Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • Cause-related Marketing(CRM)とは

    2010.11.22

    1.CRMとは
    CRMは、「Cause- related Marketing」の略語です。
    直訳すると「大義名分に関連したマーケティング」。
    言い換えるならば、社会貢献マーケティングでしょうか。
    2.アメックスの事例
    1983年のアメリカ。
    当時、自由の女神を修復する事業がありました。
    アメックスは、あるキャンペーンを行います。
    「アメックスカードで一回買い物すると、1ペニーをその自由の女神の修復事業に寄付します。また、カードホルダー1人当たりに1ドルも寄付します。」
    1回につき1ペニー(0.8円位)を寄付するので、額は少ない。
    更に、1枚のカード当たり、80円位寄付するということをアメックスは行いました。
    「自由の女神の修復という趣旨、大義名分(Cause)に賛同して、アメックスを使ってください、新しいカードホルダーになって下さい。」
    このキャンペーンは、その当時のアメリカ人の愛国心を大いに刺激し、鼓舞し、大成功となりました。
    3.社会貢献について
    ●寄付金
    社会貢献の一つの寄付金。
    寄付金は最終利益から捻出され、一定の減税処置はあるものの、最終利益から寄付金が出されるので、業績が低迷すると、寄付できません。
    ●CSR
    会社には、社会に存在する限り、社会的責任、CSR(Corporate Social Responsibility)があります。
    多くの企業が社会貢献に関わる組織を作っています。
    この組織は、プロフィットセンターかコストセンターかといえば、儲ける方ではなくて、コストを使う方になります。
    寄付同様、業績が低迷すると、社会的責任を担う活動も滞るでしょう。
    ●CRM
    CRMは、アメックスの事例で見たように、営業活動にリンクしています。
    「買ってくれたら、一定の割合を寄付する。カードを使ってくれたら1ペニーを寄付する」というように、営業活動の中に社会貢献が埋め込まれているので、寄付金などに比べれば安定しています。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30