Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 日本経済成長3つの解決方法

    2010.05.24

    ORIXの宮内会長の話を拝聴する機会を頂く。
    現政権は経済音痴と前置きをしたうえで、経済が伸びない理由は3つと整理頂き、その解決方法を頂く。
    音痴とは、日本の成長戦略の柱が子供手当だから(笑)
    1.デフレを止めること
    GDPデフレーターのデータを見ても、世界を見渡しても日本だけずっとデフレ状態が続いている。デフレとは、経済活動に参加しない人が得をし、参加する人が損をする状態である。言い換えれば、年金生活者の生活が潤い、給与所得者の生活が窮することとなる。
    デフレを克服して、1~2%程度の若干のインフレであれば、血のめぐりが良くなる。現在のデフレは、血も凍るような状態が続いている。
    2.構造改革を推進すること
    日本経済の65%は第三次産業、25%は第二次産業であり、この65%のサービス業の生産性を上げないかぎり、日本経済の成長はない。日本の生産性はアメリカの半分程度と言われている。
    3.国債残高の解決
    税収が40兆円にも満たないにもかかわらず、一般会計が92兆円という信じられないバラマキが行われているなか、益々、国の借金が増加しており、その利子負担も大変だ。財務省は、インフレになれば、利率が上昇し、国債の利子負担が莫大になる懸念から、デフレを「良し」としているようだ。しかし、この状況が続けば、最後に爆発する。
    ここで、30年の超中期プラン、グランドデザインを描く必要がある。30年の完済には至らないまでも、インフレ・成長戦略から逆算して財源の不足は消費税を国民に負担頂く。
    今一度、政府・日銀の役割を問う時が来た。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30