Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 命の値段

    2010.03.29

    1.ベトナムの命の値段
    ベトナムでは、人の命を安く扱っているため、生命保険という概念が希薄なようです。聞けば、ベトナムの自動車保険の対人事故の保険付保額は、対人1名当たり約10万円のようです。命の値段が10万円であれば、生命保険も必要ないということでしょう。
    2.中小企業経営者の担保
    多くの創業者は、ゼロから出発して、人脈や財産を築いてきました。お金も人もいない状態から、命を担保にして事業を始めました。経営者は、命を担保とする限り、命の値段は生命保険の加入額で決まります。経営者が生命保険に入る理由は、経営者自身の命が担保だからです。
    3.人間の価値
    人間はいずれ死に、日本式に焼けば最終的に灰となります。究極の最終形である灰の値段はいくらなのでしょうか。仮に無保険だった場合、命の値段はその灰の値段と同じであると思います。一方、生命保険で3億加入している場合、命の値段は3億円となります。
    4.会計人の生命保険指導
    大同生命の新規契約の約半分がTKC会計人によるものと言われています。職業会計人は、とくにオーナー経営者、事業主のお金をマネジメントする立場であるので、オーナーの標準保証額がわかるので、保険を指導できるのです。しかも、地方の会計事務所は、地場に密着しており、自社ビルを所有しているならば簡単に移動できるわけもなく、その会計事務所が事業承継に成功すれば、少なくとも数十年、お客様の保険を含む情報管理ができるからです。
    機会があれば、御自身の命の値段と生命保険について考えては如何でしょうか?

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30