ。
    小松空港から高速バスで異動し、そのまま会場へ直行^^
    さらに、中座して、異業種交流会「きんどん会」の第15回新年会へ。
    恒例の会員挨拶は、トップバッター。
    以下、60人が挨拶する。
    全員がスピーチを終わるまで、約1時間40分かかった。
    司会のMROの笹原常務取締役によれば、私の挨拶は「50秒」とのコメントを頂く。
    事前に用意していた、新年会の挨拶(異業種交流会ヴァージョン)メモにこう書いてある。
    「今年は、若手会員も増加したことからやや弛緩した挨拶としよう。
    まずは、自己紹介。
    こう見えて39歳となりました。(どよめきが起こると予想)
    こう見えて税理士です。(そんなリアクションはないと予想)
    30名ほどの会計事務所を母体としたコンサルティング会社で働いております。
    お医者さんに特化している部門があります。
    会員の皆様の中には、医療福祉のイメージが強く、ドクターしかお客様がいないと思っている方がいらっしゃるのではないかとご懸念しています。
    今年、医業経営の学会で全国から800名ほどの会員が此処金沢へ集結します。
    事務局を担うことから、新聞紙上でも、「木村」=医業のイメージがより大きくなるのではないかと。
    決してそんなことはございません。
    中堅オーナー企業、資産家を中心とした一般のお客様が、全体の半分以上を占めます。
    さて、きんどん会員の中に、公認会計士や税理士の先輩先生もいらっしゃいます。
    私どもにも、中堅企業向けの提案の際は、平等の機会を与えていただきたく、これはお願いでございます。
    私自身、事業承継&組織再編を研究テーマとしております。
    微力ながら何かお手伝いできればと思います。
    医業を強調しつつ、他の会員の皆様へもアピール。」
    うむむ。。。
    事前に用意していた原稿は全部言えず、あまり「笑い」がなかったのは事実(苦笑)
    来年は、よりくだけた感じでいこうと思う。

  • この記事へのコメントを書く



    この記事へのコメント
    • 本日はお世話になりましてありがとうございました。今後とも更にお世話になりますので、宜しくお願い申し上げます。
      今日は本当に勉強になりました。

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30