Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • シュミレーションの本質

    2010.02.01

    ≪納税者への感謝≫
    税金の納付は、日本国への出資と考えております。いわば日本国の株主として、国を良くする提言をできる権利を有していると思っております。ある日、益川氏のインタビュー記事を拝見し、若干の可笑しさをこらえつつ、納税という本質を捉えていると感心し、此処に紹介致します。
    ノーベル物理学賞受賞が決まった益川敏英京都大名誉教授が26日、日本外国特派員協会で講演し 「われわれの理論は1カ月(でできたが)、検証には30年(かかった)。困難な実験をやりとげたグループと、大変金がかかる加速器建設を支えてくれた納税者に感謝したい」と発言。笑い声が起こると「冗談ではなく、科学というものは進歩するほど巨大になっていく。それを進めるには政府と国民の理解が必要」と真顔で強調した。(2008/11/26 共同通信より引用)
    ≪シュミレーションの本質≫
    益川氏の世界は、自然科学であり、科学は実験が前提です。一方、社会科学は実験を前提としていません。従って、シュミレーションが大事なのです。言い換えれば、経営計画であり、その本質は実験です。1年間は、8,760時間であり、仮に稼働時間 1,879時間とした場合、人生の21.4%が仕事の時間となります。その時間制約の中で、社会科学の実験として、経営計画を策定します。
    お客様のニーズや需要量を見込み、経営者の意図を社員に伝え、如何に行動に移すかなどのシュミレーションを常に考えることが肝要かと思います。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30