Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 財務会計の限界と経営人材を育成する経営管理会計

    2010.07.26

    過日、JPBM協会(日本中小企業経営支援専門家協会)の会合で「財務会計の限界と経営人材を育成する経営管理会計」.と題したテーマを拝聴する。㈱鉄人化計画の代表取締役社長 日野洋一氏をゲストに招き、経営のための会計につき考えさせられた。
    1.国語と算数の一致
    企業の理念やヴィジョン、そして戦略や目標・方針は、言葉で語られ、文章にされる。その道具は日本語であり、国語です。この国語の世界は数値に置き換えることができます。
    あらゆる事象を数値化、計数化することによって、事実に正確性と客観性を与えることができます。そして、数値は言葉の持つ情緒性や抽象性といった性質を補完し、その日本語に説得力を持たせることができます。それは、国語と算数が一致し、言葉が説得力を持った瞬間であり、それを聞いた時、人は動きます。
    2.経営のための会計の第一歩
    変動費と固定費とは、売上高に対して変動固定します。売上高に伴って増加及び減少する費用を変動費といい、売上高が変化しても増減しない費用を固定費といいます。
    固定費は単なる費用ではなく、力と見ます。
    付加価値を生み出しているのは人なのか物なのか。
    現在の儲けを、労働生産性と設備生産性などの指標に分けて分析し、何に投資すれば儲かるのか真摯に考えること。経営管理会計の出発点です。
    3.付加価値の源泉を知る
    固定費を要素費用としてボーっと見ていては、経営に失敗します。例えば、パチンコ業。
    この業態は、何が付加価値なのか。ある経営者は人が付加価値の源泉と見て、ホールの接客で差別化を図ろうとした。深々とした礼や丁寧な言葉遣いをマスターして、経営を行った。そのパチンコ屋の結末は如何に。結果は、早々と倒産してしまった。
    限られたお金を何処に投資するか。人に大事なお金を振り分けた場合、設備に回すお金が減ってしまう。したがって、機種の更新投資を滞らせてしまったのが敗因となってしまった。この業態のパワーの源は人ではなく、設備、機種の良し悪しだったのです。
    接遇も大事ではあるが、機種更新の方がパワーを有する。言い換えるならば、人よりもモノに付加価値があったのです。
    経営管理会計で大事な点は、会社には複数の業態が混在しており、ビジネスユニットを戦略的に区分し、その業態ごとに変動費と固定費に分けて、とくに固定費というパワーの源が何処にあるかを見極めることが必要だということです。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30